« 法テラス新潟と認証紛争解決事業者との意見交換会 続き | トップページ | 会議はどうでもいいところで盛り上がる~パーキンソンの凡俗(ぼんぞく)法則 »

2015年2月 8日 (日)

ファニー打合せ&新潟県司法書士会会員研修

昨日、2月7日は午前中は日本ファシリテーション協会新潟サロン(ファニー)の打合せ

午後は、新潟県司法書士会の会員研修でした。

前者は、平成27年度の運営方針や講座の内容をどうするか?担当者は?というようなことを話し合い。

平成26年度の活動内容について、しっかり検討して今年に活かす!ということが非常に明確になっています。しかも皆さん、意見の出し方が上手で、うま~く提案されているところが勉強になるのです。

こういうところは、士業の会議と全く違いますね。

しかも、誰もが板書できる!板書することが当たり前!会議の進行は事前準備が大切!という前提に立って進めているので、本当にスムーズだなあと感じます。

今年も早速、勉強になりましたhappy01

午後は、静岡県司法書士会の会員であり日本司法書士会連合会 執務問題検討委員でもある古橋清二先生の講義でした。

テーマは、本人訴訟支援のあり方と簡裁訴訟代理権の範囲について

司法書士の代理権の範囲については、いくつか判決が出ており、非常に厳しい状況になっているなあと感じていたところでした。

古橋先生は、古い時代(先生ごめんなさいsweat01)から多重債務問題に携わってこられ、裁判業務関係の中でも先駆者のお一人です。

著作も多数

前半は、判例解説を中心を講義があり、その後、本人訴訟支援のDVDを視聴

後半は、古橋先生と当会会長ほか2名の会員の合計4名でのパネルディスカッションでした。

なんか、久しぶりに先輩司法書士から勇気の湧くいい話聞いたな~と嬉しくなりましたheart01

残念なのは、こういうのを聞いて欲しい若手会員の姿が非常に少なかったこと。

こういうこと書くと、更に激しく若手会員から避けられるんでしょうケドねcoldsweats01

そして、トシをとったことを実感sweat02

参加しているのは、昔から多重債務問題に取り組んできたような方が多かったです。

気持ちも新たに、お仕事頑張ろう!という気持ちになりましたshine

|

« 法テラス新潟と認証紛争解決事業者との意見交換会 続き | トップページ | 会議はどうでもいいところで盛り上がる~パーキンソンの凡俗(ぼんぞく)法則 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/61103513

この記事へのトラックバック一覧です: ファニー打合せ&新潟県司法書士会会員研修:

« 法テラス新潟と認証紛争解決事業者との意見交換会 続き | トップページ | 会議はどうでもいいところで盛り上がる~パーキンソンの凡俗(ぼんぞく)法則 »