« 名古屋城観光と増田先生へのインタビュー | トップページ | 日司連の会議にて »

2013年11月13日 (水)

南山大学の人間関係講座(コミュニケーション)秋 に参加しました

11月9~10日は、南山大学の公開講座 人間関係講座(コミュニケーション)秋 に参加しました。

講座担当者は、楠本和彦先生(人文学部教授)と伊東留美先生(南山短大講師)です。

お二人とも臨床心理士の資格がおありとのこと。

今回の参加者は35名でした。

過去に受講した人間関係講座(グループ)とは、内容がどう違うのだろうか?と思いつつ参加しました。

それほど大きな違いを感じませんでしたが、どちらかというとグループより「より基本的なところ」を扱っていたような気がします。

南山にくると、”本物”に会えますheart

今回、講座の最後に思った感想は、日常と非日常をつなぐ・・・というのは何だろうか?ということ。

自分の課題を克服しようと参加したのですが、なぜか、ここではそれが課題として現れないのです。

今回、非日常である公開講座が非常に心地よく、帰りたくないなあと思いました。

そして、昨日は、労働局での会議に出席

グループの中に現れる縦方向の力関係がよ~く見えてきます。

あぁ、現実に戻って来ちゃったなあ。。。とつくづく感じるわけです。

Tグループに参加したあとのフォローアップでは、このあたりを扱っていたような記憶があります。

日々葛藤・・・というところなんでしょうね。

|

« 名古屋城観光と増田先生へのインタビュー | トップページ | 日司連の会議にて »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

とても充実した時間を過ごされたのが伝わってきますhappy02
非日常の充実感と、現実の落差…
私自身は、非日常の体験を磨いて磨きぬくことで、日常に落とし込める、そんな意識でいました。
でも、落とし込みたい日常が、沼地のような場合もありますね…
難しいです。
また、お会いしたときにたくさんお話し聴かせてくださいlovely

投稿: かきざき | 2013年11月13日 (水) 16時45分

かきざきさん、コメントありがとうございましたheart

>私自身は、非日常の体験を磨いて磨きぬくことで、日常に落とし込 める、そんな意識でいました。

Tグループに行ったときは、そんな感覚がありました。
でも、今回は違いました。
ちょっとしたさざ波がココロの中に発生しているからかもしれません。

かきざきさんもいつか南山体験をしてみて下さいhappy01

投稿: せきかわ | 2013年11月13日 (水) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/58566343

この記事へのトラックバック一覧です: 南山大学の人間関係講座(コミュニケーション)秋 に参加しました:

« 名古屋城観光と増田先生へのインタビュー | トップページ | 日司連の会議にて »