« 保安林の評価額 | トップページ | 新しいダンスシューズ買いました »

2013年6月27日 (木)

名を名乗る

司法書士をしていますと、いろんな所に問い合わせをしたときに

もしくは、領収書を書いてもらうときに、名を名乗るという場面が多いです。

皆様は、自分の名前をどういう風に説明していますかsign02

私の場合は・・・

関所の「関」(せきしょのせき)に

さんぼんがわ 

明治の「治」(めいじのじ)に

子供の「子」(こどものこ)です。

ということが多いです。

別バージョンですと

「せき」は、関西の「関」(かんさいのかん)です。

それでもダメなら、もんがまえの「関(せき)」ですというようにしています。

また、「はるこ」の漢字を説明するとき

スプリング(Spring) ”ではなく

女優の加藤治子の「治子」です。

ということもありますが、これは説明の対象が何歳くらいの方まで有効でしょうか(笑)

もしくは、さんずいの・・・

ということもありますね。

言い慣れているので、つい一番最初のバージョンで言うことが多いですが、オススメの表現があれば、是非アドバイス下さいhappy01

|

« 保安林の評価額 | トップページ | 新しいダンスシューズ買いました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/57676844

この記事へのトラックバック一覧です: 名を名乗る:

« 保安林の評価額 | トップページ | 新しいダンスシューズ買いました »