« 対人援助職の難しさ | トップページ | ファシリテーションにいがた11月例会の打ち合わせ »

2013年8月15日 (木)

実際の調停センターの流れについて考える

世間がお休みの間に、日頃遠ざけていることをやろうsign03と決意して事務所におりますcoldsweats01

まずは、9月のセミナーのパワポ作り

これは、だいだいできたかな。これから、推敲して完成させます。

そして、認証後の調停センターの書式について

先日、第1号申込がありましたshine

試行の時とは、使用する書式も流れも違いますので、規程を確認しながら慎重に進めております。

そんな中、実際に動いてみると、なんだか「紙の上」での想定とは違ってしまう場面が・・・

センターの流れはパワポにして、いままでセンターにタッチしていなかった会員さんや事務局さんにもわかりやすいようにしております。

初回に作ったものから数えると・・・バージョン7sign01

こんなに変更していたのね。。。

第1号案件は、司法書士持込案件だったのですが、どうもこの場合は別に作った方がいいと思うに至り、これでバージョン8。

動いてみてわかることがまだまだありそうで、これからもマイナーチェンジが続く予感がしておりますsweat01

|

« 対人援助職の難しさ | トップページ | ファシリテーションにいがた11月例会の打ち合わせ »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/57996886

この記事へのトラックバック一覧です: 実際の調停センターの流れについて考える:

« 対人援助職の難しさ | トップページ | ファシリテーションにいがた11月例会の打ち合わせ »