« ADR法に関する検討会報告書 | トップページ | 千葉県 袖ケ浦福祉センター養育園事件で思うこと »

2014年3月26日 (水)

国際家事ADR

法務省のADR法に関する検討会の最終回議事録の中に、検討会の委員のお一人である弁護士の渡部晃先生より

「国際家事ADRのシステムを作る仕事をしている」

とのご発言がありました。

ハーグ条約の発効が4月1日のようなので、ハーグ条約国内法の施行も4月1日なんでしょうね。(違っていたらご指摘下さい!)

それに伴い、準備を進めていらっしゃるようです。

ハーグ条約実施法についてはこちらのページが詳しいです。

国際家事調停は、東京家裁と大阪家裁の2カ所で実施されると聞いていますので、さすが東京の弁護士さんは動きが速いですねsign01

家事で

英語で

とういうことで、司法書士たる私には、全く遠い世界のことですが、裁判所・ADRともにどういう風な運用になっていくかはとても興味がありますhappy01

|

« ADR法に関する検討会報告書 | トップページ | 千葉県 袖ケ浦福祉センター養育園事件で思うこと »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59357830

この記事へのトラックバック一覧です: 国際家事ADR:

« ADR法に関する検討会報告書 | トップページ | 千葉県 袖ケ浦福祉センター養育園事件で思うこと »