« かいけつサポート通信第23号 | トップページ | 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 9月例会の打合せ »

2015年8月27日 (木)

欲しいのは人だ。必死で探している。 「折々のことば」から

今日の「折々のことば」にハッとしました。

欲しいのは人だ。必死で探している。  藤 浩志

「これはあなたの仕事。私の仕事ではない」と言ってはばからぬ組織は脆い。

誰の仕事でもないが、だれかがそっとやっておかなければならない仕事が、じつは全体を支えている。

どこかに油断はないか?

だれかにしわ寄せが行っていないか?

そんなふうに全体を案じる人がいるか否かが、組織の帰趨を決める。

十和田市現代美術館館長の口をふとついて出たことば。

偶然にも組織の運営についていろいろと考えた日でした。

ついつい自分でやってしまいがちな私。

自分でやった方が早いけど、そうではなく組織の中で複数の仕事を全員でうまく処理するにはどういうアクションを起こしたらいいのか?いろいろ考えたつもりでも結果、うまく行かないことが多いです。

引き受け加減

お願い加減

このやりとりが難しいです

自分軸で考えてしまっているんでしょうね。

そして、今日も反省

まれに物事がうまく進行するなあと思うケースがあります。

例えば、以前に担当した調停のチーム

それぞれが自分で考えて、自分で動ける人の集まりでした。

お互いに信頼感がありました。

優秀なリーダーと優秀なフォロワーがいれば組織はうまくいくんだろうなあ。

私の場合、まずは自分の人格の涵養が必要です。

なんだか、まとまりのない内容になってしまいましたスミマセン

|

« かいけつサポート通信第23号 | トップページ | 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 9月例会の打合せ »

コメント

私も同じでした、中間管理職として悩んでいるところに朝日新聞で見つけたこの言葉にハッとさせられました。嫌われようが自分の信念を貫けばいいのではないか、それが会社と私を引き上げてくれる上司のためならやってやるぞって😅それでも悩みは無くなるどころか増える一方ですけど‼️

投稿: | 2015年9月 3日 (木) 22時35分

コメントありがとうございます。

組織における人間関係の悩みは尽きませんね。
どの立場であっても

きっとお互いにトライ&エラーの日々でしょうが、ストレスためすぎないように頑張りましょうね

投稿: せきかわ | 2015年9月 4日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいのは人だ。必死で探している。 「折々のことば」から:

« かいけつサポート通信第23号 | トップページ | 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 9月例会の打合せ »