« 士業間の相互乗り入れ? | トップページ | 調停~終わりの挨拶 »

2015年2月25日 (水)

後見手続に関する雑感

ここ数日、新件の成年後見案件について、各金融機関や役所を回っています。

今回、改めて金融機関にとってお客様に成年後見人がつくというのは、どうもあまり歓迎する事態とはいえないんだなとわかりました。

象徴的な出来事でいえば、初回の届け出ということで、こちらは名刺を出すのですが、対応してくれる方たちは、自分たちの名刺を出さないこと。

今日は、某地銀の担当者さんは、本人確認書類のコピーをした後、それらの原本と一緒に私が出した名刺もご丁寧にお返し下さいましたcoldsweats01

例えば、証券会社の場合は、(本人の財産保護を目的としている後見制度の性質上)新たな投資をするわけでもない。

銀行の場合も、同様で新たな預金も増えることも少ない。

後見人は、単なる事務手続代行者なわけです。

まあ、担当してくれた方の名前(名札を)を素早くチェックし、メモしておけば、今後の対応にもそれほど問題はないかと思いますが、被後見人の皆さんがいらっしゃる施設等の担当者さんたちとは対局な扱いだなあと感じました。

ちなみに、施設の職員さんは名刺を下さいます(^^)

金融機関の事務手続に(1カ所で)1時間かかることは少なくなりましたので、ストレス貯まらずに手続できることだけでも有り難いってことなんですね。

|

« 士業間の相互乗り入れ? | トップページ | 調停~終わりの挨拶 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/61194459

この記事へのトラックバック一覧です: 後見手続に関する雑感:

« 士業間の相互乗り入れ? | トップページ | 調停~終わりの挨拶 »