« 権限の本質とステレオタイプ | トップページ | 新潟県司法書士会の調停センター研修 »

2013年7月18日 (木)

書籍ご紹介~パワー・クエスチョン

だいぶ前に朝日新聞の書評で紹介されていた本

パワー・クエスチョン~空気を一変させ、相手を動かす質問の技術

アンドリュー・ソーベル ジェロルド・パナス

阪急コミュニケーションズ

P1030560

ようやく読み始めるところですcoldsweats01

著者はビジネス系の方みたいです。コンサルやっているのかな?

メディエーションにしても、ファシリテーションにしても、カウンセリングにしても質問は非常に重要です。

特に最初に私が習ったカウンセリングの荒木ひとみ先生(現在はNPO法人 ファミリーカウンセイリングサービス)は、「カウンセリングは質問の技術です」とおっしゃっていました。

当時、適切に「自己評価の質問をすること」を練習しました。

メディエーションでは、リフレイミングが重要ですが、良い質問を組み合わせれば更に話し合いが進んでいくと思っています。

質問力アップできるといいなあshine

|

« 権限の本質とステレオタイプ | トップページ | 新潟県司法書士会の調停センター研修 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/57816270

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍ご紹介~パワー・クエスチョン:

« 権限の本質とステレオタイプ | トップページ | 新潟県司法書士会の調停センター研修 »