« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

恋するフォーチュンクッキー 司法書士版!!

京都の内藤先生のブログを見ていたら、すごいもの発見sign03

(注:内藤先生は商業登記のオーソリティーで、ブログでは司法書士業務に関するお役立ち情報満載です)

恋するフォーチュンクッキー 司法書士版flair

福岡バージョン

http://www.youtube.com/watch?v=ThKMWQDI7EU

東京バージョン

http://www.youtube.com/watch?v=PtWRSfhMcWg

特に東京・・・知っている人がいっぱい出てるhappy02happy02

楽しそうheart

新潟でもやってみたい・・・かも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

東京司法書士会調停センター メディエーション研究会で講師

28日 午後6:00~9:00までは、東京司法書士会調停センター主催の「メディエーション研究会」で講師を務めさせて頂きました。

東京会では、毎月1回のペースでメディエーション研究会を開催しているとのことです。

さすが大規模会は違いますねsign03

さて、今回の参加者は14名でした。

内容は「言葉の3つのレベルを意識してみよう!」として、昨年11月にファシリテーションにいがたの例会でやったものにつき、そこでの反省を元に改善し、プログラムをバージョンアップ(大げさsign02)しました。

また、私が仮説として考えていることを調停のロールプレイという形で東京会の皆様にご協力を頂き、実験してみました。

結論から言うと、仮説はある程度、実証された感じを持ちましたflair

トレーナーとしては、まだまだ修行が足りないなあと思うことも多かったですが、熱心に参加して下さった皆さんのおかげで私自身も新たな気づきを得ることができました。

今回の参加者は、まさにコアで活躍しているメンバーの方が多く、上っ面の議論に終わらず良かったなあnotes

特に、最後の方で「事実は一つではない」ということに関する説明の仕方には大きなヒントを頂き、感謝していますheart

また、初参加の方には当事者役をやって頂きましたが、素晴らしかったです。

やはりメディエーションは”人”ですねshineshine

東京会の皆様、大変お世話になり、ありがとうございましたm(_ _)m

至らなかった点については、今後またカイゼンすべく頑張りますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

民間賃貸借住宅の賃貸借関係をめぐるトラブル相談対応研修会に参加

昨日は、「民間賃貸借住宅の賃貸借関係をめぐるトラブル相談対応研修会」に参加してきました。

会場は、品川フロントビル すっごくキレイでした。

さすが国土交通省の補助事業。会場もいいところを選択できますね!

時間は13:00~16:10

第1講 民間賃貸住宅に関する相談対応事例集の解説

講師:弁護士 升田純先生

第2講 現状回復をめぐるトラブルとガイドラインの解説

講師:弁護士 犬塚 浩先生

第3講 賃貸住宅標準契約書の解説

講師:弁護士 佐藤貴美先生

行ってみての感想

まずは、参加者のターゲットは士業ではなかった。

質問者が全員、消費生活相談員さん(女性)だったことを考えるに、大半が消費生活相談員さんで、残りが不動産業者さんではないかと推測します。

ただ、頂いた資料(たぶん非売品)は非常に役に立ちそうですhappy01

そして、升田純先生のお話もおもしろかったなあ

升田先生は裁判官をなさった後、弁護士になった方で著作も多いのです。先生のご本を買ったことがあったので「この人が升田先生かsign03」とびっくり

どんなお話かとワクワクしながら聞いてくと・・・非常にぶっちゃけた話をしてくれる先生でした。

若干ご紹介しますと(ちなみに内容は、タイトルとはほとんど関係ないものでしたsweat01

1.トラブルは、発生すると、悪化する傾向にある

2.法律問題を複雑にするのは、法律だけでなく、関係する”人の個性”や”関係性”が大きく反映

3.法律で解決できるのは、ほんの一部

日頃、感じていることを長い間、裁判官をやっている升田先生がズバっと言ってくれたので非常にスッキリした気分になりましたshine

特に、2です。全く同感

となると、私がやっている方向は大きくは間違っていないな、と自信がつきましたnote

ここには書けない更にぶっちゃけた話をいろいろとして下さいましたが、ご興味のある方は他の日時・会場でお聞きになってみて下さい。

終了後は、東京司法書士会の研修講師のために四谷へ移動

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

裁判所でセミナー

司法試験を目指す学生さんたちの中には、「裁判所事務官」の試験も同時に受けている方がかなりいるようですね。

法学部を卒業する人たちにとって人気の職種の一つといえるのではないでしょうか?

私の大学時代の友人も複数名、裁判所に勤務しております。

そんな人気を反映してか

新潟地裁では、今年の1月21日(火)12:45~16:30で”裁判所見学セミナー”が行われた模様

どんな仕事をするの?採用試験は?
そんな疑問を解消するため,裁判所見学セミナーを開催します!
実際の職場を見て,職員の話を聞いてみてください!

これ、全国的に実施されているのですね。

http://www.courts.go.jp/saiyo/index2.html

そして、もう一つ。

家裁では、家裁調査官を県内の4年生大学又は大学院へ派遣する事業も開始したようです。

http://www.courts.go.jp/niigata/about/osirase/kousihaken/index.html

1 派遣先
  新潟県内の4年生大学又は大学院

2 内容
  家事及び少年問題に関する心理学,社会学,社会福祉学,教育学及び法律学等の大学のゼミ等での講義,家庭裁判所調査官の職務内容に関する説明及び質疑応答

3 申込方法
  講師派遣を希望する日の約1ヶ月前までに,派遣依頼文書(同ページ内に掲載中)に必要事項を御記入の上,以下の【郵送先】まで郵送してください。
  なお,派遣費用は必要ありません(無料)。

これらって、県内の学生に向けた裁判所の事務官等のリクルート?

1~2年でいいから裁判所で事務官の仕事をしたら、だいぶ実務の疑問が解消できそうだなあと本気で思う今日この頃。

司法書士を雇ってくれる制度とかないでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

「公用文の書き方・用字用語例集」届きました

「公用文の書き方・用字用語例集」届きましたbook

Photo

カギ括弧

カギ括弧「 」は、文中の特定の語句を強調する場合や、法令、判例又は文献等を引用する場合に用いる。なお、「 」の中にカギ括弧を用いる場合は、そのまま重ねて「 」をもちいることとされている。

過去に間違えた記憶がありますbearing

調停センターの規程の中で、大括弧をつけたい!と思ってつけたのですが、法務省の方にダメだしをされた覚えがあります。

知らないって怖いですねsweat01

繰り返し符号(例:各々)の説明のところで、ただし、複合語には用いない。

例 司法書士会会長 とあります(笑)

本当の基本のキが満載で、送り仮名の用字用語例集もお役立ちsign01

勉強しますhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

人はなぜ集団になると怠けるのか「社会的手抜き」の心理学

人はなぜ集団になると怠けるのか「社会的手抜き」の心理学  を読んでいます。

釘原直樹著 中公新書

25938971_1

書評で知り、まさに「人はなぜ集団になると怠けるのか」を知りたかったのと、例えば調停を実施する際にも、グループ(申込人・相手方・調停人・ケースマネージャー・書記)ができ、その中で起こるグループダイナミクスとしての動きを探る上で興味があったのでした。

なぜの部分を簡単にご紹介しますと、外的要因と内的要因があり、

前者として

1.「評価可能性」が低いこと~個人の集団への貢献について評価されない

2.努力をする必要がないこと~他の人たちが優秀で自分が努力する必要がない

3.手抜きの同調~正直者が馬鹿を見る

後者として

1.他者の存在による緊張感の低下

2.注意の拡散~自己意識の低下

また、集団のパフォーマンスの章で

グループの中に優秀な人がいて、ひっぱってくれるからよくなるパターン

でも、あんまりその優秀な人に頼りすぎて、その人のやる気がなくなり、低下するパターン

などなどグループの中で起こる動きの具体例を知ることもできておもしろいですhappy01

過去のファシリテーションの研修で、個人で考えるよりブレインストーミングの方が良質なアイディアがたくさん出るというのは違っていることは、すでに知識として知っていましたが、この本でもブレインストーミングでなぜ生産性が低下するのかに関する記述がありました。

最近は単にブレストすればいいというのではなく、ブレストをすることで妨げられる要因を低下させる工夫をした上で、実施しなくちゃなあと思っていたところですが、やはりその工夫は大事ですね。

もう1点、なぜ集団は個人よりも本当に優れているわけではないのに、ブレストをするのか?というところも非常に勉強になりました。

他にもいろんな角度から、いろんな事象から社会的手抜きの構造が解説されており、残りを読むのが楽しみですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

廣田尚久先生の紛争解決学講座を聞きました

先週1月18日は、新潟県土地家屋調査士会主催の研修会に参加しました。この研修会は一般にも開放しているようで、士業以外の一般の方や法務局職員、弁護士さんもおいでになっていました。

Dsc_0591

講師は、廣田尚久先生です。

廣田先生の講義は、一度お聞きしてみたかったのですが、スケジュールが合わず実現せずにおりました。

そうしたところ、土地家屋調査士会さんが呼んで下さったので非常に有り難かったです。

テーマは「紛争解決学、紛争解決規範そして和解

Dsc_0593

講義冒頭、紛争解決学の成立を妨げていた原因の一つとして

”人間の生命が短いこと”を挙げられていました。

これは、弁護士さんに特有な事情から導き出された結論だと感じました。

かいつまんで書きますと、若いうちは紛争解決場面で、要件事実や裁判に重きを置くが、だんだん年齢を重ねるにつれて、それでは解決しないことに気づく、

気づいた頃には、年齢が上がり、その後、別の論理も使って紛争を解決できる期間が限られている、ということのようです。

このお話に愛知県弁護士さんの増田先生から伺ったことを思い出しました。

若い弁護士さんの方が要件事実にこだわる方が多い、

ベテランの弁護士さんの個人的な資質とか努力等によって獲得したスキルで行われた調停・あっせんは合意に結びつくことが多い、

まさに職人芸の世界で、それを後進にどう伝授していくかが、課題であると。

廣田先生の著書にも記載がある解決例を見ますと、日頃からアンテナ高く、広範な知識を取り入れているからこそできる技だなあと感じました。

5時間の予定でしたが、興味深い内容が多く、あっという間でした。

最後に先生の著書にサインを頂戴することもでき大満足でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

「公用文」で疑問出し

日本加除出版さんが出版している「法務通信」の中の連載記事「司法書士 ひろば」について、新潟県司法書士会に執筆依頼があり、会長のご指名により2月号を担当することになりました。

実はこの連載に寄稿するのは2度目です。

何度も書いたことある方、きっとたくさんいるでしょうね。

文書作成に苦手意識があるので、ヒヤヒヤしながら編集部へ原稿を送ったところ、先日、校正文書が届きました。

編集部からのFAX送信書に「公用文で疑問出しをさせていただいております・・・」とあります。

校正のお返事の際に「公用文で疑問だし」っていうのはどういう作業をするのですか?と聞いてみたところ

自社で出版している書籍で正しい使用例などを調べて、チェックしているとのこと。

早速検索してみると・・・ありました

これだけは知っておきたい 公用文の書き方・用字用語例

ということで早速、注文sign01

う~、もっと早くに入手しておけばよかった・・・

そうsign01調停センターの規程類を作成するときに、上記を使ってチェックすれば、もっと捗ったかもしれないと後悔したのでしたbearing

表記の仕方(漢字・仮名)や送り仮名の振り方で、これってどうだっけ?という場合、こういう本で調べればよかったんだなあと恥ずかしながら、今頃わかった次第です。

更に調べると、文化庁に「No.21 公用文の書き方資料集」も掲載されています。

これをダウンロードするでもOKですね。

ちなみに、文化庁の資料集は昭和の匂いがします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

映画「永遠の0ゼロ」みました

連休最終日に映画「永遠の0ゼロ」見てきました。

本の方は気になっていながら、読めていなかったのでお手軽に映画で!ってことで行ってきました。

ウルウルする場面が満載weep

お隣は、小学生らしい姉妹とお母さんでしたが、小学生のお姉ちゃんは、ほぼ最初から最後まで涙涙のようでした。

主人公の岡田君の静かな演技がかっこよかったなあheart

そんなおり、昨日(一昨日だったかも)の毎日新聞に”特別攻撃隊”の記事があり、興味深く読みました。

神社の参拝について政治問題になってしまっていますが、そういうのとは全く関係なく、非戦の誓いってことを考えさせられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

白熱教室 幸福学が楽しみです

今年の1月3日からNHKで「幸福学 白熱教室」がスタートしました。

非常に興味あるテーマですsign01

初回1/3はプロローグ特集で ”幸せを見つける鍵”でした。

講義中に説明のあった幸福の3要素は、思わずメモしてしまいましたribbon

1.人との交わり

  幸福は、一人では感じられないということですね

2.親切

  親切心を持って他者に接することが幸福感につながるようです

3.ここにいること

  「今、ここ」に集中することが大事なようです。

  人って、割とぼんやり、他のことを考えて心ここにあらずってこと多いみたいです。

  でも、それは幸福感を感じにくくなるようです。

  例えば、会議中に「あぁ、訴訟の起案しなくちゃなあ・・・とブルーになる」(笑)などです

全5回とても楽しみですhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

またも車の修理・・・

昨年末、お買い物に行って広めの駐車場に停めた時に

あっ、車に傷がsign03sign03

と気づきました。

かなりひどい感じcrying

心当たりがありましたが、まさかこんなにひどかったとは気づかなかったのでした。

で、今年になってやはりみっともないから直そうと思い立ち、修理に出したところ

・2週間かかります。

・修理費は約13万円です。

との言葉にがっくりsweat02

新年始まったばかりなのに、もうこの出費・・・痛いです。

これから冬の雪道本番で危険がいっぱいの新潟県なので、今年こそは気をつけなくてはと決意を新たにしました。

よって、新年の誓いは

安全運転 そして 車を大事にね

ですcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

新潟県女性財団の講座ご紹介~コーチングマネジメント~

公益財団法人 新潟県女性財団主催の講座をご紹介しますheart

働く女性のためのコーチングマネジメント【実践編】

diamond日時:平成26年2月23日(日)10:00~17:00

diamond会場:ユニゾンプラザ2階

diamond参加費:5,000円

diamond講師:丸山結香先生

diamond定員:20名(但し、コーチングマネジメントの基礎を学んだことのある方)

昨年の分ではないけれど、過去にコーチングマネジメントの基礎を受講したことがあるので参加資格はありそう

日程もOKなので、申し込もうっとhappy01

現状、企業、その他で女性管理職は増えつつあるものの、旧来型の組織風土のもとではせっかく学んだマネジメントスキルもなかなか実践できないですよねえ。。。

でも!学び続けたいと思っています。

それから、遅ればせながら、このお正月に「LEAN IN」を読み始めたところです。

まだ1/3くらいしか読んでいませんが、TEDで見た内容を更に詳しく説明してあり、納得の内容です。

ハイディとハワードの実験(簡単に書きますと、同じことをやっていても、男性としてやると好感度は高く、女性としてやると好感度が低い)は、現実をまさに示しているなあと思いました。

昨日、テレビで新潟県の財界の新年祝賀会の様子を放映していましたが、男性しか映っていませんでしたが、これも現実

少しずつでも女性リーダーが増えることを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

仕事始め

仕事始めの今日

眠いですsweat01

お正月の間の夜更かしの癖が抜けず・・・

やっぱり仕事をするって大事なんだなsign01って改めて思います。

さて、昨年はモノが壊れた一年でした。

NASを入れ替え、パソコンが壊れ、車をこすり、掃除機が壊れ、ボイスレコーダーが壊れ

とどめは年末のレーザープリンターsweat02

年始に注文しようと思っていましたが、年賀状の印刷などもあり、どうにも我慢できず

12月30日にネットで注文

12月31日に届きましたshine

あんなに重いモノを年末に届けてくれた佐川急便のお兄さんに感謝・感謝ですsign03

新しいプリンターで快適に仕事ができま~すhappy01

本年もお客様に喜んで頂けるような仕事をすべく頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は、多くの皆様にお世話になり、誠にありがとうございました。

新しい出会いもあり、ワクワクすることの多い1年でした。

昨年末には、以前県庁で農業関係の女性向けに行ったセミナーのご縁から、新発田地域振興局の方から

「農村女性の社会参画、経営参画をすすめるための研修会」にて講演の依頼を頂戴しました。

私にとっても新しい挑戦になりますので、とても楽しみです。

このお正月休みの間に、構想を練りたいなあと思っていましたが、自分に期待しすぎたみたいです(汗)

新潟県に住んでいる女性司法書士として、農業に従事する女性の立場が少しでも向上するようにお手伝いする機会を得たことは、嬉しいことでした。

安易な話に終わらないように、知恵を絞ってがんばりたいと思います!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »