« 日本仲裁人協会 調停人養成講座入門編のご案内 | トップページ | かいけつサポートのチラシ »

2017年4月12日 (水)

かいけつサポート通信40号と41号

著しく時機を逸した投稿になりましたcoldsweats01

法務省「かいけつサポート通信40号と41号」です。

40号はこちら 「20170206_.pdf」をダウンロード

41号はこちら 「20170316_.pdf」をダウンロード

主な内容をざっくり言うと

平成29年2月21日に開催された日本ADR協会主催の                     東京実務研修会の案内とそれに参加した感想及び内容です。

私も参加しましたので、そちらに関する記事はコチラ

http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/adr-ac7b.html

この記事を書くにつけ、上記研修会の案内文にあった

「ADR機関がアウトリーチ活動の戦略を立てるための                      基本的なステップは何かを解説していただきます。                        そのうえで、ADR機関がどのようにして潜在的ニーズや                    潜在層を分析するか、また、そのような潜在層に                         ADRに関するどのような情報を                                    そして、届けるためにはどのような組織や人と連携するのが                  効果的か、といった具体的な検討をともに行い、                         戦略立案を練りたいと思います。」

この部分、私自身は完全に消化不良だったなあと                          思い出しますsweat02                                              そして、現在まで暗中模索な感じ

本当に戦略立案するワークショップ?会議?                          じっくりやってみたいです。

|

« 日本仲裁人協会 調停人養成講座入門編のご案内 | トップページ | かいけつサポートのチラシ »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/65140949

この記事へのトラックバック一覧です: かいけつサポート通信40号と41号:

« 日本仲裁人協会 調停人養成講座入門編のご案内 | トップページ | かいけつサポートのチラシ »