« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

ADR事業報告書の季節

新潟県司法書士会でも総会が終了し、平成27年度が始まりました。

当会の優秀な事務局さんは、早速、法務省提出用の調停センターの事業報告書をまとめてくれました。

事務長は、その内容をチェックするわけですが・・・

件数少ないのに、以外と大変coldsweats01

当会では、1事件ごとにエクセルのシートで一括管理しているのですが、再度事件ごとにそのファイルを確認する必要があります。

所要期間とか意外と記載ミスがあったりするのですsweat01

そのデータを見ながら法務省所定の事業報告書の第7号様式(11面と12面)の内容をチェックするのですが、これってどの数字を入れればいいのだろうか?と迷う場面もあり。

ちなみに報告書を出すのは、これで3回目です。

1回目は当該期間の日数が20日未満なので、全ての数字がゼロ

2回目も少ないので、ほとんど考える必要なし

そして、3回目は若干動きがあったために、初めて「これってどの数字入れるの?」と考える場面が出てきた・・・ということでした。

わからないまま記入するのも、アレなので法務省の担当者の方に直接質問したところ、丁寧に教えて頂きましたnote

回答結果を見ながら、思い込みというか、勘違いというか、記載要領を最後までよく読めばよかった・・・というか、相変わらずミスうっかりだなあと思う私。

でも、せっかくなので、個人的にQ&A作ってみましたhappy01

本年度第1回目の運営委員会は6月に開催予定なので、委員会で本年度事業全体の目的・目標を確認し、完成予定です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月26日 (火)

新潟県中小企業家同友会 三条支部 5月例会に参加

昨日は、新潟県中小企業家同友会 三条支部の5月例会でした。

今回は、報告者としての参加

新人会員さん2名とともに自分の仕事や抱負について各20分を頂きました。

改めて、開業から今までを振り返ってみたけど

なんか

”華々しい業績”とは縁遠い事務所だなあ。。。coldsweats01

でも、今があるのは当事務所をご贔屓にして下さっているお客様のお陰ですね。

ありがたいことです。

他の報告者の方は

株式会社コスモキャドの田辺社長 と

有限会社四季の定期便の白鳥社長 です。

http://www.rakuten.co.jp/fourseasons/

田辺社長からは、建築を設計するときの構造計算の重要性についてお話頂きました。

白鳥社長からは、農業や農産品を通して、新潟県のそして燕三条地区の発展のために事業を展開していることをご報告頂きました。

特に白鳥社長は、Uターンで三条に戻ってこられたのですが、前職での経験も活かし、燕三条地区で次々と新しい試みを成功させています。

http://shop.asa-cafe.jp/

素晴らしいですねshine

私にとっても有能な経営者の方のお話を聞けるよい機会になりました。

私の方は・・・ぼちぼち頑張りますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

新潟県司法書士会調停センター 平成27年度第1回研修会

昨日、5月23日(土)は、新潟県司法書士会調停センターの平成27年度第1回研修会でした。

時間は、13:30~17:00まで。

参加者は全部で16名

今回は、群馬、埼玉、山形からも参加していただき、新潟の参加者も新鮮な気持ちで臨むことができたので、本当に有意義でしたheart

各単位会の現状や課題なども織り交ぜながら、率直な意見交換ができましたshine

新潟県の一般会員もオブザーバー参加可能にしたのですが、調停センターの意義やメンバーの頑張りが伝わったかなあ。。。

(なかなか克服できない)自分自身の課題にも向き合うことになり、埼玉のOさんもおっしゃっていましたが、この研修会自体がすごく調停のトレーニングになるなあと思います。

他県の素晴らしい仲間と会い、元気をもらいましたup

また、本年度も気持ちを新たに頑張りますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟県中小企業家同友会 三条支部6月例会打合せ

5月22日(金)は、新潟県中小企業家同友会 三条支部の6月例会打合せのために、同友会事務局に行って参りました。

全てが初めてのことばかりsweat01

例会ってこうやって、準備するのか~と、いちいち確認作業が必要です。

講師は、新潟支部の株式会社アルファ技研 代表取締役 柳 徹氏です。

同友会の中でも、かなり有名な方だそうです。

三条支部からは、支部長とチームリーダー他2名で参加。

独立するまでのご苦労と独立してからのご苦労、そして経営指針を作成した後の仕事観の変化などをお聞きしました。

上っ面のお話・・ではない!ので、真実みが違います。

例会タイトルがなかなか決まらず、煮詰まりましたが、支部長の鶴の一声で決定sign01

ほっ。

グループ討論テーマもなんとか決定sign03

昨日の夜、企画書も仕上げて、とりあえずのミッション完了です。

6月4日に三条支部でのミーティングに柳さんにおいでいただき、最終調整をいたします。

本番の6月22日(月)は、ゲスト参加も可能ですhappy01

ご興味ある方は、是非、関川までご連絡下さいnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

認証ADR機関の平成26年3月31日までの件数

法務省かいけつサポートのホームページのうち、トップページの一番下にある「取扱実績等」が更新されていました。

認証ADR機関の平成26年3月31日までの取り扱い件数等が載っています。

例えば、「受理件数」

平成19年度から平成23年度(1,347件)までは増え続けていますが、以後、減少に転じています。

平成24年度 1,284件

平成25年度 1,121件

認証機関は増えているにもかかわらず、受理件数は減っているのが気になります。

このような状況もあるのか、最新号のかいけつサポート通信を読むと、法務省でもADR周知のために様々な工夫を試みているようです。

各調停センターでもそれぞれ担当者は、努力を重ねていらっしゃることと思います。

士業団体で運営している場合には、予算の問題や諸事情あり、多くの制約の中での活動となり、心が折れそうになっている方もいらっしゃるのではないかと思うのです。

ふと思い出すのは・・・

私が大学生だった頃、刑事訴訟法の先生は、日本に陪審制を取り入れたいというお考えを話していらっしゃいました。

そして、実際に”裁判員”制度が導入された時には、その先生は「自分が生きている間に、実現するとは思わなかった」とおっしゃったと記憶しています。(ちなみに詳しいことはわかりませんが、陪審制と裁判員制度は同じではないと思われます)

メディエーションも私が生きているうちに日の目をみるといいな、くらいに気長に構えているほうがいいのかもcoldsweats01

紛争を抱えている人にとって、本当に有益ということがわかれば広まるのでしょうが、メディエーションを体験してもらうためにどうアプローチしていくか?まだまだ手探り状態です。

それと、人間学・日本人論等の論考でみることがある「日本の嫉妬社会」に(自分自身の心持ちも含め)どう対処するかということも重要かなと思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

社交ダンスにつかった一日

昨日の日曜日は、三条市厚生福祉会館で新潟県アマチュアダンスグランプリが開催されました。

Img_20150518_113157


私もスタンダードとラテンでエントリー

と言っても、内実は日頃の練習の成果の発表会といったところです。

基本的に、自分が習っている先生と一緒に踊るので、生徒さんが多い先生は超ハードなのです。

で、私が習っている先生は、昨日44曲を踊ることにsign03

K先生、お疲れ様でしたhappy01

それにしても緊張しましたsweat01

昔から、本番に弱いタイプですsweat02

しかも、先週は体調不良で、ほとんど練習できなかったので、不安いっぱい。。。

ところどころ、間違えながらもなんとか踊りきり、終わったあとはぐったり。

でもダンス楽しいのheart

最後に、新潟県ボールルームダンス連盟のホームページに写真が載っているとの情報を得たので探してみたら、ありました!去年の写真ですが載せてみました。

Picmixl5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

「人生を花開かせるヒント」 平澤興

最近、ふと、何のために仕事をしているかわからないな・・・と感じることがありました。

そんな折りに、致知6月号で平澤興氏の講話録が紹介されておりました。

先人の言葉には、重みがあり、励まされるなあと思いつつ、記事を読みました。

無料のメルマガでも紹介されていたので、差し支えのない箇所をこちらにも転載してみます。

平澤興氏は、新潟県の旧味方村で生まれ、中学校から京都で過ごして京都帝国大学医学部を卒業。世界の神経解剖学に大きな足跡を残し、京都大学第16代総長を務めた方だそうです。

人生を花開かせるヒント

仕事は人のためにするのではありません。

普通はそんなふうに思いますが、それは誠に平面的な考えです。

仕事は自らの魂を生かすためにするものだと、私も固く信じております。

ちょっと見たところつまらんような仕事をしておっても、その仕事に本気になってやっておること、それが立派な人生ではないかと思うのであります。

運というものは仕事なりすべての面でやるだけのことをやった人、徳を積んだ人、そういうところに来るもんだと思うのであります。

よりよき将来に向かって建設的なものならば、我われは忍ぶべきものは忍ばねばならんと思います。

これはあらゆる面でそうであります。

しかし、忍ぶということはただやせ我慢をするだけではなくして、将来のよりよきものを目指しながら忍ぶのであります。

そういう意味では、いくつになっても人間には最後まで仕事があると思います。

(中略)

人生はどこかに一つの夢を持つということ、そしてそれを本当に誠実に、いかなる場合にも
自己をだまさないでしかも負けないで不屈性を持ってやりとおすということであります。

私は思います。人生というものは、きょうと明日が我われの手の中にある。

過去のことはいかなる失敗も成功も、手を離れておるのであります。

人生というものは希望を持って生きたらいい。

一番つまらんのは、愚痴をこぼすことだろうと思います。愚痴は全く自分自身を弱め、希望を失い、全く何にもならんですね。

どうも世の中を広く見ておりますと、結局愚痴をこぼしたり自分に文句を言ったりという人は人生の最後を見ますとやっぱり哀れであります。

若い時に人に「何というお人好しだなあ」というふうに笑われながらも、なおかつその笑いの中で平然として耐え忍んできた人は、確かに晩年はよいのが多いのであります・・・

-----------------------------------

転載終了

私も希望を持って生きたいと、思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

事例検討会の進め方

台風が近づいてきているなあということが、めまいでわかる関川ですcrying

そんなクラクラした頭で調停センターで行う事例検討会の進め方をどうしようか?と考えてます。

ベテランもいる一方、調停センターの活動に携わってから日が浅い方もいらっしゃるということで、どうやったらマニアックにならず、みんなの意見が出しやすくて、それを受け入れやすい場になるか?

ちょうど、今年度受講する南山大学の人間関係講座の費用を払い、JIELの講座もどんなのがあるかな~とホームページを見ていました。

こちらでは、基本的な考え方や用語がわかりやすく説明されているページが盛りだくさんですhappy01

http://jiel.jp/

改めて、ラボラトリー方式の体験学習について読んでみようとそのページに飛んでみると、やっぱりわかりやすいsign01

http://jiel.jp/laboratory/

と、ともに、

調停を実践して

当日、振り返りメモを書き

後日、事例共有シートに書き起こし

事例検討会で問題点や工夫点を共有し

修正すべき問題点は、運営委員会で規程やマニュアルに落とし込む

という一連の流れって「体験学習の循環過程」と同じだなあと思いましたflair

ということで早速、JIELの記事を参考に、事例検討会についてのペーバーを作成してみました。

検討会当日の進行については、まだまだ、これ!っていう方法論がありませんが、全体を俯瞰できるペーパーができたので、一安心ですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

日本ファシリテーション協会新潟サロン 5月例会に参加しました

昨日から、また急に寒くなった新潟です。

でも、台風が来ていると言うし、本当に季節がヘンだなあと感じますね。

さて、先週末5月9日(土)は、日本ファシリテーション協会新潟サロン 5月例会があり、参加しました。

今回の特徴は、例会時間は10:00~16:00までですが、その後に茶話会があったこと。

昨年は、例会後に運営メンバーの振り返りを行うことが多かったですが、今年は、参加者の方との交流ももっと図りましょう!ということでこの企画となりました。

思った以上に多くの方が残ってくれて、茶話会も楽しくいろんな話ができてよかったですhappy01

企画・運営されたメンバーは、とてもご苦労されたと思います。

私は、単なる参加者だったので、お気楽でしたが、運営する方は本当に大変ですよね。

お疲れ様でしたsign01

今回の内容のほうですが、ファシリテーションの基本スキルの3つめと4つめ

構造化と合意形成について扱いました。

「構造化」というのが、いまだによくわかっておらず。。。

”かみ合わせ、整理する”ということなのですが

わかりやすいところでいうと、議論の見える化をはかる「ファシリテーション・グラフィック」ですが、それだけではありません。

ロジカルシンキングの考え方はココなんですよね。

例えば、ロジカルツリーとかもれなく、だぶりなく(=MECE) の考え方です。

う~ん、難しくて苦手wobbly

新潟県女性財団で照屋さんにおいで頂いた講座に出席しましたが、やはり難しかったdown

まだまだ修行が必要です。

とはいうものの、今回も多種・多様な分野の方からご参加いただき、プロセスの中で多くの学びを得ました。

前回(私が)感動した高校生・大学生もまた来てくれて嬉しい限りheart

ファニーメンバーにもご参加の皆様にも感謝ですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

箱根の旅

連休明け、まだ休日気分が残っているような感じですcoldsweats01

好天に恵まれた今年の連休。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、噴火活動がまだ低いレベルの時に、箱根に行ってきました。

今回の旅の一番の目的は、岡田美術館で「深川の雪」を見ることsign01

Img_20150501_134832_20

広いので、結構疲れましたが、深川の雪 見て参りました。

満足ですheart

疲れた後は、足湯に入り、風神雷神を見ながら、お茶することができます。


Img_20150501_155555_20

二日目は、大涌谷に行ってきました。ちょっと日にちがずれていたら行けなかったので、ホントよかったです。

富士山がキレイに見えて、感激shine

Img_20150502_103515_20

やっぱり旅行っていいですね、リフレッシュできましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »