« 3月の雪 | トップページ | 傲慢症候群 »

2015年3月16日 (月)

久しぶりにアサーティブのトレーニングに行きます

今週末は、アサーティブ・ジャパンの講座を受講予定です。

受講するのは、ステップアップ講座

ステップアップ講座は、応用講座修了者を対象とした、講座名の通り、さらにステップアップした内容の講座です。頭では「冷静でありたい」と思っていても、どうしてもからだが攻撃的・防衛的に反応してしまうのが、批判や怒りにまつわる「とっさの対処」の場面です。

この講座では、応用講座で学んだ「批判への対処」「怒りの取り扱い」の理論をベースに、 さらにステップアップし、「とっさの場面でのアサーテイブな対処」「むずかしい感情がからむ場面」「相手の怒りへの対処」について、ロールプレイで実践し、身につけていきます。

応用講座を受けてから、だいぶ時間がたっているので、復習をしてから臨まないととんでもないことになりそう・・・と若干心配ですcoldsweats01

アサーティブは、ものすごく簡単に書きますと、自分のことをまず考えるが、他者にも配慮するということ。

コミュニケーションする相手とお互いに率直に自分の気持ちや考えを伝え合い、聴き合うこと。

コミュニケーション全般についていえば、常に「伝える」と「聴く」の2wayが行われるわけですが、個人的な感想としてはアサーティブはその訳語が”自己主張すること”であるように、どちらかというと「伝える」方に力点が置かれているような気がしています。

3月は、いくつかの会議で私自身の”伝え方”について、「これでよかったのか?」と思う場面が複数あり、思考の癖とともに言葉遣いの癖や表現の仕方の癖についても改めて考えたいと思った次第です。

アサーティブ・ジャパンのHPにも

自分のコミュニケーションパターンに気付き、それを変えていくことは容易なことではありません。

とあるように、変えることは困難かもしれませんが、気づくこと・意識することはあきらめずにおきたいです。

エニアグラム診断なども盛んな昨今ですが、アサーティブな視点からコミュニケーションについて学んでこようと思います。

|

« 3月の雪 | トップページ | 傲慢症候群 »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/61291186

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにアサーティブのトレーニングに行きます:

« 3月の雪 | トップページ | 傲慢症候群 »