« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月27日 (水)

親族法コンメンタール

昨年の6月号から「戸籍時報」を購読しています。

きっかけは、「成年後見人である司法書士から成年被後見人の生存中に同人の推定相続人である兄弟姉妹に係る戸籍謄本等の請求があった場合についての東京法務局民事行政部戸籍課の回答」が載っていたから

このあと、連合会がわざわざ法務省民事局に確認したようで

「成年被後見人の相続人調査は、同人の死亡後に必要になるものであり、相続が発生していない以上戸籍の記載事項を利用する正当な理由があるとは認めることはできない」とする従来の見解に変更はないとの回答があったとの通知が司法書士会員にありました。

結局、できないらしい。

これ、結構困るんですよねthink

それはそうと、この戸籍時報

戸籍以外でも親族法関係の情報が多く、とても勉強になるため定期購読にしています。

4月号からは月報司法書士でも記事を書いて下さっている立命館大学法学部教授の本山敦先生の新連載が始まりました。

親族法コンメンタール

3年間の連載の予定だそうです。相続案件が増えているので、親族法の知識で忘れてたり、よくわからないところはこれでしっかり復習したいと思いますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン5月例会のご案内

日本ファシリテーション協会 新潟サロンの5月例会のご案内です。

日頃慣れきった”ロの字”会議で決まらない、意見が出ない、なんとかしたい!と思っている方是非ご参加下さいsign03

テーマは「いきいき会議の作り方」

日時:平成28年5月14日(土)13:00~16:30

場所:万代市民会館(アルザ万代)407・408号

定員:20名

参加費:1,000円(但し、FAJ会員及び学生500円)

お申し込みは、ファニーのGメール宛てにお願いしますhappy01

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燕でイノベーション~アイディアソン・ハッカソンってなあに?

地元燕市役所が主催したイベントに行ってきました。

燕でイノベーション~アイディアソン・ハッカソンってなあに?

Photo

メインで進行するのは

ヤフー株式会社 執行役員 CMO村上 臣さんと株式会社フィラメント代表取締役角 勝さん

Img_20160423_205630_022

お二人とも初めて聞くお名前で、しかもアイディアソン・ハッカソン も初めて聞く言葉

何も分からず行ってみたって感じcoldsweats01

行ってみて・・・100名以上の参加にまずびっくりsign01会場狭かったです。

Img_20160423_145641

そして、アイディアを出す場って楽しくて、多様な人たちと枠を広げたり、ハズしたりするってことが共通だなと思いました。

無料のイベントで、燕市の商工課が企画しているという点では燕市内の企業さんの発展を目的としているでしょうが、参加者に肝心の燕市内の企業関係者の方が少なかったですね。

学生さんは多かったな、高校生もいたみたい。

アイディア発想トレーニングでは、20チーム中、我がチームが優勝しましたshine

Img_20160423_181736

終わってみて、同じチームメンバーの方も私と同じ感想をお持ちでした。

”バランスがよかったheart

学生さん、若い社会人の方、私 の3名が女性

会社社長、会社役員のアートディレクター、フィギュアスケートができる職業訓練校の先生
の3名が男性

年代も職業も地域もバラバラ。ちなみに燕市在住は私だけ。とても面白かったです!

優勝記念に㈱フィラメントさんのTシャツ頂きましたnoteImg_20160425_151228

で、他19チームの発表を見ていて思ったのは

「男性だけのチームだとイノベーションや面白いことは出にくいのかも」

次回は6月25日(土)10:00~18:00 

場所は同じく燕市民交流センター

残念ながら、次回は参加できずsweat02 ご盛会をお祈りしま~すhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

いままでにない取下理由

司法書士に登録して以来、初めての理由での取下を経験しました。

ものすごくびっくりしましたが、同職の皆様でもご存じない方がいるかもしれないと考え、今回記事にします。

それは・・・

事前通知で登記申請した場合の回答書に関することです。

回答書は「A4 1枚もの」ですよね。

この文書の下の方に点線があって、点線の下に「回答欄」があるのですが、点線部分を切り取り、回答欄のみ法務局へ送付した場合、なんと申出期間の満了の翌日の日付をもって、当該申請は却下されるのです。

そのため、法務局から「取下して下さい」との電話が来たのでしたcrying

はじめ法務局から電話がきた時

はあ~?なんで??

電話で話すと、取り下げの理由は「切り取って送ってきたから」 

更に聞くと、その根拠は昭和35年9月3日民事甲2219号/登記研究155号 P25

登記義務者が不動産登記法第44条の2第1項の規定による通知書(ハガキ)に設けられた回答欄の部分(半分に切ったもの)のみに氏名、住所を記載押印の上提出した場合には、申し出がなかったものと看倣して所定の期間の満了の翌日の日付をもって、当該申請を却下すべきである。 

だというのです。

事前通知の制度は最近の法改正でできたはずなのに、おかしいじゃないか!!というと権利証/登記識別情報がない場合の措置で、回答欄を送らせるということは共通しているから、現行でもこの通達が生きているのだそうです。

仕方なく、取り下げて再度申請しましたsweat02

確かにあの点線”切って下さい”というニュアンス出していたなあ~とは思います。

法務局にも「切り取らないようにして下さい」という注意書きを入れてもらうように頼みましたが、私の事務所では、事前通知の場合は依頼者さんに「こういう流れです」という図入りの説明文書をお渡ししているのですが、その文書の注意書きに 速攻

点線がありますが絶対に切り取らないで下さい。A4用紙のまま返送して下さい。

と書き加えたことはいうまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン4月例会開催しました

今年に入って、そして、新年度になって 初めての日本ファシリテーション協会 新潟サロン例会でした。

なんだか久しぶりの感じhappy01

そして会場は、ファニーでは初めての日司連中央図書館ほんぽーと

会場 良いところですね~、気に入りましたheart

さて、今回のテーマは「テーブルファシリテーターの心得と振る舞い」ということで、東京支部の”修羅さん”(もちろん本名ではありません!)を講師にお呼びして開催しました。

参加者はメンバー含め21名

ワークショップや会議等でグループでの話し合いをする時に、各テーブルで”司会役”を決めることってありますよね。

私も参加しております新潟県中小企業家同友会でもよくグループ討論をしますが、その時のグループ長も同様ですね。

メインファシリテーターとは違うけれど、各グループの話し合いが円滑になるように働きかけるという点では、かなり重要な役回りです。

これまで、あまり意識してきませんでしたが、改めてテーブルファシリテーターはどういう風にするとよりよいか?について実際に体験してみました。

初めてやってみるとか、まだ慣れていないという方が多い現場では、まず道具が使えるってことがとても大事ですから、今回の講座で得たノウハウは、なかなか使えそうです。

まずは、私がメインで実施する新潟県中小企業家同友会三条支部6月例会で試してみようっとsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

自分の「相談」を聞いてみる

今年は1月の東北ブロックの司法書士新人研修と3月の新潟県司法書士会の新人研修で、「相談」についてお話する機会を得ました。

その中で、

相談は簡単には習熟できず、心がけでは不十分

継続的な訓練が必要です!

具体的には自分の相談を録音して確認してみるなどしてはどうでしょうか?

などとえらそーなことを言いました。

翻って自分 どうでしょうか?

ということで、お客様の了解を得て事務所での相談場面を録音して、後に聞いてみました。

うん

改善点いっぱいcoldsweats01

口癖や声のトーン・調子などなど

言葉にも もっと 注意を払わなくちゃなあ~と思ったり。

日々修行ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

「今日もはまようび」に心を奪われる

3月に参加したJIELの講座でご一緒した方が作っていらっしゃる雑誌?広報誌?をGETしましたheart

講座の途中で見せて頂き、とっても気に入ったので(無茶を言って)送ってもらったのでした。

まずは この雑誌(広報誌)

気刊 なんですsign01

気分で発行するから「気刊」 このネーミングからしてやられましたflair

発行元は、兵庫県尼崎市で”はまようちえん”を経営されている法人

JIELの講座では1月に園長先生に、3月は理事長さんとご一緒しました。

なんと、理事長さんが元広告代理店にお勤めのコピーライターということで、センスあふれる雑誌なのでございます。

ご本人ももちろん、オシャレな感じnote

文章も

コピーも

イラストも

レイアウトも

すごくラブリーshineshine

たまに開いては、心の栄養源とさせていただくこととしますheart04

ハタさん、ありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

一生懸命やるかどうかわかりませんが、よろしくお願いします

昨日の鷲田清一先生 「折々のことば」

”一生懸命やるかどうかわかりませんが、よろしくお願いします。”

知的障害のある青年

解説の後半

みんなの期待に応えられないかもしれない。でも一本の道筋に自分を貼り付けないで未来への扉を開けておく。「自由であれ」という命令からも自由であろうとする清々しさを見た。

私にとっては、インパクトのある言葉でした。

一生懸命やるかどうかわからない?!

もちろん背景事情も違うので一概に論じられることでもないのですが、周りから「真面目だね」と言われることの多い私は「そういうスタンスもありかぁ~」と気づかされました。

ちなみに、少し前に話題ともなりましたが「怠けアリ 集団存続に貢献」という新聞記事もすぐに切り抜きました(笑)

自分が属している組織・集団で、フリーライダーや社会的手抜きをする方に対し、どうしたらいいものかと悩んでいたからです。

この研究チームの一員である長谷川英祐先生(北海道大学准教授)のコメントは

「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。人間の組織でも短期的な効率や成果を求める悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」

そこで、悩むこと自体が問題なのかもしれませんが、先日のJIELのグループプロセス・コンサルタント研修では同様の悩みをお持ちの方が複数いらっしゃり、安心した経験もしました。

そうそう、その研修中、あるグループの発表の内容中でおもしろかったことhappy01

企業内での困った人ベスト3

1.何もできない・しないのに「大丈夫です!」と言い切る

2.「わからない」で済ます

3.無関心

皆さん、お困りなんですね~coldsweats01

まあ、日々折り合いつけてやっていくってことかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

アイディアソン・ハッカソンってなあに?

燕市役所主催のセミナー

「アイディアソン・ハッカソンってなあに?」

http://www.city.tsubame.niigata.jp/industrial/016511067.html

最近注目され、多くの有名企業や団体が導入しているアイデア創出イベント「アイデアソン」

と開発イベント「ハッカソン」。

その概要と効果をわかりやすく紹介するセミナーを開催します。

アイデアソン・ハッカソンに興味があり、自由な発想力を鍛えたい学生、主婦、エンジニア、クリエイター、デザイナー、企業人など、どなたでも参加できます!!

申込期日は4月8日(金)

ワタクシ 初耳です。そうですか、注目されているんですか。

いったいどんな内容なのか?

翌日が社交ダンスのイベントなので、前日練習したいところなのですが・・・やっぱり、どんなものか体験してみたいsign01ということで申し込んでみました。

燕市民でなくても申し込めるらしい。燕市太っ腹だねhappy01

まだ受付中でした。

ただ、気になるところが1つ

発想力を鍛えるイベントですが、セミナータイトルはベタ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

朝ドラ とと姉ちゃん 開始に思うこと

新年度始まりましたね

新潟県司法書士会の事務局さんも、日本司法書士会連合会の事務局さんも ものすごく忙しそうcoldsweats01

お疲れ様です。

さて、今日から朝ドラ「とと姉ちゃん」が始まりましたねhappy01

前作「あさが来た」がものすごく好きで、毎朝とっても楽しみでしたheart

あんな”だんな様”が現実にいるわけない!と思う働く女子せきかわ

夢物語だわ・・・と思いつつも物語の世界に引き込まれ、毎日熱心に視聴しておりました。

そんな楽しみが終わってしまいの次

とと姉ちゃん

この”とと”って、どういう意味だろう?と思っていたところ第1話で謎が解けました。

”とと”とは、お父さんの呼び方のことなんですね。

実は、亡くなった父が、亡くなった祖父のことを「とと」と呼んでいました。

新潟県の方言かな~と思ったら、静岡でもそういう風に呼ぶことがあるんだな、なんて思ったりして。

父が生きていたら、そんな話ができたのにな、と思った今朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

質問力を上げたい!

調停センターのお仕事をしている時

事務所で司法書士の仕事をしている時

共通して感じるのは「質問力」が上がるといいな、ということです。

調停センターの場合は、事件管理者もしくは調停人として当事者の皆様と接するのですが、調停センターに関与している方ならおわかりかと思いますが、いろんな場面でそれぞれの立場で適切なタイミングで適切な質問ができるといいですよね~

司法書士の仕事においても同様だなと感じます。

多くの場合、依頼者さんは”聞かれたことにしか答えない”のです。

(司法書士側が)重要(と思うよう)なことを自ら話してくれる方は、あまりおりません。

この場合、質問の仕方も重要で

ある側面から質問は、その側面からの答えしか出てこず

別の側面から ある事実があったとしても その側面からの質問ではないから、答えとしては出てこないのです。

司法書士はいろんな角度で、いろんな質問を繰り出し、事実にせまらなければなりません。

過去にいろんな本を買いました。

例えば

パワー・クエスチョン 

NLPフレーム・チェンジ など

でもなかなか本を読んだだけでは身につきませんでしたcoldsweats01

実際の場面でやってみて、失敗したような経験から徐々に学ぶしかないかな~って思います。

私の場合は、まだまだ未熟

これからも実務を通して、勉強しますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »