« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

ファシリテーション~場のデザインのスキル

あさって平成26年5月31日(土)は本年度第1回目の日本ファシリテーション協会新潟サロンの5月例会があります。

人気講師のためか、お陰様で満員御礼でございますheart04

テーマは

ちょっと待って!会議を始めるその前に

ということで、”場のデザインのスキル”を扱います。

過去にファシリテーション基礎講座を受講したものの、まだ不勉強で、”場のデザインのスキル”って何だったっけ?という状態ですsweat01

この5月例会では、事務方として参加しているので、若干予習しておかなくては・・・と考え過去の資料を見直しました。

場をデザインする5つの要素とは以下のものになります。

1.目的

2.目標

3.やり方とスケジュール・時間配分

4.メンバーと役割分担

5.ルール・方針

そうそう、思い出してきたcoldsweats01

私も自分が所属する会議では、上記のことをかなり意識して進めているつもりだったのですが、それが、”場のデザインの要素”というものだったのね、改めて意識することができました。

あさっては、たくさんの講師経験のある尊敬する先輩ファシリテーターさんによる講座で、久しぶりにファシリテーションの基礎を勉強できるし、とても楽しみですheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

使い慣れた六法から離れられない。。。

大学生の頃は、先生から「ポケット六法などの小さいモノは毎年買い換えて、模範六法は数年おきに買い換える」ようなことを言われた記憶があります。

司法書士になってからは数年おきに、判例六法を買い換えてきました。

やっぱり、使い慣れた、書き込みのある古いものをまず見てしまうのですsweat01

改正があるとどうしても買い換えなくちゃいけないので、ホントに迷惑ですbearing

改正といえば・・・平成18年の商法から会社法への改正は、本当に大きな改正で大変でした。

若手の集まりでセミナーをやったり、資料を作ったりしたので、その時に買った商事法務の「会社法・整備法全条文」は書き込みも多く、今まで便利に使ってきました。

司法書士の仕事をする上で条文は基本ですし、うっかり忘れていた知識なんかも重要ポイントについての書き込みがあるので、思い出したりできて重宝なのです。

しか~し、平成25年の改正についての記載があるものが必要だろうなあと考え、新しいものを購入

P1030873

先日、種類株のことについて調べていた時に、同職の先輩司法書士さんから教えていただいた金子登志雄先生の本も同時に購入。(同じ出版社でした)

http://esg-hp.com/

今まで横書きの条文集だったのが、縦書きになったので慣れるまでちょっと大変そうですが、徐々に書き込みを増やして使い勝手よくしていきま~すhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

フラットな組織こそアサーティブ~森田汐生さんのブログより

ず~~っと気になっていたこと

組織の中における人間関係のトレーニングなんかに行くと、上下関係があったりすることが前提で進むことが多いです。

単純な話 上司と部下のような

しかし、私が組織上の運営で悩むことが多いのは、司法書士という集団においてです。

全員が独立した資格者なので厳密に言うと、上下関係はありません。

ただ、先輩後輩みたいなことがあるだけ。

しかも、私の場合、大学卒業して翌年に司法書士になってしまったので、年上の後輩というケースがものすごく多く、非常に難しいですsweat01

一方、本当に年も下で入会も後の後輩であっても、挨拶もされない、みたいなことがあったり。。。

そんなところに、アサーティブジャパンの森田代表がブログでよい示唆を与えてくれました。

フラットな組織こそアサーティブ

http://www.assertive.org/d/d_1_4/

上下関係があるからこそ、実は言える場面がたくさんあるのですよね。

上は上なりに、「上司だから仕方がない」と腹をくくって話さざるを得ず、部下も「自分は部下だから仕方ない」とあきらめがつくことがあるわけです。

ところが上下関係がない場面では、本当の意味でお互いが自律した「個」として、対等に率直に、建設的な形で意見を述べていかないと、業務の進行、及び組織の成長につながっていかない。

「相手にどう思われるか」「場の空気を壊さないか」「関係が悪化するのではないか」という怖れに振り回されていては、本当の意味で成長することができない。

アサーティブに、自分の意見を堂々と伝え、相手の意見をきちんと受け止める覚悟とマインドがあってこそ、フラットな組織を日本という場で運営することができるのかもしれません。

こういうところにもアサーティブの考え方が生きてくるんだなあと気づき、嬉しくなった今日でした。

6月のトレーニングがますます楽しみになってきましたheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

まるこみーず アフターフォーラム2014

平成26年5月21日(水)午後3:20~

「まるこみーず アフターフォーラム2014」が開催されたので、裏方兼参加発表者として参加しました。

こちらは、にいがた産業創造機構(NICO)の今尾昌子先生による広報講座の参加者の集まりです。

私は平成21年に講座を受講して以来、アフターフォーラムに参加させてもらっています。

今年は19社のご参加がありました。

P1030839

第一部は、参加企業さんの広報・その他活動の発表タイムkaraoke

第二部は、会場のレストラン「ラ・ファットリア」さんで美味しいイタリアンを頂きながらの懇親会restaurant

私は、昨年に引き続き、法律マメ知識をご披露させてもらいました。

毎回、この集まりに出ると県内の企業さんがいかに頑張っているかsign01ということを知ることができます。

しかも、”地元新潟を愛している!”ってことが伝わってきます。

O株式会社のFさんの言葉を借りると

業種は違えど、「新潟ブランド」に誇りを持ち、「地産地消」に拘る皆さんの姿に大変に刺激を受けました!

そして参加者さんが異口同音におっしゃいますが、他の皆さんの工夫や頑張りを見ていると、自分も明日から頑張ろうsign03という気になるんですよね。

今回も、元気チャージさせて頂きましたheart04

こんな風に集まれるのも講師の今尾先生のお人柄とご尽力のお陰と感謝していますheart

また来年もよろしくお願い申し上げますhappy01

P1030869

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

新潟県司法書士会の本会研修に参加

先週の土曜日は、午前中に調停センターSmileの調停ロールプレイ研修会があり、午後からは別の会員向け研修会がありました。

内容は「司法書士の本人確認・意思確認義務について」

平成25年12月7日に開催された日本司法書士会連合会中央研修会のDVD研修でした。

第一部は、「司法書士の本人確認・意思確認についてに関する執務規範」

講師は東京高裁判事の加藤新太郎先生

第二部は、「本人確認等の懲戒事例の分析」

講師は司法書士の石谷毅先生

第三部はパネルディスカッション

時間の都合で第一部と第二部だけ見て、帰ったのですが、ますます司法書士の本人確認・意思確認義務は厳しくなっており、今後の執務スタイルについて再考させられました。

特に印象に残ったのは懲戒事例の分析の中で

本人確認義務違反等の懲戒を受けたケースで、登録後10年~20年の司法書士が全体の3/4を占めていたこと

そして、本人確認・意思確認を怠った理由では、

・金融機関からの依頼で書類が完備されていたから

・過去に何のトラブルもなかった取引のある業者からの依頼だったから

・他の専門職能からの依頼だったから

など、業務歴が長くなるにつれ、しがらみが増えて、本人確認がしずらい状況だったのではないかということがわかります。

なぜ上記のようなことだと「しずらい」のかは、オトナなので書きませんが、日々の本人確認をどうやってきちんとするか(というよりやらせてもらうか)は常々悩みの種ですsweat02

単位会もしくは連合会の方から、隣接士業等に向けて、不動産・商業ともに本人確認・意思確認に協力してもらえるような文書を出してもらえないものか・・・なんて思ったりする今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

新潟県司法書士会調停センターSmile 調停ロールプレイ研修開催

本日、新潟県司法書士会調停センターSmileの本年度第1回目の手続実施者研修を開催しました。

内容は、実際に裁判となり判決が出た案件を使った調停ロールプレイです。

時間は9:45~11:45

今回のロールプレイの最大の特徴は、当事者役を一般の方(4名)にお願いしたこと。

2月に新潟県で開催した関東ブロック司法書士協議会 ADR委員会の研修において、同様に一般の方に当事者役をやって頂いたところ、大変好評でした。

司法書士からも、参加してくれた一般の方からも

という流れで今回も私の個人的ルートを使い、4名の方においで頂きました。

12:30からは本会の別の研修があるので、参加者はどのくらいかな~と思ったところ、8名の参加がありました。

ちょうど2グループで共同調停ができ、少ない参加者というのが非常に良かったです(笑)

今回の研修を経て思うのは、

調停ロールプレイをする時は当事者役は、司法書士以外の方にお願いすること!

今回も(たぶん)参加者全員、非常に多くの学びがありましたflair

初めての方もいらっしゃったので、調停自体の時間は40分と設定しましたが、短かったようです。

しかも、ふりかえりも積極的な意見が出て、充実しましたね~。

調停結果と裁判結果の比較をしようと思いましたが、時間が足りませんでしたsweat01

次回やるとしたら、1案件でも3時間でスケジュールくんだ方がよさそうnote

8月に熊本県司法書士会のADR研修会の講師を承ったところですが、熊本でも、1回は行うであろうロープレでは当事者役は、一般の人に入ってもらおうかなと考えております。

ご協力頂いたYUMIさん、ムネムネ、Hさん、Tさん

本当にありがとうございましたsign03

また、女優お願いしますsign03sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

新潟県警 警察学校専科で講義しました

ここ2週間ほど仕事が立て込み、へろへろの関川ですbearing

しかも、すっきりしない曇りの天気のせいで、頭痛までsweat02

すっかり元気がなくなっている今日でしたが、新潟県警の警察学校へ行って、元気をもらってきました。

Dsc_0634

昨年に引き続き、各警察署の相談担当者の皆様がお集まりになった中で、講義をさせて頂きました。

私の持ち時間は80分のところ、話して欲しいというオーダーに項目が一つ増えていた今年!

各トピックスをちょっとずつしか話せないので、いろいろお土産をつけて(フローチャートなどの資料)、ぱっと見てわかりやすいようにパワポを工夫。

今年も、熱心に聴講して頂き嬉しかったですheart

たくさんご質問も頂きました。

どの質問も、日常、いろんな相談や問題に対処されていることを物語るものばかりで、私も勉強になったなあhappy01

また来年も是非、呼んで下さいねsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

自分(だけが)正しい病

先週の毎日新聞でストーカーになる人の属性に関する記事がありました。

その中で最も中核になると思われるのは

「自分(だけが)正しい病」

「被害者意識」

この記事が意識の中にあるさなか、この属性を持つとストーカーとまではいかなくても、人間関係に亀裂を生じさせるなあと感じる出来事がありました。

この二つって、状況によりだれにでも起こりうる現象なのかもしれませんね。

特に前者は、本当に気をつけないと、すぐに陥ってしまう病なのではないでしょうか。

しかも、罹患すると自分ではなかなか気づくことが難しい上に、他者からのアドバイスをピシャリと退けてしまうことが多いと思うので、

自分がこの病に罹患していないか?

そうだとしたら、どうしたら抜け出せるか?

についてヒントとなることや機会などを常に意識しておきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

Tグループとベーシックエンカウンターグループの違い

本日、マニアックな内容ですsweat01

メディエーションの勉強を初めてから、南山大学の人間関係研究センターに公開講座があることを知り、何度か参加しています。

上記講座の中で、一番拘束時間が長く、トレーニングの最上位にあるのがTグループです。

個人事業主として司法書士一人の事務所で仕事をしている身としては、5泊6日のTグループに参加するのは、無理sweat02

ということで、南山の先生方やその関係者の方が主宰されている「ヒューマンインターラクションラボラトリー(HIL)」の方に参加したことがあります。

それから

産業カウンセラー講座に通っているときに、ロジャーズについて学びました。そこでは「エンカウンターグループ」が紹介されていました。

講座のテキストによると、エンカウンターグループとは

10人程度のメンバーが何日か一緒に過ごし、互いに尊重し合う自由な雰囲気の中で、本音で交流する場所である。ロジャーズはアイルランド紛争や南アフリカのアパルトヘイト問題なども、エンカウンターグループを用い解決しようとした。

HILに参加していた方の中に、エンカウンターグループにも行ったことがあるという方がいました。

これまで、両者の違いってどんなところだろう?と思っていましたが、津村先生が両者の違いをブログで解説してくれていることがわかりましたsign01

http://jiel.sblo.jp/article/94883673.html

上記記事では、第6弾と記載されているので、過去5回の記事を以下に貼り付けてみました。

http://jiel.sblo.jp/article/92335791.html

http://jiel.sblo.jp/article/92579992.html

http://jiel.sblo.jp/article/92849658.html

http://jiel.sblo.jp/article/92924959.html

http://jiel.sblo.jp/article/94038989.html

これからじっくり読んで勉強しますhappy01

最後に

「エンカウンターグループ」と「ベーシックエンカウンターグループ」との違いについては・・・いまだにわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

初任給で買ってもらったプレゼント

本日のタイトルは「初任給で買ってもらったプレゼント」ですが、では誰の初任給かと申しますと

私の事務所の事務員さんの息子さんですhappy01

その事務員さんは、もう10年以上事務所に勤めてくれている大ベテランで、彼女がいないと事務所が回らないのでございます。

事務員さんが私の事務所に入ったとき、息子さんはまだ小学生だったのですが、月日は流れ、なんと大学を卒業し、今年見事に就職されました。

そして今般、私にも初任給でプレゼントを買ってくれましたshineshine

めちゃめちゃ嬉しいですねheart

LEONARDのスカーフです。

P1030837

いまどきの若者は、なかなかセンスいいですねnote

大切に使いま~すhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

新潟県女性財団「トラブル解決力アップセミナー」ご紹介

いつもいつも 有益なセミナーを開催して下さる新潟県女性財団

5月の講座は

日 時:平成26年5月24日(土) 10:00~17:00
講師:鈴木有香先生
参加費:5,000円
定 員:20名
ミディエーションのトレーナーもされている鈴木ゆかぴ先生
(注:ゆかぴ先生は、敢えて「ミディエーション」と表記されます)
過去にも数回、新潟県女性財団でセミナーを開催されております。繰り返し開催されるというのはそれだけ要望が多いということですね。
なかなか日程が合わず、参加できません(今回も)wobbly
異文化間のコミュニケーション等を研究されている先生なので、コミュニケーションの基本を学ぶには最適な講座です。
ご興味のある方は、新潟県女性財団までお申し込み下さいねsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »