« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

新潟県警より講師依頼 嬉しいです!

昨年、初めて「けいさつ相談担当者専科」の講師をさせて頂きました。

新潟県司法書士会調停センターが昨年3月12日に認証されたことに伴い、当会の副会長が宣伝がてらアレンジしてくれたのですhappy01

K副会長、ありがとうございましたheart

それが

なんと

今年は

直接、新潟県警より上記講師のご指名頂きましたshineshine

嬉しいなあheart04

また、あの元気のよい挨拶を聞けると思うと・・・今から楽しみですhappy02

ということはさておき、もちろん講義もきっちりわかりやすく作り込んで頑張りますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

日本司法書士連合会主催 不動産ADRシンポジウムのご案内

今週の火曜日は、日司連のADR推進委員会に出席のため上京

本年度最後の委員会になりました。

そして、本年度の最終事業はコチラsign01

Photo

申込みは日本司法書士会連合会の下記サイトから行って下さい。

http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/event/20140312/index.html

普段お話を聞く機会の少ないマンション管理士さんなどの貴重なご報告などが聞けますhappy01

私も報告・パネルディスカッションともに楽しみにしていますnote

平日の午後ですが、お時間ある方は是非おいで下さい!

参加費無料ですよshineshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

働く女性のためのコーチングマネジメント<実践編>に参加

昨日は、公益財団法人新潟県女性財団が主催する

働く女性のためのコーチングマネジメント<実践編>

に参加しました。

講師は、有限会社MAX・ZEN 代表取締役 丸山結香先生

時間は10:00~5:00まで

参加者は16名でした。

コーチングマネジメントの座学のみの方は2年ほど前に受講し、今回は実践編ということで楽しみにしていましたnote

今回の講座はタイトルからして参加者は、企業の管理職の方が多かったですね。

普段、お目にかかる機会がない属性の方が多かったので、非常に新鮮でした。

実践編ということで、最後のパートでショートコーチングをやってみたのですが、非常に難しかったです。

さて、今回の講座で一番心に残ったことは

人は言葉を”装う” そして嘘をつく

言葉とはあいまいなもので、なぜその言葉を使うのか?ということを考えることが大事だということ(関川解釈)

コミュニケーション・モデルで説明されるように、まず自分の内面を言葉として表現すること・そしてそれを伝えること・相手が受け取ること・解釈すること、それぞれの中で阻害するものがあり、正確に伝えることが難しい。。

私の場合は、まず言葉として表現する段階で、相当躓いている感じがするのです。

ある意味、言葉を紡ぎ出すことがコンプレックスなのかもしれません。

そして、言葉は凶器になる・・・と実感した研修でした。

折しも、学生がLINEのやりとりの結果、自殺教唆で逮捕されたという記事を目にしたところ

言葉に鈍感にならないようにしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

胎内市 農業とくらしを考える女性のつどいで講演

本日は胎内市及び胎内市農業協同組合共催の「農業とくらしを考える女性のつどい~見つけよう!女性の視点・センスで地域を元気に!!」にお呼びいただきました。

会場は、胎内市農業協同組合本店

時間は1:30~4:30

胎内市は、チューリップが特産

P1030793_2 

講師台にもきれいなお花が飾ってあり、心遣いに感激shine

さて、第1部は講演で”今より2歩、前に出るためのヒント”

なんと、(事前に聞いていなかったのですが)胎内市の副市長さんや農協の組合長さんまで、講演にご参加いただき恐縮coldsweats01

ちょっと・・・講演の内容が・・・sweat01

広い心で聞いてください!<注:願望>

第2部は、ワールドカフェでディスカッション

テーマは”役職についてとの話が来たときに「ハイ!」と言えるようになるにはどうしたらいいか?”

胎内市の担当のWさんが、おいしいお菓子を手配してくださり、お花もある本当に素晴らしいセッティングをして下さいました。ここにも感謝・感激shine

そもそも、このような研修会を企画できる胎内市さん自体に、わたくし感動なのです。

今回の参加人数は56名くらいで9グループ作ってもらったのですが、こんなに多くのグループがあり、かつ全員が初心者というワールド・カフェは初めてなので、若干心配しました。

が、なんだか、皆さん、なじんでますhappy01

第1ラウンドは、各グループを回りながら説明が必要でしたが、第2ラウンドになると皆さん徐々に慣れてきて、もう自分たちでしっかり話し合いができていました。

席を替わる時も、「~さん、こっちあいてるよ!」とか声がかかり、すんなり席替え完了

P1030790

P1030791 

最後の発表も初めてで、引っ込んでしまいそうなところをそのグループのホストの方が手伝って発表できたりと、皆さん本当にがんばってくれました。

私にとっても初めての分野で、初チャレンジの内容でしたが皆さんに喜んでもらえて本当に嬉しかったです。

ご参加の皆様、胎内市役所の皆様、ほか関係者の皆様

大変お世話になり、ありがとうございましたsign03

P1030806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

みなとぴあと旧小澤家住宅に行ってみました

昨年、南山大学の研修でご一緒した方が2月に長岡市でラボラトリー・トレーニングのトレーナーをされるとお聞きしたので、来県された時にはお会いしましょうとお話していたところ、実現しましたhappy01

お会いできたのが昨日の午前中だったので、新潟市をご案内することにし、「新潟市歴史博物館みなとぴあ」に行ってきました。

実は私も「みなとぴあ」初めて。建物キレイでした。

地元の人ってそんなものですよね。

行ってみると、「みなとぴあ」から800メートルくらいのところにある”旧小澤家住宅”の見学チケットと一緒に購入すると400円になるというので、そちらを購入。

ここも初めて

Dsc_0606

そういえば、新潟大学の学生さんが何かイベントやるって、ってテレビのニュースで言ってたなあ、ココのことか!と思い出した次第。

今のシーズンは、おひな様を飾ってありました

Dsc_0604

他にもいくつかあって、気持ちが華やぎましたshine

偶然に南山でお会いし、また新潟の地でもお会いすることができ、楽しい時間を過ごすことができたことに心から感謝した一日でした。

人の出会いっていいなあ、ってつくづく思いました。

その日は、午後から本会で調停センターSmileの会議。

午後は、予算案・事業計画など、メンバーでしっかり協議。

次年度も頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

花粉症の季節になりました

先週あたりから、花粉・・・関知sign02

今週に入り、本格的に目の周りに重苦しさを感じるようになりました。

ああ、ついに始まったか。。。

ということで昨日から花粉症のお薬を飲んだところ

今朝は、眠いsleepy

そうだった!花粉症のお薬飲むと眠くなるんだったsweat02

これから5月くらいまで、特に午前中は、ぼーっとしていると思いますsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

平成26年度 レビン小林久子先生のトレーニング ご案内

例年、九州大学主催で行っていたレビン先生の調停トレーニング

レビン先生が同大学を退官されたことに伴い、平成26年度からはプライベートで行うようです。

ずーーーっとレビン先生のトレーニングを受講されている行政書士さんが中心になって開催される模様

http://mediation.jp/

日時:平成26年5月9日(金)~11日(日) いずれも9:30~17:00

場所:岩手県盛岡市 (財)岩手教育会館 2階第2会議室

内容:調停理論の解説、スキルの説明、スキルの練習とロールプレイ

費用:35,000円

募集人数:30名

申込先:行政書士伊藤浩事務所 伊藤 浩
TEL 03-3835-1550   FAX 03-3835-1551
メール itoh@itoh-office.jp

ご興味のある方は、是非どうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

日本ファシリテーション協会 新潟サロンの打ち合わせに参加

この週末は、その前の週末以上に雪の影響が大きく、各地で大混乱の様子。

被害に遭われた方や被害を被っている地方の皆様の復旧が早くなされますようお祈りします。

さて、私は昨日、新潟市のアルザ万代で開かれた日本ファシリテーション協会 新潟サロン(愛称・ファニー)の打ち合わせに参加してきました。

新幹線で往復したのですが、やはりダイヤは乱れておりましたね。

ファニーは冬期間は冬眠するということで、1月~3月の間は、メンバーのみが参加して前年の活動のふりかえりと今年の活動予定などを話し合います。

1月の打ち合わせには不参加でしたが、2月の打ち合わせには参加できました。

今年は、担当者割をし直したり、新たな体制に向けた準備の年になりそうです。

そして、例会の内容についても、○月は誰、何をするかについては担当者任せ、というような決め方ではなく、一定のラインを引いた内容としていくことが決まりました。

昨年の例会のアンケート結果を縷々見て参りますと、講座の提供側と受講者側の間にあるギャプみたいなものを感じていました。

個人的には、これって、よくコンサルの方がよくおっしゃる分野の特定をしっかりして、ターゲトである顧客にそれをアピールしないと集客できない、というようなことだと理解しました。

例えば、”早い、安い、うまい”の牛丼屋に行きたいと思っている人に、手間のかかった高級な会席料理の宣伝をしても・・・ということなんじゃないかな、と思うわけです。

それとともに、自分自身のことを振り返りますに、ファシリテーターとして能力不足の面が否めないな、そして、プログラムを作ることの難しさを非常に強く感じた結果となりました。

ファニーに入会したその年に、いきなりメインファシリテーターをやり、その翌年である昨年もメインファシリテーターをやらせていただいた訳ですが、やはり時期尚早であったのだろうなあと反省しています。

なんともコワイモノ知らずでしたね(^_^;)

今年は、2年前に行けずに残念な思いをした南山大学の公開講座の中で「アドバンス体験学習~ファシリテーター・トレーニング」に是非参加したいと思っています。

きっとものすごくハードなんだろうなあ。。。。

でも、精進いたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

法務大臣認証のための規程作成作業お疲れ様!

本年度は、日本司法書士連合会のADR委員会の委員をしております。

平成26年に入って、これから認証を取得する単位会の「法務省事前相談」が続いています。

委員なので、法務省よりチェック&コメントの入った規程類を見る機会を得ておりますが、そのたびに、新潟県司法書士会の規程も修正しなければ・・・という状態です。

法務省からのコメントは的を射ており

う~ん、そのとおり!納得!!

っていうことばっかりなのです。

日本の官僚の皆さん、すごいよね。

でも、一言 言わせていただきたいのですが

新潟県の時にも、その指摘・・・欲しかったbearing

一応、小さい声で言っています。

過去には、スルーしたところが、徐々に規程がブラッシュアップされていく中で、新しい論点が見つかっていくのでしょう。

もしくは、以前と比べて認証申請が少なくなったので、細かいところにも目が行き届くようになったとかsign02

でも、ますます良い規程になっていくはずなので、これから認証する単位会の皆様、頑張って下さいねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

平野歩夢選手 銀メダル おめでとう!!

新潟県はいい天気sun

そして、新潟県村上市出身の平野歩夢選手が銀メダルをとったということで、気分upでございますhappy01 

予選はバッチリ見られたけど、さすがに決勝は夜中の2時頃からということで断念

朝、起きてすぐにテレビをつけたら・・・

平野歩夢選手と平岡拓選手がメダルって聞こえて、飛び起きましたnotes

予選の時から、二人とも楽しんでるって様子がわかり、すごいなあと思っていましたが、本当に結果出してくれましたね。

スノーボードのハーフパイプの試合なんて、オリンピックだからこそ、私のようなおばちゃんでも興味をもってみましたが

すごくCOOLheart

各選手のPVがバックに流れてて、おしゃれな感じshine

しかも、どの選手も撮られ慣れているsign03

平野歩夢選手なんて、観客が多くて気分良かった的な発言されていたし、恐るべしTeenagerって思いました。

そして、なにより・・・平野選手も平岡先生もイケメンでかっこよかったheart04

お陰様で、元気もらいましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

関東ブロック司法書士協議会調停研修会

2月8~9日は、新潟県司法書士会にて関東ブロック司法書士協議会の調停研修会がありました。

関東ブロック協議会の中で今年、正式にADR委員会が立ち上がった後、最初の事業になります。

週末は関東で20年に1回の大雪の予報で、参加予定の皆様が無事にたどり着けるか本当に心配しましたが、山梨県以外の皆様は無事に到着。

30名弱の参加者で密度の濃い研修会となりました。

講師は、神奈川件司法書士会の稲村厚さんです。

一日目は「司法書士のためのコミュニケーション体験学習」

二日目は「がっちり調停ロールプレイ」

P1030785


P1030786

参加者の皆様からは活発な意見が出され、それぞれに気づきが多かったことと推察します。

皆様、遠方までありがとうございましたhappy01

さて、以下は個人的な感想を書いてみます。

この研修を受けながら、終始頭の中にくすぶり続けたことがありました。

それは「インポスター・シンドローム」のこと

今月21日に頼まれている講演会の中でお話することについて、ずっと考えているのですが、その中にどうしても入れなければならないなあと思っているトピックスです。

インポスターとはペテン師のことで、簡単に書きますと 自己評価が低く、うまくいったことはすべて周りのおかげや運であると思う傾向のことです。

女性に多い傾向と言われています。

昨日は、完全にペテン師になった気分でした。

もう一つ、最近は少し忘れかけていたのですが、今回の研修を機にまたチクチクと痛み出す部分がありました。

なかなか苦しいわけですが、考え方の修正を図らなければならないなあと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

外国へ日本法人の商業登記簿謄本を出す場合

昨年末、外国へ日本法人の商業登記簿謄本を出すための準備をしたので備忘録的に以下に記載します。

準備は3ステップです

diamondステップ1

法務局で商業登記簿謄本を取得。それを本局の総務課で当該地方法務局の局長の証明をつけてもらう。

このとき、所定の「証明申請書」に記載必要

費用は無料

diamondステップ2

法務局長の証明をつけた謄本と外務省指定の「公印確認申請書」とともに”外務省 領事局領事サービスセンター 証明班”へ郵送

ちょうど平成26年1月1日から新書式になったとのこと

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000550.html

司法書士等の場合、申請書に司法書士であり、業務上の請求であるという箇所にチェックを入れ、送信時の「送り主」と同封の返信用封筒等の宛先が同じ司法書士事務所等であれば当該会社からの委任状は不要です。

これ非常に便利です。

なお、送るのも郵送、返送も郵送の場合、10~2週間かかるとの記載がありましたが、昨年末12/24に送ったところ、なんと12/28に事務所に届きましたsign03

やっぱり年内の仕事は年内に片付けたいんだなあと思いましたcoldsweats01

年末に送ってしまってよかった!と思った瞬間でしたね。

公印証明としては、法務局長の印の上に更に青色のインクで印がおされ、その下の方に外務省の担当者の方のサインが入っていました。

こちらも費用無料です。

diamondステップ3

上記の謄本を認証してもらうために提出する国の領事館又は大使館へ持って行く。

私の場合は、中国領事館でしたので、その場合は

・公印確認後の謄本とそのコピー

・本人確認ができるもの

・司法書士が代理する場合は委任状+司法書士の本人確認できるもの

を持って領事館等へ提出(郵送不可/返送は着払いでしてくれます)

費用は1通5000円でした。

各国によって必要書類と「申請書」が違うと思うので、ご確認下さい。

なお、大使館・領事館では基本的に現金を扱わないそうで、ラーメン屋さんの食券みたいな機械がありましたflair

Dsc_0590

追加

公文書と私文書の違いは、このページがわかりやすいです。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000607.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

第8回 ADR法に関する検討会

法務省でやっている「ADR法に関する検討会」ですが、第8回まで議事録等が公開されています。

http://www.moj.go.jp/housei/adr/housei09_00036.html

やっと今頃、第8回の議事録を読みました。

ADR法付則第2条で

「政府は、この法律の施行後五年を経過した場合において、この法律の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。」

とあり、上記検討会が行われているわけです。

次回12月に実施された第9回の議事録も気になりますが、第8回の議事録を読む限り、ほとんど改正はないなあという印象ですね。

ただ、この第8回議事録は非常に興味深いことが書かれていました。

例えば、証拠制限契約について(論点としては「調停手続法の制定」の部分)です。

この証拠制限契約を規程に盛り込んでいる認証センターは、30あるようで、具体的には、スポーツ仲裁機構、日本商事仲裁協会、京都弁護士会、そして各司法書士会です。

メディエーション手法を考えたときに、これは規程に盛り込みたくなるんじゃないかあと個人的には思うわけですが、多数派ではないと認定されている模様

そして、裁判官の委員の方からは

裁判所の調停の場合「事前の準備が非常に重要」

「従前の交渉経緯はどうだったんでしょうかと聴いたら、いえ、それは話せませんと言われますと、えっということになります。裁判所が質問しても答えられないようなルールを設けられるのは、困るというのが正直なところです。」

とのご意見が出ておりました。

なるほど、裁判所的にはそういう見解かということがわかりましたねflair

もう一つ「財政基盤の充実」の論点でも、かなり率直な意見が出ています。

結論としては、法務省からはADR事業を推進するようなお金は出ないdown・・・ということのようです。

 裁判所 > ADR

って感じかなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

新潟県民のためのメディエーション

先日の毎日新聞に新潟県の県民性として

真面目で親切

ということが載っていました。

根拠はこちら

http://mainichi.jp/area/niigata/news/m20140204ddlk15040008000c.html

県警会計課は、昨年1年間の落とし物の取り扱い状況をまとめた。県内で現金を落とした人が届け出た遺失額は約3億1290万円で、うち約1億4300万円が拾われ、落とし主の手元に戻った。遺失額に対して現金が戻った割合を示す返還率は45・7%で、例年30%ほどである全国平均を大きく上回った。同課は「真面目で親切な人が多いという新潟の県民性が影響しているのでは」と推測

ちなみに私が最近、考える県民性としては

遠慮しすぎ

です。

理由は・・・

親切というわりには、新潟県民って他者に積極的に協力するということが少ないよなあと思っていたところ、

「こんなこと言ってもいいかな?」「こんなことしてもいいかな?迷惑じゃないかな?」と遠慮しているうちに結局、何もしない・・・ということなのではないだろうかと思い至りました。

なんでこんなことを考えるかというと、私が研究しているメディエーションですが、結局は新潟県民の皆様に利用して頂きたいからです。

ということは、新潟県民向きのメディエーションを、広報を、やり方を工夫しなければならない!ということですよねflair

メディエーション自体は海外から来ているモノですが、話し合い・対話の源流は日本にもあるわけで、理論的なところなどは参考にしますが、やはり地元におけるアレンジはある程度必要ではないかと思うのです。

イギリスでは、アメリカでは、ということに拒否反応を示す方も結構いますしcoldsweats01

一方、欧米のものをやたら信奉しすぎるのも、ちょっと。。。

新潟県民の皆様に受け入れられるような何かいいアイディアはないかなあと日々模索しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

幸福は伝染する!

先週金曜日のNHK「幸福学 白熱教室」を見ていたら、興味深いお話がありました。

幸福は伝染するsign03

講師のロバート・ビスワス・ディーナー博士が調査によれば、幸福感を持つ人・そうでない人を点で表すと、幸福感を持つ人がグループを作っていたとのことです。

友達に伝染

友達の友達にも伝染

残念ながら4人目くらいになるとガタッと伝染しずらくなるようなデータがありました。

これに類似する内容は、あちこちで語られているところですが、実際のデータを見せられると納得感が増しますねflair

先週末は、幸福感いっぱいの静岡のSさんと二人女子会でヴィネスパに行ってきましたspa

温泉で癒やされ、美味しいディナーを食べ、幸福もたっぷり伝染させて頂きましたheart04

いい週末だったなったなあheart

ということで今週も頑張りますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »