« 雪の新潟 | トップページ | たっぷり山形観光 »

2013年12月16日 (月)

山形県司法書士会での調停トレーニング

14日土曜日は、午前中から山形県司法書士会の調停トレーニングを行いました。

立派なタイトルも作って頂き感激heart

P1030714

会長、副会長にもご参加頂き、非常に恐縮でした。

P1030716

会長のご挨拶を伺うとメディエーションに対する理解もお持ちで、会としては進めやすいだろうなあという印象を持ちました。

経験者と未経験者がいるということでしたが、どなたも真剣に取り組んで頂き、私のほうが「はっと」気づくことが多かったです。

自分で作った事例に対して、私が想定してないようなところまでもお考え下さる方が多く、もっともっと自分も勉強しなくては、皆さんのご要望や真剣さに対して恥ずかしいなあと感じたところです。

調停のロールプレイの様子を拝見していて、気づいたことは

山形の方は「声が小さめ」

副会長にお聞きすると、山形の県民性としては”我慢するのが美徳”らしいのです。

東北の気質みたいなところがあるのかなあ。

同席調停・・・受け入れてもらえるかなあ、とちょっと思ったのです

sign03

翌日、バスの時間まで山形観光しようと

diamond最上義光歴史館

diamond山形県郷土館 文翔館

を訪れたところ、その両方でボランティアガイドさんがおり、丁寧に説明してくれます。

後者では、警備の方まで、進んで説明してくれるのですsign03

すごい親切shine

そして、積極的に他者に働きかけようとする姿勢・・・素晴らしいshineshine

こういう気質ってメディエーション向きではないかと思ったのです。

文翔館でこんなの見つけました

P1030719

山形県司法書士会の調停センターが無事に認証を取得し、センターとしても運営が軌道に乗るようにお祈りしておりますhappy01

|

« 雪の新潟 | トップページ | たっぷり山形観光 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/58765442

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県司法書士会での調停トレーニング:

« 雪の新潟 | トップページ | たっぷり山形観光 »