« アジアビジネスロー研究所 | トップページ | 成年後見人から成年被後見人の生存中に同人の兄弟姉妹等の戸籍謄本等の交付請求があった場合の取扱いについて »

2016年8月10日 (水)

愛媛和解支援センターさんから総会資料をいただきました!

月曜日に愛媛和解支援センターさんから第7回の総会資料が届きましたhappy01

総会には行けずに残念だったので、資料が届くのをとっても楽しみにしてましたheart

今回の総会で、代表が松下先生から佐藤裕三様へ変更されたとのこと。

松下先生には、大変お疲れ様でした。

さて、総会内容のほう

相変わらずの充実ぶりshine

特筆すべきは、運営費用は愛媛和解支援センターの会員さんが”会費”として支出している金員と利用者さんからの寄付等でまかなわれていることsign03

(会場が無料で確保されている好条件のもとですが)

これで、毎月1回のADRカフェと毎月1回の読書会、さらには各委員会を開催し、そして調停を実施をされているのです。

なんと調停実施は、1年に12件

しかも1年に2回、合計4日間の研修まで実施していらっしゃいます。

やっぱり、すごい、すぎる。。。

しかも会員さんは、皆さんとっても楽しそうheart 

長続きする要因はこれですよね。

あとは、本当にメディエーションに興味がある人だけが熱意を持って活動に参加しているということなのでしょう。

あまりに夢の世界なので、これはもう夢と思うこととして笑)、新潟県司法書士会調停センターは認証された民間調停センターとして、できることをしっかり頑張っていくしかないですね。

ちなみに持ち込まれた案件の傾向としては、離婚を含む家族間調整と相続が増えてきているとのこと。

BtoBの紛争と違って、親族関係の問題って安易に逃げられないですからね。

裁判所の実務的にも民事・刑事の事件は減っている一方、家事の案件は増えています。

時代の趨勢としても、調停センターで相続問題を扱う方向の検討をする時期なのかなと思っております。

|

« アジアビジネスロー研究所 | トップページ | 成年後見人から成年被後見人の生存中に同人の兄弟姉妹等の戸籍謄本等の交付請求があった場合の取扱いについて »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/64038911

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛和解支援センターさんから総会資料をいただきました!:

« アジアビジネスロー研究所 | トップページ | 成年後見人から成年被後見人の生存中に同人の兄弟姉妹等の戸籍謄本等の交付請求があった場合の取扱いについて »