« 2017年司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | NICOセミナー「ビジネスに欠かせないもの」 »

2017年11月28日 (火)

かいけつサポート通信第48号

かいけつサポート通信第48号です。

「20171127_.pdf」をダウンロード

先日の日本ADR協会のシンポジウムの報告ですね。

さすがに写真がキレイshine

TV会議や遠隔地調停のことも記載がありました。

司法書士会も同じような環境で、同じようなことをしたいのですが、                    なぜか法務省からは規定ぶりについて細かい注文がなされて                       頓挫しましたsweat02

一方、当日紹介されていた「自動車製造物製造責任センター」の規定は                以下のとおり

第12条(斡旋手続の場所)

1.斡旋手続は、原則として本財団の事務所において行う。

2.担当弁護士が必要と判断した場合は、本財団の事務所以外において           斡旋手続を行うことができる。                            また、電話等の通信手段を利用して斡旋をすることもできる。

なぜ司法書士会だけ複雑な規定にしなければならないのか・・・

今後、法務省のご担当者さんにそのあたりよく確認してみたいです。 

|

« 2017年司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | NICOセミナー「ビジネスに欠かせないもの」 »

ファシリテーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/66096900

この記事へのトラックバック一覧です: かいけつサポート通信第48号:

« 2017年司法書士会調停センター担当者会議 | トップページ | NICOセミナー「ビジネスに欠かせないもの」 »