« 全国司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | 嫌われる勇気を買ってみた »

2015年11月26日 (木)

かいけつサポート ADR認証機関の事件数データ

ふと調べたいことがあってかいけつサポートのホームページを見ました。

ついでにと言ってはなんですが、各調停センターの受託件数のデータが2014年度(2014年4月1日~2015年3月31日)のものに更新されているかな~と思って、ちょっと見てみました。

するとセンターによって、2014年度データがあるところと2013年度データで止まっているところがあります。

この差は何?

新潟県司法書士会調停センターは、2013年度のままです。

ちゃんと事業報告書の提出締め切りに間に合うように法務省に提出しているのに、なぜだろう?

司法書士会で見ると、神奈川県司法書士会と東京司法書士会の調停センターは、2014年度の数字が上がっています。

弁護士会で見ると、京都弁護士会、横浜弁護士会は2014年度の数字があり、愛知県弁護士会は2013年度のまま。

全部を見ている時間もないので、「民事に関する紛争(全般)」を扱うセンターのいくつかだけ上から順に見てみましたが、法則は見つけられずsweat01

(どうでもいいことだけど)ちょっと気になっていますcoldsweats01

|

« 全国司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | 嫌われる勇気を買ってみた »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/62754898

この記事へのトラックバック一覧です: かいけつサポート ADR認証機関の事件数データ:

« 全国司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | 嫌われる勇気を買ってみた »