« 次年度以降の法学部講義についての会議 | トップページ | 加齢と流動性知能の低下 »

2014年8月30日 (土)

組織内紛争のメディエーション

先日のブログ記事に、メディエーションの研究者の方がコメントを下さいました。

組織内紛争メディエーションに、家族システム理論が役に立つのではないかというコメントでした。

K先生、ありがとうございましたheart

家族システム理論については、産業カウンセラー講座を受講しているときにちょっぴり勉強した程度でしたので、テキストを確認。

家族の相互作用のなかで問題や症状を出した人をIP(identified patient)と呼び、IPの出した症状を本人の”困った問題”としてではなく、家族全体のシステムとしてとらえることが大切で、IPがよりよく機能できるようになるための契機として肯定的に考える事が多い。

なるほど。

メディエーションが機能する場所として、企業内は?というのは、いろんな方がおっしゃっているものの実現が難しいです。

かくいう私もなにか方法がないか模索中

上記のような考え方は、アサーティブ・ジャパンのトレーナーさんも過去のブログで述べておられました。確か、問題はその人だけが起こすものではなく、周辺の方もなんらかの荷担をしているといった内容だったと記憶しています。

http://www.assertive.org/d/d_1_5/

今年の3月に受講したちょんせいこさんの「ホワイトボード・ミーティングの進め方」のうち、”ケース会議”でも同様の考え方をされています。

具体的には、問題となっている方の他、その周辺にいる方も図の中に書き、それぞれの情報を書き込む。

本人及びその人取り巻く人たちの情報を確認した上で、

・プレッシャー情報

過刺激になる情報

・強みの情報

などを明確にします。

この中で、個人的には”過刺激”という言葉にものすごく納得しました。

なんだか、とりとめのない内容になってしまい、スミマセンsweat01

発端となった私のブログでは、「会議のやり方」が主題でしたが、確かに、会議の席において、様々な特徴を持った人、そしてその人に対して起こった現象などその場にいた人のプロセスそのものを考えることも重要だなあと思った次第です。

|

« 次年度以降の法学部講義についての会議 | トップページ | 加齢と流動性知能の低下 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/60232303

この記事へのトラックバック一覧です: 組織内紛争のメディエーション:

« 次年度以降の法学部講義についての会議 | トップページ | 加齢と流動性知能の低下 »