« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

新潟県弁護士会が「安保法制に反対する緊急市民集会」開催

新潟県弁護士会が「安保法制に反対する緊急市民集会」を開催します。

日時:平成27年8月1日(土) 18:30~ (開場は18:00から)

場所:新潟ユニゾンプラザ 多目的ホール

入場無料 予約不要

小林節慶應義塾大学名誉教授と伊藤真先生

がおいでになるとのこと。

確かに豪華な顔ぶれshine

しかも、この行動の早さsign03

こういうところ弁護士会って、やっぱりすごいよね~と思う瞬間です。

ちょうど、この日は新潟県女性財団の表現力ワークショップを受講するためにユニゾンプラザに行っております。

なんという偶然happy02

台風が来なくて、体力が残っていれば、参加したいのですがcoldsweats01

伊藤先生はかつて某予備校の民法の授業でお世話になりましたが、先生のお話を聞くのはその時以来かも。

栄養ドリンク持参かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

「対話」のための言葉

数回前の記事に引き続き、平田オリザ氏の著作から

「わかりあえないことから」 

買ってみました。

こちらも面白いですhappy01

印象に残ったことは

日本社会には、この「対話」という概念が希薄である。いや、先の辞書の記述などを見ると、それがほとんど、なかったと言ってもいいかもしれない。

一般に、日本社会は、ほぼ等質の価値観や生活習慣を持った者同士の集合体=ムラ社会を基本として構成され、その中で独自の文化を培ってきたと言われてきた。

<中略>

私はこのような日本社会独特のコミュニケーション文化を、「わかりあう文化」「察しあう文化」と呼んできた。

平田オリザ氏によれば、上記背景を元に

日本語には「対話」の言葉だけが作られなかった

そして

現在社会は、ジェンダーや年齢といった区別なく、対等な関係で「対話」を行うための言葉を生成していく「過渡期」だと言っていいだろう。

そうか、対話の習慣がないばかりか、そのための言葉もなかったのか・・・というのは目から鱗でした。

紛争解決を民間調停で行うという活動を通して、互いの価値観の違いを感じて、それを第3の方法等でどう乗り越えていくかというようなことがなされるといいなと思って、この活動を続けていますが、新潟県でなかなか理解されないのも仕方ないなあ。。。

新潟県庁の県民100の指標を通してみる県民性からして、ムラ社会の色合いが濃い新潟県では、メディエーションの受け入れは時間がかかりそう。

 例えば、海外渡航者数が平成26年で36位とかね。

でも、感覚的にですが、保守王国新潟県でも 少しずつ察しあえなく鳴ってきているような自分の正義だけを振りかざす人が増えている気がしています。

だからこそ、私たちが「対話」という場を作っていく役目を果たしたいと感じたところです。

新潟県司法書士会調停センターの皆様、今度とも頑張って行きましょうsign03

<おまけ>

以前からネタにしてた新潟県の離婚率は平成26年にまた第47位に返り咲きました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

成年後見人である司法書士から,成年被後見人の生存中に,同人の推定相続人である兄弟姉妹に係る戸籍謄本等の請求があった場合について

毎度有益情報を載せて下さっている京都の内藤先生のブログ

いつも勉強させてもらっていますsign01

7/21付けの記事は

成年後見人が、被成年被後見人の推定相続人である兄弟姉妹に係る戸籍謄本等の請求をすることの可否

http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/02c3654d8e0fb7449ed13d41b0beb683

この問題、ずっと どうなるのか気になっていました。

以前、某団体の関係者の方が上記とは異なる見解を述べていたので、実務上困るよなあと思っていました。

第三者後見人たる司法書士が困る理由は、まさに上記ブログ中にもある<その利用を必要とする事由> にある事態に直面することが多いからです。

早速、戸籍時報6月号 注文しました。

早く本文読んでみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

商業登記の終了が遅い理由

新潟県も梅雨明けしたようで、朝から暑いsign01

でも、台風がいなくなったお陰でフラフラはなくなりましたheart04

連休明け、まだちょっと 眠さが残っておりますが、新しい1週間頑張りますgood

さて、ツイッターで気になる情報を得ました。

こちらのブログです。

資産の総額の登記の補正

「ブログのタイトルが法務局の業務に関するQ&A」なので、法務局の職員が書いていらっしゃるのかな?

この記事によると、商業登記の補正が激増中らしい。大多数の申請人が法改正についていけていないとも。

記事中にもありますが、平成27年2月27日に商業法人登記の改正がありました。

そして、5月1日以降 監査役の監査の範囲に関する登記 が必要か否か判断しなければなりません。

商業登記で有名な京都の内藤先生のブログにも、こんな記事が

「監査役の監査の範囲に関する登記」に関する仄聞事情

商業登記が専門の先生は別として、地方の司法書士にとって商業登記は、不動産登記ほど件数が多くないと思われます(あくまで私見sweat01)。

その上、頻繁な法律改正

しかも実感として、単純な役員変更は激減

会社・法人ごとに登記内容が異なり、会社の事情に応じて登記や定款の内容を提案していくケースが増えています。

そのたびに、書籍をいろいろ調べる必要がありcoldsweats01

議事録の内容も専用ソフトにあるものだけでは足りず、起案が必要。。。

先日出した登記も2週間近くかかってビックリしたところです。

なんでこんなに時間かかるのかな?と思っていたら、上記の事情があったということなんですね。

う~ん、気をつけなくては。。。

もう1点

新潟県司法書士会では、近年、研修の受講者が減っております。

仕事に直結する「不動産登記」に関するものだけは、比較的多いですが、それでも会員の半分も来ないかな。

自分できちんと調べているから、わざわざ研修に行く必要もないという話も聞きますが、こと商業登記に関しては、どうも事情が違うのかもしれません。

こういう状態が続くと、商業登記の申請代理が別の資格でもできる、って気運が高まってしまうのではないかと危惧します。

<追記>

大量補正を出しているのが”本人申請”ならば、商業登記の申請代理については、逆の方向に傾くのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

「折々のことば」を楽しみにしています

朝日新聞の一面で 鷲田清一先生が 「折々のことば」 というタイトルの連載をしています。

鷲田先生のことを知ったのは、メディエーションを勉強し始めの頃に先生の著書

”待つということ”

を紹介していただいたことがきっかけでした。

”待つこと”が苦手な私には、多くの示唆を与えていただきました。

今は、昔より 少~し 待てるようになりました(笑)

7月9日付けの連載を引用させていただきますと

心からわかりあえないんだよ、すぐには

心からわかりあえないんだよ、初めからは

平田オリザ「わかりあえないこと」から

上記に対する鷲田先生の言葉

対話は、他人と同じ気持ちになるためにあるのではない。語りあうなかで、他人と自分の違いがよりこまかに見えてくる。そのためには「伝わらない」という戸惑いから出発すること。理解しあえるはずだという前提に立つより、理解しえなてあたりまえという前提に立った方が、理解の幅は少し広がる。

ちょうど、その頃、平田オリザさんの”対話のレッスン”を読んでいたので、内容がシンクロしているようでなるほどな~と妙に腑に落ちたのでした。

Img_20150714_125724

実際の調停でも、当事者が「相手に伝わらない!」「相手とは話し合いにならない!!」と思っているであろう場面が多々あります。

ここを調停人と当事者でどうやって乗り越えていくかが大事なのかも、と思ったり。

こういう場面を自分なりにどういう言葉で、態度で支えていくか?やっぱり経験ということになるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

安保関連法案は廃案にして欲しい

安保関連法案が今週中にも強行採決されるようです。

憲法学者が違憲と意見表明し、

こちらのブログ記事によれば、元自衛官の 泥 憲和さん が

集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。 他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。

だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。 イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

軍隊はテロを防げないんです。

と発言し、

またもジャーナリストの安田純平さんがシリアで拘束されたらしいとのニュースもある

そんな状況で一国民として、どうしたら安保関連法案の強行採決を止められるのだろう?

何もできない自分に焦ってしまう今日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

新潟県女性財団の講座紹介~ロジカルコミュニケーション

久しぶりの更新です。

先週からめまいによる体調不良が続いており、今日からなんとか事務所に出て仕事を始めました。

まだ、長時間続けられない上に、困るのが、車の運転ができないことbearing

あぁ、早く快復したい・・・

本調子ではないので、書きやすい話題ということで

新潟県女性財団の講座ご紹介です。

照屋華子さんによる「ロジカルコミュニケーション

diamond日時:平成27年8月22日(土) 13:00~17:30

diamond参加費:3,000円 

diamond会場:新潟県女性センター女性団体交流室2

昨年は、私も参加しました!

が、ロジカルに考えるのってやっぱり難しい。。。

確か講師もおっしゃっていましたが、ロジカルシンキングは筋トレと一緒で、トレーニングすれば徐々に力がついてくるものらしいです。

大人気講座なので、お早めにお申し込み下さいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

三条中学・高校同窓会 燕支部総会の幹事やってます

今年は、三条中学・高校同窓会 燕支部総会 の幹事年だということで、燕市在住の同窓生4名とともに、毎年10月1日に開催される 燕支部総会の準備をやっております。

 昨日は、その第3回目の打合せでした。

 代表幹事のKさんが、チケットの印刷等 ほぼ全ての事務作業をやって下さるので本当に助かっていますhappy01

 これから、みんなで分担してチケット販売に回るところ

 そもそもの燕支部の役員さんを中心に販売してもらいます。

 来る人ってほぼほぼ決まっているものですもんねcoldsweats01

 で、次なる大きな問題は、次年度幹事を探して引き継ぐことです。

 ココが大変sweat01

 同窓会名簿を見ながら、みんなで悩んでおりますsweat02

 diamond三条高校を卒業しており、燕市に在住か燕市に勤務している

 diamond(時間の自由がきく)自営業がベスト

 この枠にズバリ当てはまる人って、なかなかいないのでございますbearing

 (よく考えると、Kさんと私が本当にズバリなんですね。。。)

 

 まあ、いろいろありますが、同窓会がきっかけで小学生の時からずっと同じ学校のKちゃんと久しぶりに会えたので結構楽しいですheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

健康予報

今年は、いつもより多く回っている気がします

めまいがsweat02

月末月初に 心臓に悪い登記申請が続いたからかな・・・

そういえば、異業種交流会で知り合った気象予報士さんに、気象病についての予報をしているウェブページを教えてもらったんだったsign01と思い出し

調べてみたらありましたhappy01

健康 天気予報 バイオウェザーサービス

健康予報のところをクリックすると個人設定と地域設定ができるようになっています。

健康予報ができるのは、以下のものです。

心筋梗塞、脳出血、脳梗塞、紫外線、熱中症、うつ気分、リウマチ、小児ぜん息

手足口病、ヘルパンギーナ

気象によって、いろんな病気が悪化するんですね。

でも、肝心の頭痛とめまいがないよ~

うつ気分で代替できるかな?

   

 

 
   
   
 
 
 
   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

調停センターのことを利用者に電話で説明するとき

認証された民間調停センターの場合、調停センターの利用に先立ちいわゆる「14条説明書」に基づいて、当事者(利用者)に説明をしなければなりません。

この説明は、ケースマネージャー(規程上は、事件管理者といいます)が行います。

実務上、これが結構難関です。

なぜなら

多くの場合、上記の説明を電話で行うから

club 顔の見えない 

club 初対面の相手に

club 相手にとって初めて聞く(難しいと予想される)話をする

そして、時間がかかるわけです・・・

ケースマネージャーになった方は、皆さんご苦労されておりますsweat01

そこで、実際にものすごく苦労された運営委員さんの発案で、

ケースマネージャー用 電話で14条説明 虎の巻(勝手に命名 昭和の匂いcoldsweats01

を作成中sign01

みんなで知恵を出して、みんなの実務が軽やかになるように頑張りましょうねhappy01

そんな折り、じゃあ、電話対応そのもののヒントはないかな?と思ったところ

日本電信電話ユーザ協会のことを思い出しました。

こちらのホームページの中で、電話のコミュニケーションについての記事を発見flair

書いていらっしゃるのは、元NHKアナウンサーの岡部達昭氏です。

そちらの記事を一部転載しますと

よい電話対応の条件とは

1.話をよく聴いてくれる。

2.用件に対する明快で的確な返答。

3.確かな業務知識。

4.手際の良い事務処理と応対。

5.分かりやすい説明。

6.きちんとした復誦、確認、くり返し。

7.温かい心くばり。

8.適切な「間」、聴きやすいテンポ。

9.明るく歯切れよく聴きやすい声。

10.丁寧なことば遣い、正しい敬語

ハードル高っ!!!

一歩ずつ前進ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »