« 日司連 司法書士ADR推進委員会の会議に参加 | トップページ | 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 »

2014年4月17日 (木)

調停センター運営委員会の運営の工夫

先日の新潟県司法書士会調停センターの運営委員会で

本年度の「目標」と「やってみたいこと」を委員一人一人に発表してもらいました。

どれも自立的・前向き・積極的な素晴らしい意見ばかりで、委員会メンバーの能力の高さを改めて実感したところです。

そんな中、委員のお一人から

委員がやりやすくなるような書式を作りたい

というご意見が出ました。

ありがたいですねhappy01

その前に、まずは委員の間で書類の共有がなされていないことに気づかされたので、ドロップボックスを活用することにしました。

委員の方からも”便利ですね~”とのお声を頂きましたnote

もっと早くから使っていればよかった。。。

これで各自が作ってくれた文書をみんなで共有できますsign01

本当は、調停に関する記録もドロップボックスを使えると簡単で便利なのですが、さすがに無料のサービスだとデータの流出が心配で使えないのです。

この点をどうしたらいいか?まだまだ検討していかなければなりません。

|

« 日司連 司法書士ADR推進委員会の会議に参加 | トップページ | 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59483188

この記事へのトラックバック一覧です: 調停センター運営委員会の運営の工夫:

« 日司連 司法書士ADR推進委員会の会議に参加 | トップページ | 日本仲裁人協会「調停人養成講座入門編」のご案内 »