« 申し訳ない御社をつぶしたのは私です。 | トップページ | 調停委員はどんな人? »

2014年6月 5日 (木)

カンボジア小学校支援に関する寄付

昨年受講した新潟県女性財団主催の講座

「ロジカルプレゼンテーション」の講師

株式会社HRインスティチュート の内田友美先生から寄付のご案内がありました。

内田先生は、本業と並行して、HRIのミッションであるカンボジアでの学校支援活動をなさっていらっしゃいます。

2004年からベトナム、カンボジアで学校をつくる活動を行い、以来、ベトナム中部の農村、山村地帯で5校に7つの校舎を寄贈してきたとのこと。

素晴らしいですねshine

そして、平成25年からはりカンボジアに支援先を移されたようです。

内田先生のメッセージです。

クラチエという電気も水道もない村の小学校を支援しています。ここはプノンペンから車で7時間以上かかる離村で、洪水も多く、資材の運搬など建設は困難を極めています。

建設中の小学校の校長先生や村長さんたちが道の整備や井戸の修理、植栽の植え替えなど、精一杯の協力で建設費削減の努力をしていますが、
建設費が足りません。

より多くの方に、この活動を知って頂くために、Ready forという寄付金サイトを中心にして、募金活動を行っております。

が、まだ計画の資金に足りておりません。

NPOや政府の支援の手が届かないこの村の子どもたちに学ぶ場所を届けるために、みなさんのご協力をお願い出来ないでしょうか?

若干ニュアンスは違うかもしれませんが、松下幸之助の「企業は社会の公器である」を想起しました。

また、教育の重要性を常々感じている身としては、(勝手に)応援したくなり、本ブログに紹介した次第です!

趣旨にご賛同いただき、ご協力いただけるという方がおられれば、下記サイトからご寄付をお願い申し上げますhappy01

https://readyfor.jp/projects/HRI_CAMBODIA

|

« 申し訳ない御社をつぶしたのは私です。 | トップページ | 調停委員はどんな人? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59762638

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア小学校支援に関する寄付:

« 申し訳ない御社をつぶしたのは私です。 | トップページ | 調停委員はどんな人? »