« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

JR北海道でも便乗値上げ?

北陸新幹線が新潟県を通過することになった時に起こったことが北海道でも起こっていることがわかり、思わず記事にしました(笑)

JR北海道、人気の回数券廃止 「利用者」事実上の値上げ

JR北海道は、1カ月を切った北海道新幹線開業時のダイヤ改正に合わせて、特急列車を割安で利用できる割引切符を大幅に見直す。中でも割引率が大きい自由 席特急券4枚つづりの「Sきっぷフォー」の廃止には、利用者から「事実上の値上げ」との不満が根強いだけでなく、専門家からも批判の声が上がっている。

JR各社って、どこも考えることが同じなんですね~

県(道)外観光客に手厚く、県(道)内利用者に厳しい。。。

なんだかなあdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

認知症患者の権利擁護~成年後見・医療同意をめぐって~

昨日、2月26日(金)は、第257回新潟市医師会臨床懇話会に参加させて頂きました。

本来は、医師会主催なので司法書士は入れないのですが、医師会のご厚意によって、参加させて頂く事ができました。

Img_20160226_185638


タイトルは

認知症患者の権利擁護~成年後見・医療同意をめぐって~

講師は、東京都立松沢病院 院長の齋藤正彦先生

http://www.byouin.metro.tokyo.jp/matsuzawa/aboutus/greeting.html

座長は、新潟大学法学部 教授の上山泰先生

ドクターの目線からの講演を聞くことができる機会はほとんどないのですが、著名なドクターの講演のほか、上山先生の解説もあり、講演後になされたドクターの質問もまた司法書士にはない目線でとても有意義でした。

特に印象に残った内容は以下のとおりです。

1.被後見人を取り巻く関係者は、本人と利益相反するという点

例えば、第三者後見人は本人から報酬をもらう、ケアマネージャーは、サービスプロバイダーと提携している、という点で利益相反しているということ。

当たり前といえば、当たり前ですが、あまり意識したことがなかったため、なるほどと思った次第です。

2.本人の権利擁護の点で言えば、家裁の審査・監督機能が弱いことからすると、親族がいないケースでは、成年後見人は誰にも審査されないことになること

つまり、成年後見人がした契約は、本人に帰属しますが、本人が不服の場合は、誰に訴えたら良いか?という問題になることです。

3.被後見人の財産の横領案件の90%は親族によるもので、齋藤先生からは月平均で3億円という数字に会場中が驚いていました。

確かに、裁判所から来る後見人候補者の推薦依頼の中にはかなり頻繁に親族が横領したために解任された結果であるような案件があります。

4. そもそも本人のの意思の代行決定などできるのか?

私も依頼者さんたちと接していて思うのは

「人はすぐに気が変わる」

 元気な時に思っていた、決めたことを高齢になり体調が悪くなったときに、そのまま同様に考えも変わらずにいられるか?といえば  かなり疑問。。。

 本人の最善が何か?ということを探すのは、本当に難しいことですね。

 

さて、今回の講演を聞いて思ったことは、家族のいる資産家の場合は、成年後見制度ではなく家族信託も選択肢に入れて欲しいということです。

例えば、遺産分割協議の時だけのスポット後見人が認められていない現状では、認知症とはいえ、成年後見制度の下ではお孫さんに(高額の)お小遣いもあげられない(家裁にダメと言われたとご参加のドクターから実際の事例をお聞きしました)などの不都合も出ます。

最後に、今回の講演を聞いて、今後なお一層、誠実に成年後見人の職務にあたらなくてはと感じました。

新潟市医師会様及びエーザイ株式会社様には心よりお礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

新潟県中小企業家同友会 2月例会

昨日2月22日は、新潟県中小企業家同友会三条支部の2月例会でした。

報告者は、燕市に本社がある株式会社吉田工業の代表取締役社長 吉田智氏

三条支部の例会には、いつも吉田社長のお父様が参加されるので、会社の名前は知っていたものの 一体何をされている会社か全然知りませんでした。

なんだか、最近忙しくて疲れているし、今回はどうしようかな~と思いつつの参加だったのですが

結論

行って良かったhappy01

同じ燕市内でこんなに頑張っている会社があるなんてという驚きと吉田社長の前向きな姿勢にものすごく感銘を受けました。

なんとこの吉田工業さんは、JAXAのクリーンルームを複数作られているのですshine

最初の依頼は、2011年の東日本大震災の時だそうです。

ちなみに当時の社長は、現在会長さんです。

http://www.k-yoshida.co.jp/

ホームページの記事を引用しますと

2011年3月の震災で壊れた筑波宇宙センター施設内の復旧作業で、当社の簡易クリーンルームを施工させていたしました。また研究設備の早期復旧、人口衛星の打ち上げ遅延回避に貢献したことが認められ、JAXA様より感謝状をいただきました。

大手企業さんができなかったことを地方の中小企業がやってのけたという感動shine

なんか下町ロケット風ですねhappy01

懇親会では社長本人ともお話させてもらいましたが、いばることも奢ることもない話しぶり

う~ん、すごい。

また、どこかの例会でお目にかかるのが楽しみですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

新潟県司法書士会調停センター 法令+ロールプレイ研修

昨日、平成28年2月20日(土)は新潟県司法書士会館で、本年度最後の調停センターの研修会を開催しました。

前半が、法令研修でADR法や当会の手続実施規程等の説明

後半は、調停ロールプレイ研修です。

今回は、調停センターの研修を受けるのが全く初めてという方が3名

うち2名は昨年合格された新人さん

最初はなんでも勉強してみようsign01という気概が感じられますねhappy01

ここから継続して興味を持っていただける方がいるかどうかにかかっているわけですが・・・

う~ん、どうだろう???

私自身の準備不足が否めないsweat02

ところで、研修会前日に調停センターの運営規程を変更した方が良い箇所を発見sign03

事案がくるたびに、規程類や書式に修正をかける必要が生じるのですが、今年も年度末になってまたも修正しなくてはならなくなりました。

やっぱり、認証に向けて机上で考えていた規程は実際に実務がスタートすると、これは違うなあと思うことがしばしばです。

昨日の法令研修の講師は、前センター長にお願いし、ADR法を中心にコンパクトかつわかりやすく解説してもらいました。

が、運営面で(あまりにcoldsweats01)変わっているので、来年度は、変更箇所を中心に実務的な問題点の解説も追加したほうがいいかもしれないと思ったところです。

そして、ロールプレイの方

全く初めての方には当事者役をお願いしましたが、皆様、熱心に取り組んで下さいました。

ベテランの皆様には、60歳定年間際の融通きかない公務員や大工一筋35年のガンコ職人さんを演じていただき、ハタから見ていて(失礼ながら)面白かったですnotenote

今回参加のベテランの皆様は、当初からず~~~~~っと、協力していただいるADR仲間さんたちです。

皆様、お忙しいのに参加いただき、本当にありがたいなあと思ったところです。

特に元会長・副会長には、懇親会も設定していただき感謝・感謝ですheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

遺産分割事件は増えているか?

3月の期末に向かって、事業報告やら事業計画案作成などに四苦八苦の関川です。

さて最近、相続に絡む相談が増えているな~と感じます。

金額も多いものから少ないものまで さまざまです。

司法書士の場合、遺産分割でもめるとその間に入って交渉することはできません。

そうすると、裁判所の調停をお勧めするか、弁護士さんをご紹介するか、そのまま放置のなどの選択肢になります。

ちなみに、新潟県はできませんが、東京・福岡・京都・愛知の司法書士会調停センターでは遺産分割事件も申込可能ですhappy01

裁判所に持ち込まれる遺産分割事件は”本当に”増えているのか?調べたくなり、司法統計を見てみました。

平成20年から平成26年までの数字を拾ってみました。(さすがに平成27年はまだ公開されておらず)

2

すると全国的には微増で、平成20年から平成26年までは20%増

新潟県は平成20年が128件、平成26年が192件で33%増でした。

ということで実際に数としても伸びていることがわかりました。

ただ、全国的に見ると、あんまり件数が変わらない家裁もあるのです。

例えば、甲府 77件→79件

     福岡 422→432件

そして、もう1点

平成25年にガタンと数字が下がっている家裁が複数見受けられました。

その原因は?と思っていたら、友人から

「偶然かもしれないけど、平成25年1月1日施行の家事事件手続法のせいでは?」とのご指摘をもらいました。

新法が施行されて、申立に慎重になったのではないかというご意見でした。

なるほどflair

ありえますね~

平成27年の数字はどうなっているかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

ファシリテーション・グラフィックを学ぼう

新潟県女性財団の講座ご案内です。

http://npwf.jp/event/%e3%80%8c%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b%e5%8c%96%e3%81%ae%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%8d%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95/

ファシリテーション・グラフィックを学ぼう!

日時:平成28年3月6日(日) 10:00~17:00

場所:新潟県女性センター女性団体交流室2

講師:徳田太郎さん(NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー)

費用:5000円

申込は、新潟県女性財団のホームページでsign01

私も参加予定ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

久々に調停ロールプレイ研修を行います

来週20日に新潟県司法書士会調停センター主催で手続実施者養成研修会(法令研修+調停ロールプレイ)を行います。

調停ロールプレイ研修を新潟県で実施するのは、かなり久しぶりsweat01

2時間予定しており、1時間ずつで2つの事例を行います。

その一つを私が担当

以前に作ったものを修正して使おうと思って見直し作業をしましたが、やはり時間が経つとあちこちにほころびが見えるものですねcoldsweats01

一カ所直すと、共通シート・申込人・相手方の秘密シートの全部を見直す必要があります。

調停ロールプレイを実施する前の説明用文書やふりかえりシートも数カ所変更sweat02

調停人としての能力は、ちっとも向上している感がないのですが、自分が作ったものの改善点が見えただけ マシということにしておきます。

そして残念ながら、年々参加者が減っている手続実施者養成研修会です。

しかしながら、少ないながらも参加してくれる方は実際に調停人を経験した方が多いです。

事例検討会で出たご意見としても

「実際に調停人をやってみると、当事者からいろいろ聞かれるので規程がどうなっているかしっかりわからないと困る」

そういうことからも、今回の法令研修会に参加してくれるのはベテランが多いということになりました。

他の司法書士向けの研修会にも共通していますが

実際に実務で扱っている人ほど、当該分野の研修会に出席する

当該分野を知らない人は、それを知るためには(勉強に)来ない

という感じがします。

あるコピーライターさん(と思う人)が

興味のない人に興味を持ってもらうことは難しい

というのを聞いたことがありますが、特に調停については本当にそれを実感します。

ちなみに来年度は、ちょっと工夫した手続実施者養成研修会を予定していますnote

来年度は新規で参加してくれる人が増えるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

かいけつサポート通信第32号

かいけつサポート通信第32号です。

「20160205_.pdf」をダウンロード

今月号は、早くも事業報告書の書き方に対する留意点についてです。

事業報告書は、例年3月末の締めで、6月末までに提出です。

我々の業界でいうと、本会の事務局さんに任せきりで、本職がほとんど見ていないので、ちょっと・・・という報告書がある予感がいたしますデス

役員さんで多重会務者が調停センターを担当していることも多いと予想しますので、なかなか難しいのかも。

当会は落ちがないように気をつけますsweat01

ちなみに、法務省の関係資料集が緑本から青い本に変わってから、手元に現物がないので、次回報告書を作る時は、その部分だけでもコピーをもらっておかなくてはcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

予算案の季節

新潟県司法書士会も日本司法書士会連合会も決算は3月末日

ということで、1月後半から2月にかけては、予算案と事業計画案作成の季節です。

1月に新潟県司法書士会調停センターの会議を行い

2月は日司連の方の会議に参ります。

新潟県の方ですが、予算案作成に先立ち今年度の予想残額を見ると、ものすごく減ってるsign03

本会から例年通りの金額繰り入れでは、厳しい予感wobbly

ということで、(少しでも)繰越金を増やすべく、今年は(私の)事務長手当を辞退し、会議も減らすことに致しました。

あぁ、お金持ち団体が羨ましい。。。

少ない予算で成果を上げようと、努力を重ねてきましたが、なかなか・・・

ふと周りを見渡すと  予算って

声の大きい人の言うとおりになりがちだなあとしみじみ感じますsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

AIアプローチを体験する

今日から2月

光の春らしく、なんだかお昼間の明るさが増しているような気がします。

さて、わたくし、先週末は名古屋に行って参りました。

津村先生のAI(Appreciative Inquiry)合宿研修 in名古屋 に参加するためです。

AIは随分昔に、日本体験学習研究会の分科会でちょっぴりやってみた程度で、さっぱりわからないままの参加sweat01

二日間体験してみて、やっぱりわからなさは残っていますが、少しずつ理解を進めていきたいなあと思っております。

新幹線の中で読んでいた本は「失敗の本質」(とても良い本だと思います)

AIアプローチは、その大局にある感じ 

行きの新幹線ではそれほど感じませんでしたが、帰りの新幹線では少し読むのが辛く感じました。

やっぱり、ポジティブアプローチの方が気分いいのですねnote

さて、私がわざわざ名古屋に行く理由

講座の内容それ自体も素晴らしいからなのですが、キラキラ輝く人たちに会えるからshineshine

今回も、素敵な皆さんに会えましたheart

みんなニックネームで呼び合ったり、お気楽な感じで講座にいらっしゃるのですが、どの皆様もすごい才能・バックグラウンド・実力を持っている人ばかり。

本当に勉強になりますsign01

Img_20160131_100934

相変わらず、昭和な私でお恥ずかしい・・・

久しぶりの合宿研修で疲れましたが、やっぱり行って良かったなhappy01

ご参加の皆様、二日間大変お世話になり、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »