« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

リーガルハイに見るWin-Win

半沢直樹に引き続き、リーガルハイを見てしまう私coldsweats01

堺雅人さん、いいですよねheart

さて、今期のリーガルハイはメディエーションをやっている方なら、要チェックですねsign02

要チェックポイントは羽生春樹弁護士です。

アメリカ帰りで、古美門弁護士からは Mr.Win-Win と呼ばれています。

昨日の放送でも

アフリカンドラムのチームと日本のバンドチームが衝突しかかったところで

「コラボできないかな?」と持ちかけ、成功させる

隣人トラブルについて和解し、一見、羽生春樹弁護士側が敗訴したようで、その内実はWin-Winにつなげる

こんなにうまくいくわけないだろう!という突っ込みがあちこちから聞こえてきそうですね。

個人的には、Win-Winという事象をちょっと懐疑的に見ている風な作り方も感じちゃうところです。

また、リーガルハイのwebページを見ると・・・

羽生春樹役の岡田将生さんに対するインタビュー記事のところで

Q.羽生には“人たらし”という性格づけがされています

という質問がされています。

う~ん、そういうことじゃないんだけなあと思いつつ、やっぱりメディエーションってメディエーションをする「その人」にかかっているのかな、とも思っちゃったりしました。

ドラマなので、コミカルに描かれていますが、訴訟を扱ったドラマで、「Win-Win」が出てくるっていうことに時代の変化を感じます。

そして、これからまだまだメディエーションが広がっていくチャンスがあるかもしれないと思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

突然、発熱!!

なんか、のどが変だなあ・・・とうすうす気づいてはいたのですが

急に発熱してしまいましたwobbly

自分を直視し、げんなりすることが多かった土日のプレゼンの研修がよっぽど堪えたのかもしれません(笑)

年齢が上がるにつれて、週末全部がつぶれる研修の負荷が大きくなっている気がいたしますsweat01

そして月曜日の講演

声の出し方が悪いせいか、2時間話すと、のどが嗄れるんですよね。

声の出し方も課題です。

今日は安静にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

三条市高齢者教室で講演

週末は、新潟県女性財団でプレゼンのセミナーに出席しました。

自分の姿をビデオで見る

4人のグループでお互いにやってみる

ことを複数回やってみて、いかに自分ができないか。。。と思い知った二日間でしたsweat02

でも、自分の課題が明確になったことは大きな成果で、日々の心がけで少しずつ改善したいと思います。

今日は、朝10時から三条市の高齢者教室で講演なので、少しでも昨日習ったことを実践してみようと臨みました。

言葉の”ひげ”は意識できました。

あの~、え~は極力言わないようにできた気がします。

というより、言葉の”ひげ”自体を意識できたのが妙に嬉しかったです。

ジェスチャーを入れる、間をとる・・・は改善できたかも

問題のhappy01はかなり意識しました。

実際、どうだったかな?

11月に講師をする時にも意識してみます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

ロジカルプレゼンテーション講座に参加しました

平成25年10月26日.27日の両日は、新潟県女性財団が開催します

ロジカルプレゼンテーション講座に参加します。

講師は、株式会社HRインスティチュート 取締役でチーフコンサルタントの内田友美先生です。

昨年もあった講座なのですが、昨年は日程が合わず、断念sweat02

やっと今年受講できましたhappy01

一日目の最初から30秒自己紹介をビデオでとり、後ほどそれを見て改善点を発表しました。

自分のビデオ見るのって本当に恥ずかしいですねwobbly

それにしても、表情ヒドかった。。。

先生より二日間でプレゼンスキルがアップできるというご説明を頂きましたが、理論の説明とともに一日目から実践部分を多く取り入れて頂きましたので、充実感いっぱいですnote

コツをいくつか教わりましたが、どれもすぐに役に立ちそうです。

先生の”にこやか”かつ”上品な”たたずまいを見るにつけ、「あぁ、こんな風になってみたい」と思う訳でございます。

明日も楽しみだなあshine

それにしても新潟県女性財団さんには、いつもいつも素晴らしい講師をお呼び頂き、感謝ですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

今日はこれからスカイプ会議です

今年の12月に山形県司法書士会にお呼ばれして、ADRの研修講師をします。

新潟県と山形県って隣なのに交通の便が悪く、実はほとんど行ったことがないのです。

山形県司法書士会って、山形市にあるんですよね?

人生初山形市!楽しみですheart

さて、それに先立ちまして、本日これから山形県のご担当者さんとスカイプ会議です。

遠方の方と打ち合わせをするには、スカイプ便利ですよね~。

話しながら、パソコンも打てるし、メールで資料も送れる。

ホント有り難いですねnote

今後の山形県調停センターを担う方向けということで、責任を感じますが、まずは楽しく参加してもらえることを目標にプログラム考えますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

ミニホワイトボード買いました

ホワイトボード・ミーティングの研修の時に聞いた100均で売っているというミニ・ホワイトボード

買ってみましたheart

P1030674

(陰が入ってしまって見づらいですね。。。)

残念ながら、いまだ出番なしdown

仕事でお客様のところへ行く時に、持って行ってみようかなあ。

お仕事でも便利な使い方模索中ですhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

日本ファシリテーション協会新潟サロン11月例会 担当します

誠に恥ずかしながらsweat01

日本ファシリテーション協会 新潟サロンの11月例会を担当します。

diamond日時:平成25年11月23日(土)13:30~17:00

diamond会場:長岡中央公民館 401教室 (旧旧市役所です)

diamond定員:20名

diamond参加費:500円

diamond申込方法:fajniigata@gmail.com までメールでお申し込み下さい。

勉強しなければならないことは、講師をするべきという力強い言葉を知人から頂いたところですので、はなはな未熟ですが担当させて頂きます。

参加者の皆様と共に考える場を作りたいと思っています。

お気軽にご参加下さいhappy01

1123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

新潟県司法書士会調停センターSmile センター長が22日にラジオ出演

新潟県司法書士会調停センターSmileのセンター長が以前に、BSNラジオの取材を受けました。

その放送日が明日10月22日(火)と迫って参りましたsign03

時間は午前10時からです。

BSNラジオ「近藤丈靖の独占!ごきげんアワー」

伊勢みずほパーソナリティーによるコーナー「イセスペ」の中で放送されます。

是非お聞きになってみて下さいhappy01

私も忘れないようにしなくてはsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

こんな日が来るなんて・・・幸せです

とあるミッションを4名で実施しました。

チームOと呼びますhappy01

ミッション自体もうまく運び、その後の雑事もなんとスムーズなことかsign03

文書の作成依頼をすれば、(催促することもなく)ほんの数日で全部揃います。

しかも内容も私が全く手を入れる必要もなく、すばらしいものばかり。

各自が自分で考え、自分で行動してくれます。

幸せすぎて、信じられない気分ですshine

あきらめずに今日までやってきて良かったなあと感動をかみ締めておりますheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

子供に必要な翻訳場面はオトナも一緒

出張の行き帰りの新幹線の中は、貴重な読書時間です。

やっと先日購入した「よくわかる学級ファシリテーション~授業編」が読めました。

教師向きの本ですが、子供への対応はつまり「人」への対応だと思っています。

実際にちょんせいこさんの講座を受講した時にご一緒したファシリテーションYさんとも、「これって、オトナにも応用できるよね」という共通認識を持っておりました。

で、読み進めていると

言葉や態度を翻訳する~「子ども理解」の技術を磨く の項中

よくある翻訳場面

その1 不公平感を訴える=私は満たされていません

その2 やりたくない=やり方がわからない、自信がない

との記述がありました。

まさにオトナも一緒sign03

会議や事業を実施する時などでもこういう場面 よ~く、出くわします。

その1は、特に会議をする時に気をつけるようにしており、心が冷えているなあと思う人の意見は、ホワイトボードに書く際にも強調するなどの工夫を心がけています。

その2は、特に男性に多いように思います。しかも年齢が上の方。

翻訳を間違えないようにして、コミュニケーションを円滑にしたいものですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

自分を知る

これまでに複数回、体験学習を用いたトレーニングに参加してきました。

そこでは、あるアクティビティを通して、そのプロセスを振り返り、自分の行動・言葉遣い・考え方のくせみたいなものに気づき、次にどうするか?どうしたらいいのか?周りにどういう影響を及ぼしているか、みたいなことに考えを及ぼします。

今日は四谷で会議でした。

そこで自分のやったことを振り返ると

恥ずかしいことばっかりwobbly

前回と同じこと言っちゃった、とか(これはトシのせいですかsign02

議論のゴールに関係ないこと言っちゃった、とか

まだまだあるけど。。。

自分の見たくない部分を直視して、それを認めるといういことは結構辛い行為ですsweat02

これがないと、改善もないってことで。

少しでも変われるようにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

駐車場の真実

昨日は、リーガルサポートの研修に出席するために午前中から本会へ行きました。

夕方からは別の業務も入っていたため、かなりの荷物

ので、荷物の運び込みのためにゼヒトモ本会の駐車場に停めたいsign03

空いてるかな~と思って到着してみると

空いてるhappy01

やった~、よかったなあ

と思って普通に停めました。

先週の研修会の時も空いてたし、ラッキーnote

と思っていた私が愚か者でしたdown

昨日の本会の帰り、若手のHさんに「Hさんは車どこに停めたの?」と聞くと、

「もうちょっと駅のほうです」

「へ~、そうなんだ」なんて話していると

若手の皆様は先輩方に遠慮して、わざわざ別の駐車場に停めていることが判明。

元会長O先生レベルになると、「会員のために」とわざわざ別の駐車場に停めているということもわかり・・・

なんとも傍若無人な私であることが、まざまざとわかった次第ですsweat02

恥ずかしーーーwobbly

昨日は荷物の多さに免じて許して下さいsign01

次回以降は・・・1回おきくらいの割合で遠慮します(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

リーガルサポート新潟県支部に専属の事務員さん

なんか頭痛と思って天気図を見ると、低気圧が二つも重なってるsign03

仕方ないかsweat02

北へ向かう某団体の皆様の飛行機airplaneが揺れないように祈っていますwink

さて、このたび司法書士が成年後見業務の推進のために作った団体であるリーガルサポートの新潟県支部に専属の事務員さんが着任されましたnew

いままでは、本会の事務局さんが事務を担ってくれていましたが、ここにきて作業量が激増しているらしく、さすがにムリ!ってことになったらしいです。

後見に絡んだ不祥事が起こるたび(非常に恥ずかしいことですが。。。)に、再発防止策が考えられ、事務作業が増えているのかなと予想したり。

しかも最近は、親族後見案件が職業後見人案件にシフトするような事態も増えているようで、後見業務自体も増えているのです。

専属の事務員さんがいれば、なにかと便利で心強いですね。

これから、よろしくお願いしま~すhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

三条エコノミークラブ 公開例会に行ってきました

台風が日本海を通過中typhoon

新潟県は風が強くなって参りました。低気圧のため、ちょっと嫌な感じです。

ちょっと古い話ですが、先週10月4日(金)は三条エコノミークラブの公開例会に行ってきました。

講師:株式会社致知出版社 代表取締役 藤尾秀昭氏

時間:午後7:00~9:00

テーマ:「出逢いの人間学」

講師の藤尾秀昭氏は、「致知」という月刊誌を創刊され、現在まで編集長をされている方です。

この雑誌の目的は・・・

有名無名を問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の
体験談を通して、皆様の人間力を高めるために役立つ記事を届けること

「致知」という言葉は、中国の古典”大学”の中に出てくる言葉だそうで・・・

 とかく現代人は、知識や情報にばかりとらわれがちですが、人間本来の叡智とは、
 実際に物事にぶつかり体験することによって初めて生きる力になると私たちは考えています。
 実践を通して本物の叡智を身につける、という意味を込めて、誌名を『致知』と名付けました。

講演においでになっている方の中にも定期購読をされている方がいらっしゃいましたね。

講演の中で心に残った言葉は・・・

人を育てる人というのは、人の心に火をつけられる人であるということ

そして人の心に火をつけられる人は、その人自身の心が燃えている人であるということ

なるほどね~、心の炎ってなんとなく見えるんだよねえshine

私もメディエーションにかける情熱を持ち続けたいものだなあなんて感じました。

それから、藤尾氏も私と同じ体験をされたんだなあと思ったことがありました。

それは、大学生に講義したときのことで、聞いている学生の態度が悪く、ちゃんと聞いていたのか疑問を感じられたようでしたが、その後の学生のレポートを読んだら、ちゃんと聞いていたということがわかったとのことでした。

同感。

私も同じ体験をしました。

事前配布の資料を持ってこない、メモすることもない、スマホで遊んでいる、

別の本を読んでいる、与えられた課題やワークをしない

過半数がそんな感じだったのに、レポートを見るとまともな意見を書いている。。。

実際、本当にいいなと思うレポートは少ないですが、外見の酷さに比べれば、内容はそこまで酷くなかったのです。

これって何だろう?と思っていたところでした。

藤尾氏のお話を個人的に解釈するに、”徳性”を学ぶ機会がないゆえにそうなってしまうのではないかと思いました。

メディエーションを勉強していると「人間性」を高めないといけないなあと思うようになるわけですが、はっきりと正体のわからない「人間性」

今回のお話は、具体的なお話とともに「人間性」を高めることの意義と手法について、ヒントを頂くことができた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

愛知県弁護士会の増田先生にインタビューできます!

愛知県弁護士会の紛争解決センターの評判は以前からお聞きしていました。

弁護士会のセンター中では取り扱い件数NO.1です。

そこで中心的に活躍されている増田先生に一度、お目にかかりたいと思っていました。

来月実現しますsign03

11月9~10日は南山大学の公開講座に出席するために8日に名古屋入りします。

この好機にインタビューをさせて頂けないものかと、思い切ってお願いしたところ、OK頂きましたheart

嬉しいな、嬉しいなheart04

増田先生は、電話のお声の感じも優しそうでした。

11月が楽しみですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

合理的無知

前回の記事について、尊敬するファシリテーターさんから非常に勉強になるコメントを頂きました。

ケースカンファレンスにおいて「見える化」がされていないことについて、改善できればと書いたことに関してです。

議論の見える化の効用を経験して知っている人が、経験していない人にたとえば、ホワイトボード等を使って議論を描くことを推進したいが、それがなかなか認められないのは

合理的無知が背景にあるからではないか?というご指摘でした。

合理的無知・・・知らなかったので、検索すると

 現代社会に生きる私たちは,政治・経済分野に多くの知識と理解を求められます.

 ところが,自発的にわざわざ時間を割いて,これらの事柄を勉強しても,選挙で行使出来るのは一票にしかならず,中身よりも知名度の高い候補が当選します.

 これでは,せっかく休みの時間を政治経済の勉強に使う意味がない,ミシュランのガイドブックでおいしいレストランを探すことに時間を使う方が合理的だと考えて,難しい勉強はやめて無知であることを選択します.

 これを政治経済学では“合理的無知”と言い,大衆が選択する行為だそうです.

 大衆とは,専門知識の無い人達のことだと思いがちです.

 しかし,スペインの哲学者オルテガは,専門家こそ最もやっかいな大衆だと言っています.なぜなら,自分たちは狭い専門知識しかないのに,専門以外の広大な領域についても,知者のように傲慢(ごうまん)に振る舞うからだと.

検索してトップに出た「日本医師会」H.23..2.5の記事です。

う~ん、納得flair

士業や”先生”と呼ばれる方たちが、ホワイトボード・ミーティグなんかを敢えてやろうとしないことの理由の一端が見えた気がします。

もしかして、司法書士でメディエーションを毛嫌いする人の心理ってコレですかsign02

確かにメディエーションのスキル習得には、ものすごく手間暇がかかる上に(いまのところ)費用対効果が見えにくいのも事実です。<関川調べ>

そして、えいっ!と飛び込んだ人が想像する以上に、飛び込めない人の心理的ハードルは高いのでしょうね。

そこをどう下げるか、というのが次の問題ですsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

「ケースカンファレンス・ファシリテーター」はいかがですか?

成年後見人をしており気づいたことがありました。

障害をお持ちの被後見人さんのケースで、その方を支援する複数のメンバーで頻繁にケース・カンファレンスをしております。

「みんなで集まって相談する」を

医療や福祉の世界では、「カンファレンス」というんだな、ということがわかりました。

そして、この「カンファレンス」の進め方について、もっともっと工夫の余地がありことがわかりましたsign01

ここでも、まずは「議論の見える化」が必要ですね。

ファシリテーションのスキルを取り入れることができれば、もっとよりよい話し合いと成果が生まれるハズ

そこで、ケースカンファレンス・ファシリテーターが広まるといいなあshine

少しの工夫でかなり改善すると思うんだけどなあ。。。

それとともに、カンファレンスの場合、気になるのは、「パワーバランス」です。

ここが難しいthink

カンファレンスに参加する方の間にある上下関係の強固さ

ここをどう場作りで変えていくか?です。

ケース・カンファレンスの改善につきご興味ある方は是非ご連絡下さいsign03

一緒に考えていきましょうsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 10月例会のご案内

10月になりました。

早いsign01早すぎるsign03

昨日は、司法書士手帳の申込用紙も届き、もう年末に向かって動きが加速しているようです。

あぁ、また年を取るのね。。。

と、悲しい気分になっている場合ではなく

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 10月例会のご案内です

日時:平成25年10月19日(土) 13:00~16:30

場所:ユニゾンプラザ 女性団体交流室

内容:模造紙を使ったファシリテーション・グラフィック

参加費:500円

申込先:fajniigata@gmail.com

Photo

9月の例会は、ホワイトボードを使いましたが、今回は模造紙を使います。

ちょっとしたコツをつかんで練習すれば、誰でもグラフィッカーになれますよhappy01

どうぞふるってご参加下さい!

ちなみに私は、別の用事が入って参加できないのです。

とっても、とっても残念です(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »