« 平成25年度第4回新潟大学民事法研究会に参加してきました | トップページ | 調停時報184号を読んでみたい! »

2013年7月26日 (金)

クエストエディケーション・プログラム

昨日、NHKのNEWS WEBで、「クエストエデュケーションプログラム」について紹介していました。

興味を持ったので、早速調べてみると、webページを発見

http://eduq.jp/quest/

クエストエデュケーションプログラムは、現実社会と連動しながら「生きる力」を育む学習プログラムです。

実在の企業や先人を題材に、リアルな学習テーマに取り組みながら、自ら感じ、考え、表現していく学習スタイルを実践します。

チームでの活動を通して、社会や経済、 働くことの意義についての理解を深め、自律的な学習姿勢と豊かな創造性を育みます。

番組では、このプログラムを取り入れている学校の高校生が企業でプレゼンしている様子が紹介されていました。

まさにイノベーティブな人材育成の手法だなあ。。。と感銘を受けました。

新潟県でも、このプログラムを取り入れている学校あるかなあと調べたら・・・

ありましたsign03 県立国際情報高等学校shine

う~ん、やはりですね。納得です。

この前の火曜日に法学部で講義をしました。今回の講義は、メディエーションのスキルベースの話をして、実際にリフレーミングもやってもらいました。

大学生の皆さんが、どんな斬新な見方を示してくれるか楽しみにしていたのですが、思ったほど・・・

そして、ワークを全くしない学生さんも散見され・・・

私の講義の仕方が悪かったんだなあと、がっかりしていたところでした。

そんな気落ちしていたところに、アイディアいっぱい!プレゼンも元気に行っている女子学生を見て、改めてプログラム次第で活気を帯びた活動はできるんだなあと思いました。

そもそも、大学の講義室で200名弱を相手に、たった2回の主に座学の講義で伝えられることは少ないのかもしれません。

学習スタイルとして、体験学習・協同学習がもっと広まるといいなあと感じた次第です。

|

« 平成25年度第4回新潟大学民事法研究会に参加してきました | トップページ | 調停時報184号を読んでみたい! »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/57867904

この記事へのトラックバック一覧です: クエストエディケーション・プログラム:

« 平成25年度第4回新潟大学民事法研究会に参加してきました | トップページ | 調停時報184号を読んでみたい! »