« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

日本行政8月号 承認理論について

日本行政では、長期間にわたってADRに関する記事の連載をしています。

http://www.gyosei.or.jp/information/organization/publication/back-number.html

今月号は、調停の理論(3) 承認理論について です。

ここ数年、メディエーションのオオモトの理論って何だろう?と思ってきました。

不勉強で、英語が苦手のため、日本人の研究者の方の書籍等でしかわからないため、結論は出ず、という状態。

(少ない知識の中では)レビン先生のご本で登場する「統合理論」が主なものだと思っていました。

でも、何か体系的なものがあるんじゃないか?とも。

それとは別に、メディエーションを勉強すればするほど、南山大学の公開講座等で学べる人間関係論とか、アサーティブなんかも大事だなあと感じるため、大学の講義ではそのあたりも組み込んでいました。

特に、アサーティブからの視点は学生にとってもわかりやすいようです。

そうしたところ、今月号の日本行政でレビン先生は、以下のような記述をされています。

紛争解決の理論は一つではない。現在発見された理論だけでも、交換理論、統合理論、トランスフォーマティブ理論、ナラティブ理論の4種類が存在する。

なるほど。そして

良い解決には単一の理論だけでは十分ではなく、他理論を相互補完的に利用することが肝心ではないか

う~ん、同感です(大先生に対して、非常に失礼ですが)

上記4つともは、本当のホントの詳しい勉強はしたことがないので、わからない部分が多いですが、例えば、トランスフォーマティブ理論はレビン先生が解説しているような「自己変容の提供」は、まさに人間関係論やグループダイナミクスでも扱うところであるし、アサーティブとも親和性があると考えているので、なんとなく理解できるような気がしています。

ナラティブ理論は、産業カウンセラー講座でちょびっと、やったことあったようなsweat01

でも、これでスッキリしましたshine

最後に、自分がこれまで学んできて、大事だと思ったこと全てをフル活用して、紛争解決にあたればいいんだなと改めて感じた今月号でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

くまもんに会えるかな

今週末の8/2(土)は、熊本県司法書士会でADR研修講師をするため熊本へ参ります。

前日の8/1午後に熊本入りの予定

8/1は午前中に

日司連のADR委員会で今年法務省に提出した平成25年分の司法書士会調停センターに関するデータについてブレストします。

平成24年分あたりから日司連の事務局さんがデータをきれいにまとめてくれています。せっかくの重要データを作りっぱなしではもったいないsign03

ということで、データを見て、ブレストしましょうということになりました。

次の戦略を考える上でも、まず、それぞれのデータから何が見えるのか、いろんな目で見て、ディスカッションすることが大事だと思っております。

その後に羽田に向かいますairplane

空港にくまもん、いるかな~、会えるといいな~heart

本日、研修資料もご担当者さんにお送りし、準備もOK

人生初の熊本県なので、楽しみですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

ADR法施行規則に関する改正のパブリックコメント募集中

ADR法施行規則に関する改正のパブリックコメント募集中です。

期間は、平成26年7月22日~平成26年8月21日

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300070018&Mode=0

どう改正するかというと、認証申請の時と毎年の事業報告書の記載事項から

「事業者の役員等の兼職状況に関する記載を廃止する」こと

大歓迎なり

新潟県司法書士会の調停センター担当事務局さんもさぞ、喜んでいることでしょうshineshine

ということで特に意見はないのです。

これとは別の話ですが、7月22日に新潟大学で行ったADRに関する講義の質問・感想票が昨日届きました。

この5年間のうちで、一番反応がよく、感想票もよくかけているものが多かったですheart04

嬉しいなheart

今年も、学生から裁判所の調停委員はどのように選出されるか?という質問が出て、その答えを講義中に説明すると・・・

その日の感想票には

「ものすごく驚いたsign03」という意見が多数あるのです。

調停やメディエーションに対する学生たちの清々しく、率直な感想は是非法務省の方にも読んでもらいたいものだと思ったところ。

先に紹介したパブコメですが、改正自体には異論はないけれど、パブコメに乗じて学生の意見を添付したいくらいです。

たぶん、すぐにはねられそうだけどcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

セコム デビュー

昨日、セコム デビューしました。

父が亡くなり、ふと

困ったときはもう、お父さんに頼めないんだ・・・と気づき

事務所の方もなんとなく不安を感じ、セコムに申し込んだ次第です。

司法書士でも利用されている方は多いと思いますし、今更って感じなのですがsweat01

大通りに面しているし、できる範囲の防犯対策はとっており、なんとなく大丈夫だろうと思いつつ今まできましたが、このたび決断しました。

実際、工事が終わってみると

安心感いっぱいshine

事務所に不審人物が来たときも通報できるし、窓や鍵の閉め忘れも教えてもらえるし、便利機能に感動しておりますhappy01

ただ、使い始めたばかりなので、ちょっとしたチャイムや音声案内にも、いちいち

どきっwobbly

として、慌ててしまうのですが、これから慣れていきますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

大学で楽しく講義できました

本日、15日に行った講義の「質問・感想票」が届きました。

今年の受講生は189名でした。

質問事項をまとめて、回答の準備をしなければならないため、とりあえず全部に目を通したところ・・・

ほとんどの学生さんに、こちらの意図が伝わっているようでよかったですhappy01

ほっ

そうそう、前回のブログで大学の教室の冷房が・・・と書いたのですが、実際には、ちゃんと冷房がきいており涼しく快適に講義できましたnote

今年も講義中にエクササイズ「第一印象」をやってみましたが、グループ作ってくれるかなあ、何にもしない学生がたくさんいたらどうしよう、と心配したものの、ほとんどの学生が楽しそうに取り組んでくれたので安心しました。

感想にもエクササイズがよかったという意見が多く、よかったですheart

一つだけ、学生さんの感想でこれは!というのを書きます

ADRの存在意義としては私が考えるに、講義中のエクササイズでやったような先入観や固定観念を調停者という第三者を通すことで、そのようなバイアスを取り除くことであると思います。

メディエーションについて、ほとんど説明していないのに、上記のような理解をしてくれた学生がいたことがとっても嬉しかったですheart04

来週も頑張りますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

新潟大学 法学部で講義

平成22年に初めて講義をしてから今年で5年目

本年度も新潟大学法学部で「司法書士と法」の講義を司法書士数名で行っています。

私の担当は、”ADR”で本日と来週の2回分です。

毎年、少しずつ内容を変更してますし、毎年学生も変わるので、毎年違う講義になっているなあと感じます。

今年の学生さんはどんな感じかな?

母校で講義ができるというのは、本当に有り難いことです。

今日の新潟県は梅雨の晴れ間で暑くなりそうですが、暑さに負けず頑張ってきますhappy01

注:国立大学である新潟大学は、冷房をかなり抑えめに設定しているのですsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

最愛の父とのお別れ

平成26年6月29日に父が急逝しました。

6月24日の朝、父が救急車で搬送されました。

心筋梗塞であることがわかり、手術をしましたが、ICUに入ったままでした。

父の意識は戻らないものの、ICUでの1日3回の面会の時に父に会うことができました。

そして、6月29日午後10:50に永眠しました。

まさか、こんなに早くお別れしなくてはならないとは思いもよらず、父の入院中は泣いてばかりでした。

しかし、父が自宅に戻ってきてからは、父のご友人たち、ご近所や親戚の皆様など、次々にお参りに来て下さり、心からのお悔やみの言葉を頂き

また、バタバタしている私たちを気遣い、いろいろとお手伝いして下さいました。

そんなことが続いたため、父の死は、本当に悲しいことでしたが、父の周りの皆様の善意と真心に触れ、心が満たされました。

そして、今回、本当に多くのことを学ぶことができました。

自分が今までいかに未熟で傲慢であったかを思い知らされ、これからの人生を歩む上で大切にしなければならないことを知ることができました。

今日から事務所に復帰し、仕事を再開しました。

父から教えてもらったことを大切に一日一日一所懸命に頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »