« 事務所の納涼会  | トップページ | アビリーンの逆説 »

2016年7月24日 (日)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 7月例会に参加

7/23(土)は、日本ファシリテーション協会 新潟サロン7月例会に参加しました。

講師は、プロのファシリテーター 吉崎さん

テーマは”ワークショップって何?”です。

Img_20160723_152722

言葉として~ワークショップ~は聞きます。

でも、それはどういう意味なのかよく分からずに参加してたりします。

今回は、ワークショップを構成する重要な要素は何か?について考えてみました。

コンテンツとしての「ワーク」は”まわしよみ新聞”を作るでした。

まわしよみ新聞は、陸奥 賢さんが考案したものです。

クリエイティブコモンズ表示2.1 日本ライセンスの元で提供されております。

原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンスです。

とのことで、上記の条件を満たせば、誰でも利用できるそうですsign01

で、実際作ってみての感想

クリエイティブさが足りず、絵心がない者(私)が作るのは、ちょっとハードル高く難しかったです。

出来不出来が非常に気になりましたが、短い時間の中で作り上げるという点では、葛藤や合意形成についてプロセスがあり、自分からメンバーからいろんな気づきがありました。

私がこれを使うとしたら、どこで、どういうふりかえりを準備するかな~と思ったり。

|

« 事務所の納涼会  | トップページ | アビリーンの逆説 »

ファシリテーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/63959648

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 7月例会に参加:

« 事務所の納涼会  | トップページ | アビリーンの逆説 »