« 九州大学紛争管理研究センター 第3回対話調停カフェに参加 | トップページ | 熊本県弁護士会 震災ADRシンポジウム »

2016年8月 3日 (水)

かいけつサポート通信第37号

かいけつサポート通信第37号です。

ダウンロードはこちら 「20160803_.pdf」をダウンロード

今回は、平成28年7月8日に開催された日本ADR協会主催シンポジウムの紹介記事です。

私も端っこの方に、ちょっぴり載っております。

いつもながらの「まとめ力」 う~んさすがです。

会場には法務省の方も5名おいでになっており、懇親会の席で数名の方と少しお話させてもらいました。

昨年とは担当者の方が変更になっており、現在規程修正についてご相談させている方にも直接、会うことができましたsign03

今回の規程修正は、遠隔地調停が実践できるようにするものです。

これがなかなか難関で・・・

利用者の不便を少しでも解消したい、利用者目線での動機なのですが、「文言」に落とし込むのは大変ですcoldsweats01

実際に実践されている全銀協さんの規程を見ると、そんなに複雑な規定ぶりではないんだけどなあsweat02

今月開催される運営委員会で、もう一回検討しますが、無事に法務省チェック通るといいな。

|

« 九州大学紛争管理研究センター 第3回対話調停カフェに参加 | トップページ | 熊本県弁護士会 震災ADRシンポジウム »

ADRセンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/64005947

この記事へのトラックバック一覧です: かいけつサポート通信第37号:

« 九州大学紛争管理研究センター 第3回対話調停カフェに参加 | トップページ | 熊本県弁護士会 震災ADRシンポジウム »