« 閉じた質問と開いた質問 | トップページ | 2015 南山大学 人間関係研究センターの公開講座 »

2015年3月27日 (金)

新潟県女性財団~ワールドカフェの活かし方

ずっと気になっていた新潟県女性財団の講座(講師は、加留部貴行さん)

ワールドカフェの活かし方~対話を深めて、成果につなげる~

やっぱり、参加してしまいましたhappy01

Img_20150326_124428

平成27年3月31日で、土地の売買に関する登録免許税減税措置が切れるかと思ったら延長になったため、駆け込みもなく、時間を空けることができましたcoldsweats01

さて、ワールドカフェのこと。

全青司や講師を頼まれた講座で、何度かやってみましたが、なんだか物足りない・・・というか、自分が運営するにあたり、まだまだ改善の余地があると常々感じていました。

具体的には、各グループでディスカッションした後に、別のグループに分かれますが、そこでも同じような意見ばかりで、あまり”他花受粉”みたいなことが起こらない。。

ディスカッションして出た意見を次のどう活かすかまで行けない。。

みたいな感じ。

でも昨日の講座を体験し、疑問が解けましたsign01

まず第1に、ワールドカフェが得意なのは、共有と発散であり、収束や決定は難しいこと

収束や決定が難しいという弱みは別の手段を使う。

第2に、基本設計が重要であること

例えば、誰が対象で、その対象がどういう状態からどういう状態にもっていきたいのか

この二つがわかったことは大きな収穫でしたheart

Img_20150326_164715


問いの立て方も「お見本」を示して頂けたので、自分で考えるときの参考になりましたshine

最後に

ワールドカフェは、とても有用な仕掛けだけれど、やはりその場は”参加する人”に左右されますね。

グランドルールはあっても、聞こえていない(入っていない)人がいる場合は場が固まるし、意見の量や質も人に依存するという当たり前のことも実感

今回は、ワールドカフェの基本の「き」を学ぶことができ、非常に有益でしたが、やはりその先は、津村先生たちが提供して下さるようなプロセスを見る体験学習による学びが必要になってくるんだなと感じました。

|

« 閉じた質問と開いた質問 | トップページ | 2015 南山大学 人間関係研究センターの公開講座 »

ファシリテーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/61344381

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県女性財団~ワールドカフェの活かし方:

« 閉じた質問と開いた質問 | トップページ | 2015 南山大学 人間関係研究センターの公開講座 »