« ファシリテーション・グラフィックを学ぼう | トップページ | 新潟県司法書士会調停センター 法令+ロールプレイ研修 »

2016年2月19日 (金)

遺産分割事件は増えているか?

3月の期末に向かって、事業報告やら事業計画案作成などに四苦八苦の関川です。

さて最近、相続に絡む相談が増えているな~と感じます。

金額も多いものから少ないものまで さまざまです。

司法書士の場合、遺産分割でもめるとその間に入って交渉することはできません。

そうすると、裁判所の調停をお勧めするか、弁護士さんをご紹介するか、そのまま放置のなどの選択肢になります。

ちなみに、新潟県はできませんが、東京・福岡・京都・愛知の司法書士会調停センターでは遺産分割事件も申込可能ですhappy01

裁判所に持ち込まれる遺産分割事件は”本当に”増えているのか?調べたくなり、司法統計を見てみました。

平成20年から平成26年までの数字を拾ってみました。(さすがに平成27年はまだ公開されておらず)

2

すると全国的には微増で、平成20年から平成26年までは20%増

新潟県は平成20年が128件、平成26年が192件で33%増でした。

ということで実際に数としても伸びていることがわかりました。

ただ、全国的に見ると、あんまり件数が変わらない家裁もあるのです。

例えば、甲府 77件→79件

     福岡 422→432件

そして、もう1点

平成25年にガタンと数字が下がっている家裁が複数見受けられました。

その原因は?と思っていたら、友人から

「偶然かもしれないけど、平成25年1月1日施行の家事事件手続法のせいでは?」とのご指摘をもらいました。

新法が施行されて、申立に慎重になったのではないかというご意見でした。

なるほどflair

ありえますね~

平成27年の数字はどうなっているかな?

|

« ファシリテーション・グラフィックを学ぼう | トップページ | 新潟県司法書士会調停センター 法令+ロールプレイ研修 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/63235069

この記事へのトラックバック一覧です: 遺産分割事件は増えているか?:

« ファシリテーション・グラフィックを学ぼう | トップページ | 新潟県司法書士会調停センター 法令+ロールプレイ研修 »