« 判例をよむ 簡裁損害賠償請求訴訟の実務 届きました | トップページ | 3年たってからできること »

2014年3月10日 (月)

「元気になる会議」ホワイトボード・ミーティグの進め方 に参加

先週末は、公益財団法人 新潟県女性財団主催の

「元気になる会議」 ホワイトボード・ミーティグの進め方

に参加しました。

キャンセル待ちでやっと参加できたので嬉しさも倍増heart

講師は、株式会社ひとまち 代表取締役 ちょんせいこ さん

P1030812

昨年、二日間 せいこさんの講座を受講し、

失敗ゼロ

っていう視点を示して頂き、非常に勉強になりました。

今回は、更にホワイトボード・ミーティグで行う”ケース会議”の手法も勉強できると言うことでものすごく楽しみにしていましたshine

日頃参加するカンファレンスが

何時間もやっているのに結論が出ない。。。

次回になると、話が元に戻る。。。

など、こんなのをなんとかしたい!!という強い要望を持っていたところです。

司法書士も被後見人さんのカンファレンスに参加する機会が増えていると思いますが、このホワイトボード・ミーティグで行う”ケース会議” すごく使えると思います!

ただ、現実は・・・権威がホワイトボード・ミーティグを嫌うだろう、という懸念がありますが

それから、今回気づいたのは、通常のファシリテーション・グラフィックは制約・約束事が多くて、それがハードルあげてるなあってこと。

こちらのホワイトボード・ミーティグはずっと・ずっと、始めやすいです。

イラスト書かなくてもいいです。これ(特に司法書士にとっては)重要

例えば、こんな感じ

P1030822

あぁ、参加してよかったぁ。

県央地区でも、チームができるといいなhappy01

|

« 判例をよむ 簡裁損害賠償請求訴訟の実務 届きました | トップページ | 3年たってからできること »

ファシリテーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59270310

この記事へのトラックバック一覧です: 「元気になる会議」ホワイトボード・ミーティグの進め方 に参加:

« 判例をよむ 簡裁損害賠償請求訴訟の実務 届きました | トップページ | 3年たってからできること »