« 日本仲裁人協会シンポ「IT は ADR の利用拡大につながるか?」 | トップページ | 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 »

2018年6月20日 (水)

新潟大学法学部で講義 2回目

本日は、日本司法書士会連合会の定時総会1日目

司法書士会の総会は2日間なのです。

基本真面目な司法書士

真面目な議論もしっかり行っておりますsign01

さて、大事な議論は偉い先生方にお任せして・・・

昨日行った新潟大学での講義について記事にしますhappy01

こちらは非常勤講師のお部屋

Img_20180619_155313

普段使ってません!感があふれています(笑)

前回の講義終了後、質問表に

「ADRが一般に広まらない理由は何か?」というものがありました。

ということで今回の講義の終盤に、逆に学生さんたちにこの質問を               してみようともくろみ、実践

時間も迫っていたので3名の方からしか聞けませんでしたが

1.テレビコマーシャルをする

2.SNSを活用する

といった内容が上げられました。

その他に、昨日の感想として多くの方が書いてくれていましたshine

ありがとうheart

その中で嬉しく、モチベーションアップになったものが二つ

①小学校の社会の教科書に載せてもらう

②法学部で積極的に講義をしていくこと

やっぱり早い段階での情報提供が大切かなと感じました。

上記に関連して①を書いてくれた学生は

ADRという文字を見ても何の制度がわからないので                      なじみにくいのが原因では?

別の学生は「ADRという名前がパッとしない」

とも

はい、そこも気になっているところです(笑)

個人的には

新潟県司法書士会調停センターを

(松下先生のご承諾を頂いて)

”新潟県司法書士会和解支援センター”に変えたらどうかなあと                      思っています。

留学生の方からは流ちょうな日本で

「グローバル化が進んで日本に在住している外国人も増えています。                 日本人と外国人の間の調停をする時、注意すべきことはなんですか?」

との質問がありましたが

語学力もなく、経験もないので答えられない自分にガッカリしましたbearing

久しぶりの大学生相手の講義

こちらも発見があったり、忘れていたことを思い出したり

いろいろと面白かったですshine

|

« 日本仲裁人協会シンポ「IT は ADR の利用拡大につながるか?」 | トップページ | 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/66851042

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟大学法学部で講義 2回目:

« 日本仲裁人協会シンポ「IT は ADR の利用拡大につながるか?」 | トップページ | 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 »