« 南山大学 アドバンス体験講座に参加しました | トップページ | 成年後見事務の取り扱いの違い »

2014年11月28日 (金)

裁判所の家事調停でも休日は可能

岡口判事のフェイスブック投稿を見ていたら・・・
裁判所の家事調停でも日曜日や休日に実施できるとの情報を知りました。
家事事件手続法
期日及び期間)
第三十四条  家事事件の手続の期日は、職権で、裁判長が指定する。
 家事事件の手続の期日は、やむを得ない場合に限り、日曜日その他の一般の休日に指定することができる。
 家事事件の手続の期日の変更は、顕著な事由がある場合に限り、することができる。
 
 民事訴訟法第九十四条 から第九十七条 までの規定は、家事事件の手続の期日及び期間について準用する。
家事事件手続法の条文にあたることが少ないので、知りませんでしたcoldsweats01
やっぱり基本って条文なんだなと痛感。
しかも、民事調停では夜間調停が可能との言及も。
早速、岡口判事がいう書籍をあたってみると(私のは古いので175Pだったけど)記載ありましたsign01
期日指定
事件につき、調停委員会は期日を指定しなければならない。
なお、調停期日の態様は、裁判所における期日と裁判所外における期日(いわゆる現地調停)とがある。
また、必要に応じて、夜間に期日を指定することもある(いわゆる夜間調停。昭和30年7月21日甲213号事務総長通達)
なるほどflair
制度としては用意されていることがわかりました。
裁判所が本気を出して、夜間や休日でも調停開催したら、民間調停センターの唯一とも言える「夜間や休日でも調停可能note」という”売り”が弱くなっちゃいますね~

|

« 南山大学 アドバンス体験講座に参加しました | トップページ | 成年後見事務の取り扱いの違い »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/60727483

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判所の家事調停でも休日は可能:

« 南山大学 アドバンス体験講座に参加しました | トップページ | 成年後見事務の取り扱いの違い »