« リフレーミングについて | トップページ | カウンセリングのプロセスを学ぶ »

2012年9月 7日 (金)

無理筋の事件が増えているのか?

昨日ツイッターを見ていたら、

霞 司郎  さんのツイートで面白いことが書いてありました。                      

@kasumi_shiro

裁判官です(任官十数年)。東日本の某地裁民事部で右陪席をしております。

某ベテラン判事は,ここ数年,原告勝訴率は低くなってきているのではと言っていた(過払いは除く。)。私も何となくそんな気がしている。

それに対して、別フォロワーさんが

和解率が下がってきていると聞きますが、そもそも原告無理筋で和解のしようがない事件が増えているということはないでしょうか

原告勝訴率が下がっているということは,それだけ謂われなく訴訟に巻き込まれる人が増えてきているということでもあるのだよね・・・・・・

う~ん、そうなのか。。。

無理筋(むりすじ)とは、法律家がよく使う言葉で、簡単に言うと「法律的に無茶いってるぞ!」というケースの事です。

おまけですが、勝てる自信がある場合は「勝ち筋(かちすじ)」

負けそう、、、という場合は「負け筋(まけすじ)」といいます。

経験上、ADRに持ち込まれる事件も、結構、「無理筋」ある気がしていますcoldsweats01

今後の調停センターの運営上、ここをどうしていったらいいのか、悩むところです。

仮に申込人が無理筋の事件を申し込んできた場合でも一旦、事件として受理した場合は、ケースマネージャーは相手の方に、出席してもらえるよう連絡をするのですが、ここで、相手方から怒られるであろうことは容易に想像がつきます。

実際、やってみなければわからないので、何とも言えませんが、ケースマネージャーは辛いなあ。。。

裁判所での原告勝訴率低下(それ自体、裁判所の数字を確認してみたほうがいいでしょうが)も、モンスターペアレントやクレーマーが増えていることと、なんかと関係があるのかな?

|

« リフレーミングについて | トップページ | カウンセリングのプロセスを学ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/55599700

この記事へのトラックバック一覧です: 無理筋の事件が増えているのか?:

« リフレーミングについて | トップページ | カウンセリングのプロセスを学ぶ »