« 面接実習をミッチリする | トップページ | 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました »

2012年9月25日 (火)

ヒーローを待っていても世界は変わらない

9月23日の朝日新聞の書評に興味深い記事がありました。

湯浅誠さんの「ヒーローを待っていても世界は変わらない」に対する北海道大学准教授 中島岳志さんの書評です。

以下、抜粋です。

------------------------------------

民主制は、どこまでも面倒くさい。多様な人々の異なる意見を闘わせつつ、互いに調整しなければならないからだ。

しかし、特定のテーマに強い執着を持っている人ほど、「自分はわかっている」と思っているために、冷静に異なる意見を聞くことができない。

しかも粘り強く調整を行っていると、なかなか物事が決まらない上に、様々な妥協を強いられる。

すると、どうなるか。多くの人がイライラし始め、「決めてくれ。ただし自分の思い通りに」と考えるようになっていく。ここに利害調整の拒否を伴うヒーロー待望論が出現する。

------------------------------------

メディエーションをやろうとしている人たちは、まさに「民主制」を実践しようとしているのではないでしょうか。

しかし、「溜め」がない現代はそれを行うのが難しいようです。

上記でいうところのヒーローが紛争の世界では「裁判(官)」なのかな?なんて考えてしまいました。

司法書士の中には、自分がヒーローでありたいと思っているフシの方もおられるような。。。

そして、もう一つ、私自身「自分はわかっている」という罠に落ちているのではないか。

ここも気をつけたいところです。

他者から見た自分を冷静に見られるようにしていたいですね。

司法書士界におけるメディエーションを志向する人々に対する風当たりは相変わらずです。

そんな空気の世界で罠に落ちないよう四苦八苦しているより、新たな世界で視点を変えた活動ができるといいんだけどな

|

« 面接実習をミッチリする | トップページ | 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/55741128

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーローを待っていても世界は変わらない:

« 面接実習をミッチリする | トップページ | 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました »