« ADRシンポジウムイン新潟 | トップページ | 新潟県アマチュアダンスブランプリに参加しました »

2014年10月10日 (金)

司法書士会の不祥事に組織文化を考える

ご存じの方も多いかと思いますが、司法書士会調停センターで不祥事が発覚しました。

この事件を知ったときの衝撃は・・・

あり得ないことに遭遇すると、人は、目の前にあるものでも、見えなくなってしまうのだなあとわかりました。

比較的かいけつサポートのホームページを見たりする機会があったのに、なぜ気づかなかったのか、非常に悔やまれました。

一方では、この事件が、組織文化を変える良き機会となるといいなあと期待しています。

ある組織に入ったときの違和感は、入りたての時じゃないと気づかない、

だからこそ、その時の違和感は大事にしておいた方が良い。

というようなことを聞いたことがあります。

また、組織文化を変えようなんて所詮無理、なんてことも言われます。

私の感じた違和感は今回の事件に関連がある気がしているのですが、私のような若輩かつ影響力のないものの立場からするとできることも少なく、この先どうなっていくのかは上の方たち次第というところなんでしょうね。

|

« ADRシンポジウムイン新潟 | トップページ | 新潟県アマチュアダンスブランプリに参加しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/60454910

この記事へのトラックバック一覧です: 司法書士会の不祥事に組織文化を考える:

« ADRシンポジウムイン新潟 | トップページ | 新潟県アマチュアダンスブランプリに参加しました »