« 法務省 ”かいけつサポート通信”始めました | トップページ | 新潟大学 法学部で講義 »

2014年7月 7日 (月)

最愛の父とのお別れ

平成26年6月29日に父が急逝しました。

6月24日の朝、父が救急車で搬送されました。

心筋梗塞であることがわかり、手術をしましたが、ICUに入ったままでした。

父の意識は戻らないものの、ICUでの1日3回の面会の時に父に会うことができました。

そして、6月29日午後10:50に永眠しました。

まさか、こんなに早くお別れしなくてはならないとは思いもよらず、父の入院中は泣いてばかりでした。

しかし、父が自宅に戻ってきてからは、父のご友人たち、ご近所や親戚の皆様など、次々にお参りに来て下さり、心からのお悔やみの言葉を頂き

また、バタバタしている私たちを気遣い、いろいろとお手伝いして下さいました。

そんなことが続いたため、父の死は、本当に悲しいことでしたが、父の周りの皆様の善意と真心に触れ、心が満たされました。

そして、今回、本当に多くのことを学ぶことができました。

自分が今までいかに未熟で傲慢であったかを思い知らされ、これからの人生を歩む上で大切にしなければならないことを知ることができました。

今日から事務所に復帰し、仕事を再開しました。

父から教えてもらったことを大切に一日一日一所懸命に頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

|

« 法務省 ”かいけつサポート通信”始めました | トップページ | 新潟大学 法学部で講義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/59943929

この記事へのトラックバック一覧です: 最愛の父とのお別れ:

« 法務省 ”かいけつサポート通信”始めました | トップページ | 新潟大学 法学部で講義 »