« テレビ電話での本人確認 | トップページ | 今年を振り返る »

2012年12月27日 (木)

任意売却のフシギ

先日、テレビを見ていたら、住宅ローンが支払えず自宅を任意売却する方が増えているとの内容でした。

困った方の相談先は不動産業者さん

自宅を売っても債務が残るからどうしたらいいのか?というところで終わっています。

ここで司法書士的には

なんで法的処理に進まないの?と思うのです。

そもそも住宅ローンが払えずに困ったときは、まず弁護士や司法書士などに相談するのが近道だと思うのです。

債務整理の方法は、依頼者さんの実情によっていくつかの種類を選択できます。

仮に、最悪自宅を売却することになり、借金が残った場合は自己破産の手段を選択することが多いです。

対裁判所を考えても不動産を持ったまま破産申立をするより、まずは売ってから申し立てする方がスムーズです。

頑張っても売れなかった場合は、その不動産の市場価値が低い場合が多いでしょうからオーバーローン(不動産の価値より借金の方が多い)である可能性が高く、そうであるならば不動産を持ったまま破産申立しても同時廃止で処理されます。

こんなことを書くと、すごくドライだなと思われそうですが、重要なことを知らずに困っている方が多いのではないかと心配になり記事にしてみました。

司法書士の実務的には、任意売却は差押えが入っていたり、金融機関の抵当権を外したり、その他いろいろと考慮すべきことがあってなかなか大変なのですcoldsweats01

|

« テレビ電話での本人確認 | トップページ | 今年を振り返る »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/56403510

この記事へのトラックバック一覧です: 任意売却のフシギ:

« テレビ電話での本人確認 | トップページ | 今年を振り返る »