« 胎内市 農業とくらしを考える女性のつどいで講演 | トップページ | 日本司法書士連合会主催 不動産ADRシンポジウムのご案内 »

2014年2月24日 (月)

働く女性のためのコーチングマネジメント<実践編>に参加

昨日は、公益財団法人新潟県女性財団が主催する

働く女性のためのコーチングマネジメント<実践編>

に参加しました。

講師は、有限会社MAX・ZEN 代表取締役 丸山結香先生

時間は10:00~5:00まで

参加者は16名でした。

コーチングマネジメントの座学のみの方は2年ほど前に受講し、今回は実践編ということで楽しみにしていましたnote

今回の講座はタイトルからして参加者は、企業の管理職の方が多かったですね。

普段、お目にかかる機会がない属性の方が多かったので、非常に新鮮でした。

実践編ということで、最後のパートでショートコーチングをやってみたのですが、非常に難しかったです。

さて、今回の講座で一番心に残ったことは

人は言葉を”装う” そして嘘をつく

言葉とはあいまいなもので、なぜその言葉を使うのか?ということを考えることが大事だということ(関川解釈)

コミュニケーション・モデルで説明されるように、まず自分の内面を言葉として表現すること・そしてそれを伝えること・相手が受け取ること・解釈すること、それぞれの中で阻害するものがあり、正確に伝えることが難しい。。

私の場合は、まず言葉として表現する段階で、相当躓いている感じがするのです。

ある意味、言葉を紡ぎ出すことがコンプレックスなのかもしれません。

そして、言葉は凶器になる・・・と実感した研修でした。

折しも、学生がLINEのやりとりの結果、自殺教唆で逮捕されたという記事を目にしたところ

言葉に鈍感にならないようにしたいです。

|

« 胎内市 農業とくらしを考える女性のつどいで講演 | トップページ | 日本司法書士連合会主催 不動産ADRシンポジウムのご案内 »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59191045

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女性のためのコーチングマネジメント<実践編>に参加:

« 胎内市 農業とくらしを考える女性のつどいで講演 | トップページ | 日本司法書士連合会主催 不動産ADRシンポジウムのご案内 »