« 司法書士持ち込み案件の少なさにつき気づいたこと | トップページ | 日本ADR協会 実務研修会に参加しました »

2014年11月 4日 (火)

今月の100分de名著は「菜根譚」

NHKの100分de名著が好きでよく見ます。

各回、当該名著の有名な研究者の方が解説して下さるので、素人にもわかりやすく有り難い番組です。

今月は、菜根譚

Scan1544_001

嬉しいheart

待ってました!って感じnote

以前、偶然に「菜根譚の名言ベスト100」(著者:守屋洋・守屋淳)を手に取り、そのおもしろさに魅了されました。

今日、上記の本を再度開けてみると・・・見開き帯に

「下り坂に向かう兆しは最盛期に現れ、新しいものの胎動は衰退の極みに生じる」

とあります。

すっかり忘れていましたがsweat01先日読んだ易経にも通じるものがあるなあと、ますます楽しみになりました。

中国の古典って学びの宝庫です。

|

« 司法書士持ち込み案件の少なさにつき気づいたこと | トップページ | 日本ADR協会 実務研修会に参加しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/60597229

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の100分de名著は「菜根譚」:

« 司法書士持ち込み案件の少なさにつき気づいたこと | トップページ | 日本ADR協会 実務研修会に参加しました »