« 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 5月例会に参加 | トップページ | 新潟県の方言”くどく”を解説(あくまで私見!) »

2017年5月31日 (水)

燕市「アサーティブコミュニケーション講座」に参加

月末の今日、燕市主催の                                          「職場で使える!アサーティブコミュニケーション講座」に参加

講師は、なんとアサーティブ・ジャパン代表理事の                               森田汐生さんですsign01

過去に数回、関東でアサーティブ・ジャパンの講座を                          受講しましたが、森田汐生さんにお目に掛かるは初めてsign01

今回は14:00~16:30と、とても短いバージョンです。

しかしながらとても多くの気づきを頂きました。

それより、なにより、アサーティブの基本                                    ・・・忘れてますsweat02

何事も繰り返し練習しておかないと身につかないものですねcoldsweats01

さて、行ってみての感想

今回のロールプレイでは、困りごと(悪いこと)を伝えるを扱いました。

そこでは、的を絞った要望を簡潔に伝えるようにするのですが                  私は「要望」の的が外れていたようです。

当事者にとって割と高次の共通利益を考えたのですが、                    そうではなく                                                もっと低次の、そしてどちらかというと相手の利益・関心に                        考慮された要望が例として出された時にハッとしました。

そして「伝わる言葉」とはどういうことか?を                            改めて考えさせられました。

もう一つ

agressive、non-assertive、 assertive の3つは                                                         ”そういう人”ということではなく、その時々の状況である                         ということがハッキリわかりました。今更ですがsweat01

また、アサーティブ・ジャパンの講座資料読みかえそうっと。

|

« 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 5月例会に参加 | トップページ | 新潟県の方言”くどく”を解説(あくまで私見!) »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/65352536

この記事へのトラックバック一覧です: 燕市「アサーティブコミュニケーション講座」に参加:

« 日本ファシリテーション協会 新潟サロン 5月例会に参加 | トップページ | 新潟県の方言”くどく”を解説(あくまで私見!) »