« 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました | トップページ | シェリル・サンドバーグの言葉 »

2012年10月 1日 (月)

アンケートでわかること、わからないこと

先日のADRミニトレーニングについて、アンケートを書いて頂きました。

進め方についても貴重なご意見を頂き、次にファシリテーターをする際に気をつけようと思いました。

最近は、自分が講師をしたり、ファシリテーターをする際には必ずアンケートを書いて頂くようにしています。

自分で自分のことはわからない部分がありますので。

しかし、実際にアンケートに「本当のこと」を書いて頂けるかどうかは微妙ですね。

先日、とある研修を受けました。

個人的には、講師の話はわかりにくく、資料もイマイチと思ったので、アンケートでは”わかりにくい”の欄に○をつけました。

すると、研修終了後、他の受講生の方は、やはりわかりにくいと思ったものの”普通”につけたそうです。

その理由は、何らかのあて職で研修枠を持っているらしい年配男性に、厳しいフィードバックをしてもムダだと思った、とか、年配の人にはっきりいうのは気の毒、ということでした。

う~ん、そうだったのか。。。

パンセでも、「叱責というこの苦い薬は相手の自己愛にとっては苦いことに変わりはない。自己愛はできる限り少なく苦い薬を飲もうとする。また飲み込んだとしても嫌悪感でいっぱいになる。そして、たいていは、その薬をくれた人に対してひそやかな恨みを抱くようになるのだ」とあります。

真実はつねに人を傷つけるものなんですよね。

結局は、自分の真実は、「自分で気づく」ことでしか知ることができないのかもしれません。

メディエーションのトレーニングをしている時も、他者の欠点に気づいても、極力それをふりかえりで伝えないようにしています。

メディエーションでは、自分の目線で人を注意しないように指導されたりもしますし。

逆に言えば、厳しい(=真実の)フィードバックをくれる方に感謝する必要がありますね。

Tグループしかり、信頼のおけるコーチしかり。

Tグループは本当にいい経験でしたし、優秀なコーチであるM先生の言葉も自己理解が非常に進みました。

自分で気づける機会をしっかり持つようにしていきたいです。

|

« 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました | トップページ | シェリル・サンドバーグの言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/55788653

この記事へのトラックバック一覧です: アンケートでわかること、わからないこと:

« 大学生と一緒のADRミニトレーニングを開催しました | トップページ | シェリル・サンドバーグの言葉 »