« 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 | トップページ | 南山大学のアドバンス体験学習 受講確定! »

2014年4月20日 (日)

弁護士会・社会福祉士会・リーガルサポート 合同勉強会に出席

昨日は、午後3:00~6:00まで新潟県司法書士会館にて

弁護士会・社会福祉士会・リーガルサポート の成年後見に関する合同勉強会があったので参加しました。

今回は第二回目で、主幹はリーガルサポート(司法書士)でした。

まずは、3会の簡単な活動報告のあと、6グループに分かれ「事例検討」を行いました。

検討課題は6個

自分が知らない分野のことをお聞きできる貴重な機会で、今回もとても勉強になりましたshine

一方、ファシリテーションをやっているはしくれとして、気になることが。。。

司会役・書記役・発表役を決めて、話し合いをしたのですが

検討結果を書く道具が「プロッキー」ではなく、マッキー

つまり、紙が裏移りするので、新聞紙登場

調停センターで購入しているプロッキーがあるんだから、それ使えば新聞紙いらないのに、とか

1グループの人数がちょっと多い印象で、発表時間を1時間とっているならば、1グループの人数を4~5人にしてもいいんじゃないかな、とか

女性だけが固まっていたりしたので、グルーピングをもうちょっと工夫してもいいんじゃないかな?とか

このところ”グループで検討し、それを発表する”という活動があちこちで行われていますが

・もうちょっと場作り工夫すれば、もっと議論が盛り上がるのになあ

・模造紙の書き方もちょっと勉強すれば、もっとキレイにわかりやすく書けるようになるのになあ

・全体シェアの仕方も、もうちょっと配慮すると意見が出てくるのになあ

と思うことが多いです。

ちょうど、昨日は日本ファシリテーション協会 新潟サロンでファシリテーション基礎研修会が開催されていました。

例えば、合同勉強会3会の皆様がそれぞれ各会ごとにファシリテーションの基礎をやってみると次回はもっと違うものになるんじゃないか、なんて考えた次第。

ただ、私、リーガルサポートの運営には全く関与していない部外者なので、そういう提言もする立場にないのでございますsweat01

そして私自身、まだまだ勉強中なので、大きいことはいえないわけですが、今回の勉強会で、どうしたらもっとよくなったか?を自分がファシリテーターをやってみる時の参考として考えてみたいと思いました。

|

« 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 | トップページ | 南山大学のアドバンス体験学習 受講確定! »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59500422

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士会・社会福祉士会・リーガルサポート 合同勉強会に出席:

« 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 | トップページ | 南山大学のアドバンス体験学習 受講確定! »