« 新潟県女性財団で講演します | トップページ | 全国青年司法書士協議会の調停・対話の技法トレーニング »

2013年1月22日 (火)

福原義春の言葉

昨年、朝日新聞の書評に載っており、購入しようかどうしようか迷っていた本を買いました。

福原義春の言葉  

私は変わった  変わるように  努力したのだ

求龍堂 福原義春著

Photo_2


資生堂の名誉会長である福原氏の名言集でした。

一番心に残った言葉は以下のものでした。

運がいいと思われている人は、よく人の話を聞き、いろいろな見聞を広め、面倒がらずに人に会いに行き、よく行動するというような面を持っている。

よく動く人は、本人も知らないうちに「偶然」や「運の種」をまいている。

やっぱり事務所の中にいるだけじゃだめで自分から動くことの大切さを改めて思いました。

そして、まだまだ動きが足りないぞ!と自分自身にハッパをかけておりますcoldsweats01

もう一つ

改革者っていつの時代のどこにおいても同じだなと思った言葉がありました。

いろいろと改革を行ってきたが、それはいつも「私一人」と「組織」との戦いであった。

それをするだけの覚悟と能力がある人だけが改革を成し遂げることができるんですね。

どの言葉も納得するものばかりで一気に読んでしまいました。

繰り返し読むことになりそうな1冊です。

|

« 新潟県女性財団で講演します | トップページ | 全国青年司法書士協議会の調停・対話の技法トレーニング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/56599307

この記事へのトラックバック一覧です: 福原義春の言葉:

« 新潟県女性財団で講演します | トップページ | 全国青年司法書士協議会の調停・対話の技法トレーニング »