« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

本で床は抜けるのか

今年に入って、真剣に心配したことが

事務所の床が本や資料の重みで抜けてしまわないか?

でした。

私の事務所は、当初、靴のまま入れる構造(玄関入って土足のまま)でしたが、雪の問題もあり、10年くらい前に床を上げて靴を脱いで入る構造にしました。

そのときも、本が重いので、土台をしっかり作って下さい!とお願いしました。

が、あれから時を経て、本や資料は増えるばかりcoldsweats01

仕事関係の資料は、最近の分はデータとしても保管していますが、やはり「紙のまま保管」が基本の事務所スタイルです。

結局、過去の依頼分の検索をするのは、氏名等で検索をかけて、それを紙ベースで調べた方が早くて正確なのです。

ということで、解決策として事務所の敷地内にある車庫に書庫を作ることにしました。

その決定タイミングで朝日新聞の書評に本日のタイトルの本が載ってたのですsign01

本で床は抜けるのか

西牟田 靖 著

みんな、本の保管に悩んでいるんだな~とわかり、なんだかほっとしましたwink

で、書庫の方

ただいま、工事の真っ最中です。

明日には、終わるみたい。

完成が楽しみですheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

ファシリテーション・ラボ信州の講座に参加します!

南山大学の人間関係講座で一緒に学んだ友人が、独立起業しましたshine

Wilderness Facilotation

人間的にものすごく魅力的で、能力も高い方なので、納得flair

心から祝福を申し上げますsign01

そして、今後のご発展をお祈り申し上げます。

そうしたところ、来月 5月30日(土)に講座を開催するとのお知らせがきました。

ファシリテーションの方は、ファシリテーション・ラボ信州という名称で活動されるみたい。

詳しくは、こちらですhttps://www.facebook.com/events/957470730931802/

私は参加予定ですhappy01

会えるの楽しみだなheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

新潟県中小企業家同友会の定時総会に参加しました

昨日は、新潟県中小企業家同友会の定時総会に行ってきました。

正確には、定時総会の中で行われた記念講演会とグループ討論に参加しました。

新潟県中小企業家同友会には、昨年後半から入会し、実際に例会に行き始めたのは今年に入ってからで、総会も初参加です。

2015424_

記念講演の講師は、株式会社マザーハウスの代表取締役 山口絵理子氏

たんたんとお話になる口調とは裏腹に、ものすごい情熱と行動力を内に秘めた才能の塊のような方でした。

こういう方だからこそ、よい人材が集まってくるんですねshine

山口絵理子氏自身も情熱大陸やグランジュテにも取り上げられたということです。素晴らしいですね。

ものすごく怒られそうなことを書いてしまいますが、ご本人の能力・才能が第一級というのはもちろんですが、ご出身が慶応義塾大学の総合政策学部ということで(副社長は慶応の先輩ということです)、よく世間で言われる慶応の結束・ネットワークのすごさを見た!と思ったりしました。(スミマセン)

さて、講演の後はグループ討論

新潟県でご活躍されている社長さんたちとご自身の経営についての経験談や目標等、勉強になるお話を多数お聞きすることができました。

最後のグループ発表では同じ三条支部の株式会社テーエムの社長 渡辺竜海さんが登壇されました!

Img_20150424_174700_20

いつもながら、積極的で前向きな姿勢に感動happy01

昨日の経験から感じたことは、まず、自分の人間力を上げ、仕事に対する能力も高めることの重要性です。

専門に対する知識をもっと、もっと増やさなくちゃなあ。。。

5月1日は改正会社法の施行日

まずは、こちらの法的知識をしっかりと入れて、間違いなく登記申請ができるようにしておかなくてはいけませんねsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

日本仲裁人協会 調停人養成講座(基礎編)のご案内

日本仲裁人協会では、毎年「調停人養成講座(基礎編)」を開催しています。

詳しくは、こちら http://arbitrators.jp/

今年は、7月18日(土)~20日(日)です。

こちらは、一般だと受講料が5万円!のため、行くのを躊躇していましたが、今年は行ってみようかなと考えています。

調停人となるためには

・トレーニングをうける

・実際に調停人・ケースマネージャーをやってみる

・事例検討会で自分自身のやったことを検討してみる

の3つともが必要と思います。

我流や思い込み、慣れ、みたいなもので目や心が曇らないように、継続してトレーニングも受講しなくちゃいけませんねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

TED ボディランゲージが人を作る 

ちょっと古い話ですが、4月8日放送のNHK TEDは

Amy Cuddy エイミー・カディー

Your body language shapes who you are 「ボディーランゲージが人を作る」

でした。

このプレゼンは、以前に見たことがあって、非常に心に残り、お気に入りに登録しているほどです。

このプレゼンを見つけたきっかけは、平成26年2月22日に胎内市と中条町農業協同組合が主催した「農業とくらしを考える女性のつどい」で講演を頼まれたことでした。

このつどいのテーマが”見つけよう!女性の視点・センスで地域を元気に!~ハイ!と言える私たち”でした。

そこで話すための資料をいろいろ探している中で、出会ったプレゼンでした。

講演の中で、ハイディーとハワードの実験やインポスター・シンドロームの話をさせていただきましたが、その参考として、このプレゼンも参考にしたのでした。

この講演をしたあとも、自分自身が「自信がない・・・」という思いを多数してきたので、また改めてこの放送をみて、

できるフリをやってみよう!と思いました。

その一方で、私の場合は、まだまだ努力が足りないということも否めませんので、仕事のことや調停のことについて、継続して精進して参りますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

日本ファシリテーション協会新潟サロン 4月例会に参加

先週4月18日(土)は、午前10:00~16:00まで、万代市民会館にて日本ファシリテーション協会新潟サロン 4月例会が開催されました。

今回は、単なる一参加者としての参加だったので、お気楽note

毎年4月・5月は、初めてファシリテーションをやってみる!っていうフレッシュな方の参加も多く、非常に盛会となります。

しかも、今回は女子高校生2名、大学生3名、大学院生1名も参加sign01

ものすごく平均年齢を引き下げてくれました(笑)

高校生も大学生も皆さん、志も高く、優秀な学生さんばかりで

「新潟県の、日本の未来は明るいね」shineshineshine

という声があちこちから聞こえて参りましたhappy01

私がご一緒したグループにも大学生が1名が入っており、積極的に参加し、発言し、盛り上げてくれましたgood

最後に記念撮影

Img_20150418_160712_20

ホント楽しかったなあheart

さて、今回の参加動機について高校生の一人が、自分が属しているクラブ?の話し合いがうまくいかない・・・ということを語っていました。

高校生も困っているんだ・・・ということに驚くとともに「会議」とか「話し合い」って、やっぱり工夫しないとうまく行かないよね、もうちょっと世の中的にそこの重要性を考えて欲しいなあと思ったところでした。

ただ、集まれば(充実した)話し合いができるってわけじゃないよね。

で、その渦中の優秀な女子高生たちは、自分で会議に役立ちそうな情報探して、かつ、会議のやり方を改善すべく参加してくれたわけです。

例会でも、臆せずはっきり、堂々と自分の意見を述べていました。

見ていて清々しい気分になりましたshine

他にも、いろんな分野の方が参加しており、刺激を頂きました。

ファニーに参加してよかったなあと強く思った例会でした。

5月も楽しみheart

ちなみに5月例会は、すでに満席となり、キャンセル待ちとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

日本ファシリテーション協会新潟サロン 5月例会のご案内

明日は、日本ファシリテーション協会新潟サロン 4月例会が開催されます。

お陰様で、こちらは満員御礼shine キャンセル待ちの状態です。

5月例会の方も、参加可能人数が残り少なくなってまいりました。

ご希望の方はお早めにお申し込み下さいhappy01

diamond日時:平成27年5月9日(土)10:00~16:00(受け付け開始 9:45)

 今回は、例会終了後、茶話会を行います(17:00終了予定)

diamond場所:万代市民会館(アルザ万代) 403.404

diamond内容:はじめてのファシリテーション~基本スキルを学ぼう②~

diamond参加費:FAJ会員・学生 500円  非会員1,000円

お申し込みは、メールにてお願いしますnote

fajniigata@gmail.com

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/fajniigata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

「空気」の研究 届きました 

最近読んだ新聞・雑誌等の中で2カ所ほどで引用されているのを読み、興味を持った

「空気」の研究  山本七平 (文春文庫)

Img_560e0156c6e1350c60017fc3f45e053

昨日、届きました。

日下公人氏の解説によれば

昭和期以前の人びとには「その場の空気に左右さえる」ことを「恥」と考える一面があった。しかし、現代の日本では”空気”はある種の”絶対権威”のように驚くべき力をふるっている。あらゆる論理や主張を越えて、人びとを拘束するこの怪物の正体を解明し、日本人に独得の伝統的発想、心的秩序、体制を探った名著

体験学習で「ノーム(規範)」という言葉を使うことがあります。

ここでの意味は、グループの中の(明示的/暗黙裡の)決まりごとで、グループプロセスの中でどのような決まりごとが存在し、どのような影響があるか?を考えたりします。

初めて参加した会議で、「あ~、いろんなノーム(特に暗黙の方)があるなあ」と感じることもしばしば。

そういうことに関心が向いている中で、日本人には”空気”が強い影響を与えるということを知り、この本を読んでみたくなりました。

読了後の感想は、言葉として書けるかどうかは?ですが、読むのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

新潟県青年司法書士協議会の勉強会に参加

先週土曜日、4月11日は午後2時~5時まで

新潟県青年司法書士協議会の毎月勉強会があったので参加しました。

テーマは「相続法制 過去・現在・未来」

講師として、全青司から中村勧さんと石川亮さんがおいで下さいました。

全青司のイケメンお二人が来てくれるということで、参加者は30名越えsign01

青司協の研修会としては、久しぶりに多かったようです。

私も一応、青司協の会員ではありますが、青年とは言いがたいトシになりましたし、いつまでも年齢が上の人がいると、若い人たちがやりにくいだろうなあと思って、ここ数年は新潟県の方には全く参加していませんでした。

しかしながら、今回、重大ミッションを担っているために、ものすごく久しぶりに参加

そのミッションとは(すぐにおわかりとは思いますがsweat01

有望な若手が揃っている今年・・・

調停センターメンバーへのリクトートをすることshine

お陰様で無事にミッション完了しましたhappy01

懇親会も楽しかったですheart

蛇足ですが、手持ち資料を調べてみると、私が幹事長をしたのは、平成15年sign03

え~と、今年は平成でいうと何年でしたっけ?

そして、更によく考えてみると、新潟県青司協で女性の幹事長経験者って、私以外に誰かいたかな?

誰もいない気がする。。。

そういえば、2013~2015年度の日司連役員に女性の理事はいないのです。

司法書士業界って、こういうところなんだなあと改めて思ったりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

調停もチームワークが重要

新潟県司法書士会調停センターSmileでは、現在の運用として1つの案件に4人の司法書士がついています。

①事件管理者  ②主調停人  ③副調停人   ④書記

そうすると、最も大変なのは、日程調整だったりするのですcoldsweats01

それはそうと、運営側で4名が担当するとなると、その4名が1つのチームとなります。

このチームワークが重要です!

そして、このチームワークがうまく行ったときは、何とも言えない安心感や達成感みたいなものが生まれるなあと思ったところです。

ちょっぴりチームビルディングなども学んできましたが、チームがよりよく活動できるために、私はどういう働きかけができるかな?と考えています。

少し前に、ちと思うところがあり、「コーチング流 タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく」 を引っ張り出して読み直しました。

471_pc_cvr_2

この本の「はじめに」にもありますが、そう簡単に!たった4つに!分けること自体無理な話ですが、チームワークを考える上で自分や相手を知る手がかりの一つとして、活用したいなあと考えています。

ずいぶん前に買った本ですが、読み直してみると、改めて自分に気づく・・・ってことがありました。

先日、友人から「人を大きく2つに分けた場合、テニスを例に取ると、実際にテニスをやってボールを打ち合って相手を知るタイプと誰かがテニスをやっているのを外から見ていて相手を知るタイプがあるけど、関川さんは前者だね」と言われました。

この言葉にものすごく納得flair

プロアクトとリアクトの違いですね。

これに関する過去の記事はコチラ http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-c4da.html

事務長としては、これからも1案件ごとのチームがそれぞれうまく回って、個々人の能力がうまく活かせるような組み合わせをしていくってことが大事ということでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

ケースマネージャー改め「調停コンシェルジュ」はいかがでしょうか?

自分自身がケースマネージャーをやった時の経験をもとに、ふと思いついたのですが

これらの一連の作業って、コンシェルジュ”っぽくないかな?

ミーハーですが、今年に入ってから見たNHKのプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されていたコンシェルジュの女性がステキだなheartと思っていたこともかなり影響ありcoldsweats01

調停センターの規則上は、「事件管理者」という名称を使っていますが、なんか硬い感じだし、当事者の皆さんも、この言葉にどういう印象持つかな?と気になっていました。

そこで、何かいい名称ないかな~と思っていたところでした。

ケースマネージャー改め

「調停コンシェルジュ」でいかがでしょうか?

パンフレットは足りなくなって、印刷したばっかりだけど、パンフにも調停コンシェルジュって載せるとインパクトありそうflairとか思ってみたり。

次回委員会でみんなの意見聞いてみよっsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 4月例会のご案内

冬期間は冬眠しております日本ファシリテーション協会 新潟サロンですが、春になり例会を開催しますcherryblossom

まずは4月例会のご案内です。

diamond日程:平成27年4月18日(土) 10:00~16:00

diamond場所:アルザ万代(万代市民会館)307・308

diamond内容:はじめてのファシリテーション~基本のスキルを学ぼう~

diamond定員:20名

diamond費用:一般 1,000円  学生/FAJ会員 500円

4月例会、5月例会の2回で基本スキルを学べるようにプログラムを組んであります。

春、新年度も始まったところでスタートダッシュをかけたいsign01という方には、最適な講座ですshine

詳しくは、こちらをご覧くださいねnote

https://www.facebook.com/fajniigata

定員まであと5名ですsign03

お申し込みは、お早めにfanii事務局までメールにてお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

組織文化を変える

この週末にDVDに撮りためておいた「リーダーシップ白熱教室」を見ました。

2013年の番組の再放送です。

講師は、ハーバード大学ケネディ行政大学院教授 ロナルド・ハイフェッツ氏

世界共通だなあと思ったのは、組織文化を変えることは難しいsign01という現実です。

心ある人が、ある組織の旧弊を変えたい!と思っても、なかなか成功しないということがわかりました。

よく聞くことですが、人は変化を嫌うということ

番組でもハイフェッツ教授はその話をされており、そうはいうものの、良い方向の変化ならOKだと述べています。

身近な例で考えると

困った会議も組織文化の一つかもなあと思う今日この頃

他の方から聞いたり、自分が体験したりして困った会議といえば

・定時に始まらない。

・いつ終わるかわからない。

・議事進行次第に①報告 ②議事と書いてあり、そのまま報告を先に行い報告だけで会議時間の大半を使う。しかも雑談が多い。

・司会役(有力者)の意見が極端に多く、議論が不活性

・この会議で何をどこまで決めるか不明確

・結局、決まらない。もしくは、決めたことが守られない

などなどcoldsweats01

うんざりしますね。。。down

じゃあ、翻って良い会議ってどんな会議?と考えたときに、まず3点が思い浮かびました。

①定時に始まり、定時に終わる

②今ここで何をどこまで決定するか確認。そして議論をしっかりした上で、結論を出す。

③会議で決まったことは見える化できていて、それをメンバーが共有できて、それぞれが次の行動に移れる。

個人的には質の良い会議を目指して、ファシリテーショその他の知識が活かせるように努力しているつもりです。

が、仮に①~③が良い方向の変化であるとして、組織文化としての会議スタイルが変わるか?といえば、かなり疑問bearing

ハイフェッツ教授の言葉を引用すれば、まずは、問題を問題だと理解することから・・・ということですが、きっと、困った会議を続けている集団では、別に問題だと認識していないのだろうなあと思うわけです。

更に言えば、私は困った会議だと思っているけれど、そうではなくて、その状態が都合がいい人たちもたくさんいるんだろうなあ。

ということで、見渡すと、困った会議がたくさんある状態が続いたままなんですね~

ハイフェッツ教授によれば、”変えるには時間がかかる”そうです。

そして、ある変化を求めて内部で長い間働きかけを続けることが大事で、真の解決策は、分析結果や技術的なことではなく、人の心や考え方を変え、新しい能力を備えることだそうです。

気が遠くなりますね(笑)

せめて、新潟県司法書士会調停センターの運営委員会だけは、良い会議にしたいsign01と努力していますが、メンバーの皆様、大丈夫でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

本国会で民法一部改正案が成立か

民法一部改正に向けては、日本司法書士会連合会でも専門の部署を設けたり、全青司でも専門委員会があったりと、司法書士界でも着々と準備をしていたところ・・・

4/1のyahooニュースによれば、いよいよ今国会で成立するようです。

政府は31日の閣議で、契約ルールを定める民法(債権分野)の改正法案を決定した。明治29年の制定以来約120年ぶりの大規模改正で、政府は今国会での成立を目指す。

法務省の「民法の一部を改正する法律案」はこちら

かくゆう私は、内田先生の「民法改正」(新書)を読んだり、全青司の会報記事を読んだりしている程度で、はなはだ勉強不足sweat01

今度こそ、真剣に勉強しなくてはいけませんねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »