« かいけつサポート通信第33号 | トップページ | 燕市 空き家等の対策に関する協定に係る会議 »

2016年3月22日 (火)

調停人の選定が大切かも

とある県のとある士業の方から伺った話

自分のところにも調停センターがあるけど、調停案件があってもそこには申し込まない。

理由:誰がどうやってあっせんしているかわからないし、能力にも疑問がある

なるほどね。やっぱり士業の場合はそういうことかもflair

私が知る限りで、案件が多いADR機関は確かに調停人・あっせん人について「これは!」と思う方を一本釣りしているみたいです。

あの人たちがやっているならば、持ち込んでみよう、ということで。

誰が調停人をしているか?

改めて新潟県でも検討しなくちゃいけないなあと思いました。

あの人ならば安心shineという会員をリクルートすることになるかなあ。

当事者によってはベテランを望む声もあり、(すでに元会長・副会長には活躍してもらってますが)もう数名ベテランで、よい調停をしてくれそうな方を発掘したいところです。

|

« かいけつサポート通信第33号 | トップページ | 燕市 空き家等の対策に関する協定に係る会議 »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/63381392

この記事へのトラックバック一覧です: 調停人の選定が大切かも:

« かいけつサポート通信第33号 | トップページ | 燕市 空き家等の対策に関する協定に係る会議 »