« 政府広報で民事調停のピーアール | トップページ | ファシリテーションにいがた 8月例会のご案内 »

2014年8月 7日 (木)

調停のお値段

以前に「影響力の武器」をご紹介した頂いた社長さんから、もう1冊面白そうな本を紹介してもらっていました。

価格の心理学  著者はリー・コールドウェル

P1030911

日本実業出版社 1,600円(税別)

ようやく読み始めるところsweat01

民間調停センターの”価格”って、本当に悩みどころなのです。

値段で言えば

 安い  自分で裁判所の調停をする < 民間調停センター  高い

 安い  自分で裁判する < 民間調停センター  高い

 高い  代理人をつける > 民間調停センター  安い

しかも、現状の新潟県司法書士会の価格設定では、当事者の皆様から頂く費用だけでは赤字の状態。

民間調停の費用を”安い”と思ってもらうために、何かヒントがもらえるといいなと期待している本なのです。

最近特に様々な面で責任が重くなっているなあと感じる司法書士報酬についても、値段設定が難しいと感じているので、そちらでもヒントがあるといいのですがcoldsweats01

|

« 政府広報で民事調停のピーアール | トップページ | ファシリテーションにいがた 8月例会のご案内 »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/60111444

この記事へのトラックバック一覧です: 調停のお値段:

« 政府広報で民事調停のピーアール | トップページ | ファシリテーションにいがた 8月例会のご案内 »