« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

体験学習仲間さんを新潟支部研修の講師にお願いしました!

新潟県司法書士会の新潟支部さんより嬉しいご依頼

「12月の支部研修で、何か体験型の研修をやってみたいので講師を紹介してくれないか?」

うふふ、どうしようかな~heart

ということで、南山大学で出会った体験学習仲間さんにお願いすることにしましたhappy01

ファシリテーション・ラボ信州を主宰している河合宗寛さんで~す。

ただいま、講師と内容について打合せ中

ニーズや司法書士に関する状況のやりとりをしていて、すごく楽しみになってきましたnotenote

そんなやりとりでも発見があり、すでに得した気分up

若手の会員さんがたくさん来てくれるといいなshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

調停の事前準備

「交渉の達人」を読んでおります。

Photo

ディーパック・マルホトラとマックス・H・ベーザーマン著

具体的な事例を元に交渉における様々な事象を説明、”交渉の達人”はこうする!的なことが書いてあり、参考になります。

これは!と思うことはいくつかありましたが・・・

特にコレが気になりました。

交渉の達人は、交渉の前にも、交渉の最中にも、交渉の後にも、あらゆる情報源にあたっている。

という記載

先日、個人的にちょっと残念だったな~と思った交渉をしました。

その原因として、まさに最近情報を複数調べることを怠った面が否めません。。。

そんなこともあり、調停についてもある程度の事前情報収集って大切なんじゃないかと思う今日この頃。

昔は、何も情報を入れず、書面も見ず、本番にまっさらな心で当事者に向き合うのがいい、というような考えもありましたが、実際の案件に当たると、それはどうかな・・・と思うようになりました。(あくまで私見です)

ある程度、事前に情報を入れておいた方が、充実した調停期日になるんじゃないかな~なんて考えております。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

新潟県中小企業家同友会 三条支部&燕支部合同例会に参加

昨日は、新潟県中小企業家同友会 三条支部&燕支部合同例会に参加しました。

報告者は、株式会社VIVAの代表取締役 小師宗貴さん

株式会社VIVAさんは、缶バッチを製作・販売する会社です。

http://viva2011.com/

缶バッチ?

って感じですが、企業さんのノベルティグッズや各地のゆるキャラ関連の小物としても人気の商品なんですね。

昨日は、燕三条地区のラーメンやカレーの缶バッチをお土産に頂きましたnote

さて、小師宗貴さん

バンドにのめり込んで、CD出して、アメリカで演奏するって夢を叶えた上での起業だったそうです。

それが、ぜ~んぶ人の縁で「自分は運がいい」と断言されていました!

それ本当に大事ですよねshine

報告後のグループ討論では、こちらも多種多様な業種の社長さんから、それぞれの会社ごとの工夫や信条を教えて頂き、大変勉強になりました。

共通していたのは、結局商売は、人と人のつながりがモノをいうってことかなと感じました。

専門知識を磨くことも大事ですが、異業種の方とお目にかかる機会はとても貴重です。

つい近視眼的に考えたり、業界のルールに縛られたりしがちですが、こういった機会に今までにない目線・考え方のヒントをもらうことができます。

また新たな気持ちで頑張ろう!と思いましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

裁判所の調停のアドバンテージ

家庭裁判所の調停委員選任の実際を垣間見る機会がありました。

よく言われる裁判所の調停委員選任のルートに

職種枠での推薦があり、

その一つに司法書士枠があります。

で、裁判所からの推薦依頼に応募した方を見ると、調停センターのトレーニングには全く興味なし!という方ばかり。

司法書士から裁判所の調停が上で、民間調停は下とみて、むしろ積極的に民間調停をディスる発言も聞かれてしまう始末sweat02

”ADR”という言葉が出現し、司法書士会でも調停センターの開設が相次ぎました。

しかしながら、実際に開設しても事案はほとんどなしdown

そうなると、勉強熱心で調停人をやってみたいsign01という方は、裁判所の調停委員になるという選択をするように感じます。

特に40歳以上だと、そこに飛びつきたくなりますよね。。。

実際、裁判所の調停実務を見ると

・事務作業・相手方の呼び出し作業は書記官がやってくれます。

・調停場所も県内各地にしっかりとした建物があります。

・合意した場合は、書記官が調停調書を作ってくれます。

一方、民間調停では、

・一番の難関である相手方の呼び出し作業は司法書士が自ら行います。

・調停場所は、司法書士会館のみ。それ以外だとプラスの費用がかかります。

・合意書も司法書士が自ら作ります。

ダンゼン、裁判所の調停委員にアドバンテージありsign03となってしまいます。

海外のADRを見ると、結局裁判所と何らかの連携があるスタイルが多く、現在の日本の民間調停センターのようなスタイルって実は少ないんじゃない?という疑問も湧いてきます。

裁判所も民事調停事件が減っているから、事件増のために熱心に動いているようです。

そして、法務省からの認証調停センターへの管理・監督が本当に厳しくsweat02

こういった状況の中で、なんだか民間調停センターを続けていくことが辛い気分になっておりますweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

バランスボールが苦手です

先週末は秋田へ行き

月曜日は四谷へ日帰り出張

常に忙しい皆さま方からすれば、全然余裕じゃ~ん、と思われるかもしれません。

sign01

体力のない私は、やっぱり疲れる。。。

そして、なんとか筋力をつけようと昨日夜は(頑張って)ピラティスに行ってきました。

その日は月に一度のバランスボールの日

とある動きで一人起き上がれず

ボールからよろけ落ち

先生から名前を叫ばれる

もうダメダメでしたsweat02

若い頃からの運動不足と日頃の鍛錬不足が相まって、この有様

あぁ、なんとかしなくてはcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

秋田県司法書士会に行ってきました

この週末は、人生初の”秋田県旅行”

天気にも恵まれ、秋田県を堪能して参りました。

燕三条から秋田までは、4時間の旅

特急に乗っている時間が長いから飽きるかな~と思いましたが、車窓から日本海が見渡せてあんまり時間を感じませんでしたhappy01

土曜日は、秋田駅に着いて司法書士会館へ直行

Img_20161112_131524

13名の会員の皆様にお集まり頂きました。

研修時間が4時間とADRとしては短いので、詰め込んじゃったかな~と思うところもあり、皆様に楽しく学んで頂けただろうか・・・とちょっと心配sweat01

そんな心配をしつつ、秋田会の皆様から接待して頂き恐縮

Img_20161112_175321

Img_20161112_190406

本場のきりたんぽ、美味しかったですheart

で、日曜日は、久保田城跡の千秋公園へ

Img_20161113_100710_2


Img_20161113_102919


紅葉がキレイ。一番良い日に行ったみたいですheart04

Img_20161113_103728

櫓も登ってみました。

Img_20161113_114329


散策の後は、近くにある秋田県立美術館へ

レオナール藤田の作品をこれほどたくさん見たのは初めてで、堪能いたしましたshine

秋田県司法書士会の皆様、大変お世話になり、ありがとうございましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

マイブーム

最近のマイブームは、落語ですhappy01

何かのきっかけで、落語って面白いんだ~と気づき、

笑点を見始めました。

11月9日には、燕市に林家木久扇師匠と三遊亭小遊三師匠の二人会があるというのでウキウキで行ってきました。

11月9日に燕市文化会館で開かれる落語公演「林家木久扇・三遊亭小遊三 二人会」のちらし

すげ~、楽しかったheart

木久扇師匠がトリでしたが、なんか笑いすぎて涙でちゃいましたhappy02

NHKで、落語を映像化した番組も始まって、それも楽しみnote

機会があれば、寄席に行ってみたいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

かいけつサポート通信第38号

かいけつサポート通信第38号です。

「20161108_.pdf」をダウンロード

前回が8/3だったので、二か月ぶりの発行ですね。

今回の記事によれば、ADR/かいけつサポートについて

Yahoo Japanで11/1~12/31までの間

Googleで1/1~2/28までの間

インターネット広告をするそうですsign01

これにより、アクセス数が伸びるようですが、新潟県司法書士会調停センターにも問合せが来ると良いなhappy01

最近、日本ファシリテーション協会 新潟サロンの方向も個別メールではなく、フェイスブックでの投稿に移行しており、広報はwebで!という動きが加速していますね。

とはいうものの、申し込みとなるとやっぱり、地道に地元司法書士への説明や各業界へのチラシ配布も重要だと思っております。

そして、わかりすい「売り」sign01

つまり、確実な”得意分野”を活かした広報活動ができるかどうかが更に重要なのではないかな~と思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

調停の事例検討会の進め方を再考する

自分の体験に基づき、これまでやってきた調停事案の事例検討会の進め方を再考したほうがいいなと思い至りました。

具体的には、これまで使っていた「事例共有シート」の改訂をしようと思っています。

これまでは、調停事件中に生じたトピックスについて

1.どんな場面で発生したのか

2.どんな内容(工夫・失敗)か?

3.それについてどう考えたか?

という3つに分けていました。

が、これでは、検討する時に、調停に関する事実説明とその案件を担当していた方の疑問、そして運営上の工夫等として反映させたいことがごちゃごちゃになってしまうことに気づきました。

そのためか事例検討会自体もごちゃごちゃして、論点も散漫になりがち・・・と感じた次第

そこで、調停事件中に生じたトピックスについての記載欄を次の4つに変更したらどうかと考えました。

1.どんな場面で発生したのか

2.どんな内容(工夫・失敗)か?

3.それについてどう考えたか・その時の気持ちは?

4.運営上の工夫や書式等にどのように反映させたいか?

そして、上記を受けて、最後に「皆と考えたい問い」を上限3つ程度にまとめる

というものです。

個別のトピックスごとに順次に、全体に向けて意見を聞くのではなく、それは前半で事案の説明として話す。

なお、4については後日、参加者のご意見を聞いて、後日、運営委員会での議題にする。

後半では、本人が最も気になっていることを事案全体を通して上限3つの「問い」に落とし込み、それについて話し合う。

という流れです。

実際、先日作成した事例共有シートを上記のように作り直してみたら、自分の考えも非常にすっきりまとまったように感じます。

次回の新潟県司法書士会調停センターの運営委員会で提案してみようと思っております。

そして、それに基づいて事例検討会も実施してみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

QRコードリーダーを使ってみた

少し前に遅まきながら、登記識別情報の読み取りのためのQRコードリーダーを買いました。

ウチなんて、そんなにたくさん入力するような登記は来ないよね~と油断していたら40筆以上の入力をすることになり、あまりの大変さに腱鞘炎になりそうになり、購入を決断した次第。

Img_20161102_174304

で、初めて使ってみた。

ピッと読み取ると、もうデータが入ってるsign03

事務員さんと共に感動の瞬間でしたshine

すごく楽ちんshine

手入力だった頃の手間はなんだったの~~~dash

もっと早く買えば良かったなぁcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 11月例会ご案内

日本ファシリテーション協会 新潟サロン 11月例会のご案内です。

今回は、アルザフォーラム2016の中で出店しますsign03

アルザフォーラムは、平成28年11月12日(土)~20日(日)まで

ファニーは、12日(土)に行います。

例会内容は以下のとおりです。

diamondテーマ:ファシリテーション体験してみませんか?

diamond日時 平成28年11月12日(土) 13:30~16:30

diamond場所:万代市民会館 307.308

diamond会費:100円

diamond定員:30名

diamond申し込み方法:メールタイトルを「11月例会参加希望」とし、

①氏名、②職業または活動分野

③電話番号④FAJ会員の有無を記載の上

  G-mailのアドレスにメールでお申し込み下さい。fajniigata*gmail.com

                                                                  (↑*を@に変換して下さい)

チラシのダウンロードはこちら 「281112.fanii.pdf」をダウンロード

どなたでも参加できますので、お気軽にお申し込み下さいheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »