« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

メディエーションのトレーニングとは

新潟県司法書士会調停センターが認証を受けて、その活動を本格化させました。

で、私自身はというと

ますます裏方作業が多くなり、相変わらず規程類や様式集の改訂や見直しに追われています。

いままでは、まさに机上の議論

それが実際に動き出すと、いろんなところに同時多発的にほころびが出て参ります。

そのたびに修正につぐ修正sweat01

ということで、明日も本会研修の前に会議です。

運営委員の皆様には、お手数かけますcoldsweats01

それとともに、継続的なメディエーションのトレーニングをどうやっていったらいいものか?考えてしまいます。

どこまで深く掘り下げていいものか?

あんまりマニアックになっても参加者がいないだろうし。

そして、たとえば臨床心理士さんとか、学者さんとかをお呼びして、何をやってもらったら効果的なのか?

今年は新潟県のトレーニングは私が講師をしましたが、あれでよかったのか?

ハタと人に教えてもいいレベルなのかsign02と疑問が湧きました。

まだまだ、書籍の読み込みが甘いとか

周辺知識に関する勉強が足りないとか

ロールプレイの練習回数が足りないとか

言葉の使い方やバリエーションに工夫が足りないとか

なんかきりがないなあ。

今後はメディエーションの講師を引き受けることには慎重になろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

三条市 女性のためのステップアップ講座で講義しました 

昨日、9月25日は三条市主催の女性のためのステップアップ講座の第2回目を担当させていただき、講義してきました。

私の講座のタイトルは「エンディングノートで築く家族の絆」

時間は9:30~12:00

会場:三条東公民館

参加者:25名

sign03

なんと!ワタクシ 10:00スタートと完全に思い違いをしており、9:40に会場に到着

道中、市役所の方から事務所に2回も電話が入り、とってもご迷惑をかけてしまいましたsweat01

ご参加の皆様、関係者の皆様、大変申し訳ありませんでした。

エンディングノートに関するお話は、今回2回目でしたが、終わりの方で遺言やトピックスとしてどうしても話に出てくる成年後見についてもお話させてもらいました。

講義終了後、質問をいくつかいただきましたが、ほとんどが「成年後見」に関するものだったので、やはり参加者の皆さんも関心をお持ちだったんだなあとわかりました。

また、無理な”チカラワザ”で話を持っていった風にならずにすんだようで安心しました(笑)

何人かの方から

「いいお話をありがとう」

と 言っていただいたのでよかったですheart

担当のSさん、お世話になりましてありがとうございました。

なお、10月には三条市さん主催、11月には三条市社会福祉協議会さん主催の講座で講義する予定です。

三条市の皆様、3か月連続でお世話になりますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

祝 センター長 ラジオ出演!!

昨日は、午後から四谷で会議がありました。

朝、燕三条駅に向かい、近くのコインパーキングに入れようと思ったら、入り口付近で

車を擦りましたcrying

しかもかなりがっつり。。。

ショックですdown

フェイスブックに書いたら多くの皆様からお見舞いの言葉をいただきました。

皆様、ありがとうございました。

バンパー取り替えてもらい(その予定です)、気分も新たに仕事がんばります!!

と、それはさておき

新潟県司法書士会調停センターのKセンター長が

BSNラジオ「近藤丈靖の独占!ごきげんアワー」の取材を受けましたsign03

インタビュアーは、伊勢みずほさん

上越市で開催されていた動物フェスティバルを取材していたついでに、ちょうど上越にいたセンター長にもインタビューしてくださったようです。

伊勢さんのブログにも書いていただきましたよ~

Kセンター長が写っている写真も載っていますhappy01

実際のラジオ放送は10月中の火曜日の午前10時からのようです。

放送楽しみですheart

放送日時が決まったら、このブログでも発表します!お時間ある方は是非聞いてみてくださ~い。

Kセンター長 お疲れ様でしたgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

信頼ベースの学級ファシリテーション講座

続きまして昨日9月22日(日)は10:00~16:00まで

信頼ベースの学級ファシリテーション講座 × 大人の国語の時間

に参加してきました。

講師は、前日に引き続き「ちょんせいこ」さんです。

こちらは、新潟県でファシリテーションを使った学級運営の研究をしている団体とせいこさんの共催でした。

参加者は、30名くらいかな?

予想ですが2/3が小学校の先生

1/3がそれ以外の人、といってもファシリテーションを常に実践している人ばっかりの様子happy01

ワタクシ、この講座で

人生初の「絵本の読み聞かせ」をやってみましたsign03

3名1組で、順番にやってみたのですが、他の方は現役小学校教師(お子さんあり!毎日読み聞かせをしている!!)と上越教育大の大学院の学生さんというプロなのでした。

結果は・・・

あまりにぎこちなく

ものすごく無理している感じsweat01

まさか自分がこんなことをするなんて、という衝撃の体験でした(笑)

それはそうと、この講座でも大事なことを学ぶことができました。

せいこさんの説明にあった「失敗ゼロ」ということ

これは21日の講座の際にもご説明があったのですが、そのときはピンとこなかったものの22日の講座を受講してみてわかりました。

新しいこと

わからないこと

苦手なこと  

をするときにファシリテーターや先生は「失敗ゼロ」を目指してプログラムを作ることが大事なんですね。

私の場合、メディエーションという明らかに苦手なことを初めてやった時から、失敗の連続につぐ連続!!でしたが、それでも「できるようになりたい」一心でずっと継続できています。

しかし、そういう人ばかりではないよね、ということ

(未熟ながら)過去にファシリテーションの研修を行ったときのことを思い出すに「失敗ゼロ」は念頭にありませんでした。

ハードルは下げる!という認識はありましたが、「失敗ゼロ」までは。。。

特にオトナの司法書士の場合、プライドがありますから、ココすごく大事ですねbearing

今回、せいこさんが実践する「失敗ゼロ」のやり方を少しですが、体験できたので、今後行うメディエーション・トレーニングに向けて、「失敗ゼロ」の工夫を試したいですhappy01

最後に、せいこさんのウェブページはこちらですnote

ご興味ある方は、ご覧になってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「元気になる会議」ホワイトボード・ミーティグの進め方

9月21日は、日本ファシリテーション協会 新潟サロン主催で

「元気になる会議」ホワイトボード・ミーティグの進め方

の講座があり、参加しました。

会場は、ユニゾンプラザで時間が13:00~17:00

講師は、ちょんせいこ さんです。

P1030655

今回最も心に残ったことは・・・

心にも「体力のようなもの」があるということ

縦軸が心の温度~暖かい  冷たい

横軸が心のパワー~パワーある  パワーない

たとえば、心の温度が冷たくて、パワーがあると、会議で反対ばかりしたり、横やりをいれたりする、という感じかな。

なので、まずはたとえば会議メンバーやプロジェクトチームメンバーについて心の温度を暖めることが先決なんだ、ということがわかりました。

この作業が”エンパワーメント”

これをおろそかにしてはいけないなあとつくづく感じました。

合意形成の前提は、やはり良好なコミュニケーションがあることなのですね。

せいこさんの講座は、わかりやすく、とっかかりやすい。

そして、ホワイトボード・ミーティグは訓練すれば誰でもできるようになるとおっしゃいます。

いままで受講したファシリテーション・グラフィックは、技巧的な部分が多く、覚えること・知っておくべきことが結構あったように思います。

それはそれで、重要と思いますが、ハードルを下げて誰もができるようになる、やってみようと思うようになることも大事だなあと思った次第です。

今回の講座で使ったせいこさんの著書はこちらですheart


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

パソコンに振り回されています

私が使っているパソコンが壊れ、修理に出していました。

9月14日には戻ってきて、15.16日と復旧作業をしていましたが、今日現在まだ元通りになりませんsweat02

壊れる前には、問題なくできていた「NASからバックアップ用ハードディスクへのバックアップ」がなぜかできなくなる。。。

債務整理用のソフトのユーザー登録ができない。。。

ソフトのQ&Aにも説明がないので、調べられない。

サポートに電話してもつながらない。

本当に困っています。

そもそも、なんでこんなに頻繁に壊れるのか?その原因がわからないので、また壊れる可能性大です。原因を調べてもらおうと修理に出したけど、結局わからないままです。

そうすると、またこの不毛な作業の繰り返しになってしまいます。

根本的な解決のためには、ハードのまるごとバックアップかな?

以前に、事務員が使っているパソコンでまるごとバックアップを試みて、失敗し、冷や汗をかいたのでトラウマになっております。

仕事のための道具ですが、なんだか振り回されているなあと感じる今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

またも私のパソコンが壊れました

おとといの朝、突然、画面が消えました。

なんとか、再起動できて、一日使えました。

そして、昨日、また突然、画面が消えました。本体からピーピーと音まで鳴ってるwobbly

その後、1回は起動したので、もう一度電源を落として、説明書に記載あるトラブル対処方法を試したら、今度こそ再起動できなくなりましたsweat02

2月に初期化して、ハードも入れ替えたのに。。。

システムの不具合のようです。

2月の時の修理で完全に直っていなかったのか?

それとも私が無茶な使い方をしたのか??

自分のパソコンが使えないって、ものすごく不便ですね。

そして、戻ってきたあとはまた復旧作業に時間をとられ、設定費用もかかる。

はあ~、ため息ですdown

今後こそ、完璧に直って欲しいsign03sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

トルコでの事件

朝からニュースで流れている事件

新潟大学4年生の女子学生2名がトルコのカッパドキアで事件に巻き込まれたとのこと

衝撃でした。

まさか、新潟大学の学生がこんな事件に巻き込まれるなんて。

教育学部の学生さんのようですが、ここ4年間隣の建物(法学部)で講義をさせて頂いた身としては、なんだか遠い世界の話とも思えず。

10月に個人的に学生向けのイベントを準備していた矢先のこのニュースだったので、なおさらでした。

聞けば、勉強熱心で就職も決まっていた外向的な二人だったとのこと。

本当に悔しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

謙虚さを保つスポット

毎日新聞の日曜版でドクターの海原純子先生が連載をしており、毎週、楽しみに読んでおります。

9/1の記事は「謙虚さを保つスポット」というタイトルでした。

かいつまんで、書きますと、

海原先生の知り合いの女性スタッフの態度が以前と違ったというもの

その女性は謙虚な雰囲気だったが変化したようだ。

その背景に2階級特進があったらしい。

海原先生は、「地位が上がると謙虚でいるのは難しいのだ、とつくづく思う。」と書いています。

これ、私も体験したことがあります。知り合いのカウンセラーさんが売れっ子になり、別人のようになっていました。。。

そして、お知り合いの方で社長になっている方が役員になっても地下鉄通勤を続けている例を挙げ、

「心のどこかで謙虚さを保てるスポットを用意しておくことは高い地位にある人や社会的強者の立場にある人には特に必要なことだと思う。」

私は、特に偉くなってもいないけれど、司法書士という仕事そのもので、一般の方から見るとパワーバランスが傾くかなと思うことがあります。

自分では気づかないけれど、他者よりポジションが上がったと勘違いしてそれが態度に出ていることもあるかもしれない。

謙虚でいること

私自身も、よくよく気をつけたいものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

ファシリテーションにいがた9月例会のご案内

ファシリテーションにいがたの9月例会のご案内です。

9


diamond日時:9月21日(土)13:00~17:00

diamond場所 新潟ユニゾンプラザ2F  (公財)新潟県女性財団 団体交流室2

diamond講師 ちょんせいこ氏(人まちファシリテーション工房)

diamond定員 30人

diamond費用 3,000円(FAJ会員無料)

diamond内容  1 ホワイトボード・ミーティングの基礎

      2 情報共有を進める会議の進め方

      3 企画づくりの進め方

      4 困った事例を解決するケース会議

申込はこちらのメールアドレスまでお願いします。 fajniigata@gmail.com

若干ですが席が残っているようです。お申し込みはお早めにsign03

ちょんせいこさんによるホワイトボード・ミーティングの講座、新潟での開催は初めてなんだそうです。

皆さん、貴重な機会ですよ~

翌日は同じ新潟市で別団体でのトレーニングがあるようで、私はそちらも申込済みですgood

ちょんせいこさんの講座は初めての受講ですが、とっても楽しみですheart

空中戦の会議のむなしさを感じることも多いので、世の中の会議でもっともっと、ホワイトボードが利用されることを願っています。

個人的に、ホワイトボードを使うメリットとしては以下のようなことがあると思っています。

目標がはっきりします。

決まったことがわかります。

きめるべきことがわかります。

経過がわかります。

参加者の集中力が増します。

10月の例会は、ファシリテーション・グラフィックの予定です。

9月、10月は「描くこと」月間ですねnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

「老子」をもう一度

NHKの「100分で名著」が好きです。

お手軽に名著のエッセンスを知ることができるので、私のような横着者にはうってつけ(笑)

8月は、前のクール(5月)でもやっていた「老子」の再放送でした。

全回をしっかり見ているわけではないので、もう一度見ると、覚えていない・見ていない部分も多く、やっぱり面白かったです。

講師の先生のコラムの中で以下のような記載がありました。

「負け組」などと世間でいわれ、萎縮してしまう人も少なくありません。こうした社会的に弱い立場に置かれた人々の間で「心の処方箋」として『老子』を読むのが静かなブームとなっているようです。

テレビ番組の中で紹介されていた内容の中で、一番心に響いたのは

第36章です。 

将(まさ)にこれを歙(ちぢ)めんと欲すれば、必ず固(しばら)くこれを張れ。

将にこれを弱めんと欲すれば、必ず固くこれを強くせよ。

将にこれを廃(はい)せんと欲すれば、必ず固くこれを興せ。

将にこれを奪わんと欲すれば、必ず固くこれに与えよ。

これを微明(びめい)と謂(い)う。

柔弱(じゅうじゃく)は剛強(ごうきょう)に勝つ。

魚は淵(ふち)より脱すべからず。

国の利器(りき)は、以(も)って人に示すべからず。

納得flair

前に買っていた 岬龍一郎さんの「新訳 老子」も読み直しましたnote

古典っていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

岡本太郎記念館に行ってきました

先週土曜日 8月31日に岡本太郎記念館に行ってきました。

先月、長岡の美術館で見た岡本太郎の絵に魅了され、もっと多くの作品を見たいなあと思っていたところでした。

ここは、もともと岡本太郎さんがお住まいだったところみたいです。

Dsc_0573

太陽の塔のレプリカ

Dsc_0553

作品自体は少ないのですが、アトリエやお部屋の様子が見られます。

Dsc_0560


Dsc_0563


お庭にも、たくさんの作品があり、ますますファンになってしまいましたheart

Dsc_0568

そして、NHKのプロフェッショナルで見た海洋堂さんのフィギュアのガチャガチャもやってきましたよhappy01

300円のと400円のがあったので、両方1回ずつやりました。

ノンが当たりましたshine

Image2

作品解説によると

「ダメ!」と手で制止して、ノンは行く道を遮る。恐ろしげな牙をむき出しにして。

どこかユーモラスだ。ひょっとしたら駆け引きに応じてくれるかもしれない。

けれども、実は冷酷無比かもしれない。どうしようか?

このアンビバレントな感情を、この作品は呼び覚ます。

単純な感情では対応できない、異物としての彫刻

少食でお酒も飲めない私の栄養補給は、アートなんですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »